FC2ブログ

ネットビジネス副業的思考

優良情報商材と詐欺商材の見極め方「数多くの人が失敗する理由」

斎藤です^^


いつも購読有り難うございます。

今日のテーマは、詐欺商材と優良商材の判断基準について
少し記事にしてみました。


尚、僕のサイトでは、否定、批判するような記事でも、
基本的に「詐欺だ!」とは言いません。


余程の事が無い限りは・・・です。


そこで今回は、何を基準に優良と捉えるか、駄目だと捉えるか?
について少し書いてみました。

優良商品か詐欺商材かの見解について



まず優良と感じるか、詐欺とまで言わなくても悪いと感じるか?


これについては、個人差の大きい問題です。


また個人の価値感で左右される事は言うまでもないですが
その領域を超えて他人の意見に左右されるという、いわゆる
「情報だけに左右される」といったケースも数多くあるのです。



例えばその一例として、
「10万円稼げる方法です。確実です」と要約したような情報商材が
あったとしましょう。


内容は、「自己アフィリエイト」です。


結果として、知る人は知るものですが
中には、この「自己アフィリエイト」さえ知らない人は、
実は、かなり多いんですね。



いわゆる自己アフィリ可能な案件に自らが申し込みをして、
報酬を得るというスタイルです。


例えば資料請求や、アプリの無料インストール、クレジットカードの作成などなど…


様々です。



僕らのようにこの業界で10年も飯を食ってる人間からすれば
「何を今さら…」と思うようなことですが、
知らない人からすれば「十分に価値がある」と捉える人も多いのです。




これが知ってる人と知らない人の違いによる価値感です。


また この事例以外でも自分の考え方や、
自分の中で絶対的な法則を持ってる人の場合は、少しでも
その法則にそぐわないものには、価値を抱きません。


また現在持ちあわせている、知識やスキルでも価値感の相違が出てきます。



知識やスキルが高くなってくると自分目線で、「なんだこれは?」と
なってしまうのですが、その人より知識やスキルが劣る人からすると
「価値を感じる内容」である事が多いです。




「詳しい人と詳しくない人とでは、根本から価値感が違う」という事です。


またその逆。


知識があまりにも無い場合、意味も分からず、
何も吸収できずに価値を感じなかったというケースもあります。



つまり、良いか悪いかは、受け取る人によって大きく変わるのです。




本当に昔ですが、僕自身がこの業界に足を踏み入れた時に買った商品は、
インフォトップの中でも かなり叩かれていた商品でした^^;


以前にもこれは何度か書いた事がありますが、
「できない」
「〇〇だから詐欺だ!」というような事で
結果的に 某スキャンダル的な教材にも
掲載されて 悪質とまで言われていた内容です。


ですが実際に僕の場合、その内容を見て
「ほぼ稼働開始から即日で利益」を得られており
購入金額は、数日で全て回収できています。




もちろん、どこの誰が販売者なのか不明でしたが
いずれにしても 人生のターニングポイントになったと言えるでしょう。


まさにこれは、価値感、環境やタイミングが
より適切だったからかもしれませんが、自分の中では、
かなり費用対効果の高いものでした。


その時感じた事は、「人の意見は所詮人の意見」だということです。

最終的には、第三者の意見は、何1つ参考にならない。


ここで大事な事を言いますが、余程でない限りは、
第三者の意見が 全て自分にプラスになるという事が無いという事です。



ノウハウにしても、人に関しても 物に関しても、
良いと感じる部分、悪いと感じる部分も大きく個人差があります。


例えば、無料オプトインなんかでも
「特商法が無いから詐欺」とか、「レンタルオフィスだから駄目」
というような情報だけでは、手法の良し悪しは判断できません。


良い例が、僕も現在、コンテンツを作って売る と言う講座を
教えているのですが、その内の99%が、「ネット上に名前とか出したくない」
と言ってるわけです。


もちろん出すメリットも無いし今のご時世、
「絶対にやってメリットが無い事」なので、当然です。


でも消費者からすれば、透明性が無いから駄目といった
言葉を並べる人も居るのですが、いざ販売になると、
「出したくない」と言うのです(笑


「信用できない要素としては…販売者が…」とか 言ってるような人間が
いざ販売する側になると「社会的に見ても不利」という答えを
出しているのです。


これらを考慮すれば そういった不透明だからという理由で
商品の良し悪し、ノウハウの良し悪しなど価値を判断するのは、根本から
ズレているという事になります。



最近よくあるのは 「住所がバーチャルだから」という理由で
駄目だとか良いとかって よく言う人が居るんですが、そもそもが
「住所がどこでも、何1つ買う人にとっては、何も変わり無い」ということです。




またノウハウの有効性云々も 多くのサイトが、
真っ当な根拠もなく駄目だと言ってる事に流されているケースが
非常に多いと思います。



僕の場合は基本的に根拠の無い事は書きません。


全て自腹で購入して確認する…これは、当たり前です。


例えば否定的なものでも、
ある程度、調べた上で、「どうしようも無いもの」しか書かないです。


ここ最近では、つまらない質問のせいで4万ぐらいのお金を
投じた こちらの内容 オートコンテンツビルダー2久しぶりに酷過ぎる商品


「完全に嘘をついてる」 ⇒商材市場では、多少の誇大さは当たり前ですが…度を超えている。
さらに、「どう考えても無茶が有りすぎる」 ⇒ 逆に伸びない事を実証できるような内容。
可能か不可能かと言えば不可能寄り。


もちろん同じ会社で過去にイマイチな商品を出していても
「次は良いものを」というものを出す可能性は、十分あります。


僕は、何度もこの販売者の商品を手にしていますが
あくまでも、期待値0というわけでも無いからこそです。


その上で、「有効性がある」そして嘘が無ければ、
自信もって推薦します。



むしろイメージだけで良い悪いは言いません。



結果として使えるものであったり参考になれば、
「販売者なんてどうでも良い問題」ですので^^


流石に好きな芸能人がバーチャルなら主体が、「その人物に価値を抱く」ものなので
落胆する話ですが ノウハウや手法において、販売している人間がどうとか、
二の次の話なので、どうでも良い話です。


コンテンツそのものにおいて「〇〇さんだから」という部分に価値を抱くのは、
まさに錯覚です。


料理で言うと雰囲気で美味しく感じた とかと同じような原理です。



もちろん人の意見を参考にする事は、良い事ですが、
駄目な人は、そういった自分の価値感という判断までも、
第三者に色付けされてしまい、「ただ流されるだけ」になってしまうのです。



「ただ流されるだけ」という事は、「自分で判断ができない」、
そして「他人の意見だけで行動している」という人は、
例外なく 「稼げてないノウハウコレクター」に多いです。


少しでも評判が悪いという声を聞けば流されて
また、こっちでも同じように聞いたら流されているようでは、
元も子も無いというわけです^^;



またアフィリエイトする側としても言える事です。


「体裁を気にする人」も駄目です。


「周りを気にする」=軸がぶれる =選択肢が減る=収益性が乏しくなる


結果として仕掛ける側に立っても、このように流されたり周りに影響される人も
稼げないわけです。



先ほども話をしたように、自分が最も始めに「キッカケを与えてくれた商品」の
販売者とは合計2回ほどのやり取りでしたが、今でもその時の感謝は、忘れてません。



結果として第三者がどれだけ否定していようと批判していようと
自分の中では、「神レベル」です。



そもそも その出会いさえなければ その先の全てが無かったと言えますからね^^;




むしろ今でもあれば 強く推薦しているでしょう。
例えどう見られようとねw





実際に僕が批判ぽい記事を書いてるものの中には、
「〇〇さんは良い人だ!」というメールですら届く事もごく稀にあるぐらいです。


つまり、否定的な事を言う人も居れば 肯定的な事を言う人も居るものです。



これこそが当たり前で誰もが価値を抱く完璧なものなんて何1つも無いのです。


そんな中で情報に踊らされてしまう人と
結果として第三者の意見に染まるのではなく、自分にとっての価値感を
しっかり考えられる人は、伸びるし それができない人は、情報に流されて
いつまで経過しても流されるだけで、伸びる事が無いのです。


ここで言いたい事は、どんなものであろうと最終的に価値を感じるか
価値を感じないかは、個々で決める事 なのです。



結果として「他人の話だけで 何も見ない間から結論は、出ていない」わけです。


逆にベタ褒めしている物を購入しても結果を出せない人も居るでしょ?


そういうものです。


人間には、価値感だのフィルターだの個々で差が出る部分があるので
第三者の意見というものと自分の価値感が同じだという事は、一概に言えないのです。


例えば情報商材1つとっても、他人の批評があろうと無かろうと、
つまり誰が何と言っても「自分が価値感を感じた」ならば 
まずお金を使って買うべき だという事です。



実際に、他人の意見にフラフラ流されているような人は、
最終的に「結果に繋がらない」そして「流されて流されて
お金と時間と労力を使い、精神的にも神経をすり減らして
振り返ると何も残ってない」 という状況である筈です。

ネットビジネスで本気で稼ぎたいなら とにかく自分を信じる事



というわけで、改めて優良商材と詐欺商材(悪いと感じるもの)
についての判断基準について書いてみました。


過去、ネットビジネスで稼いでいる人、稼いでいない人を
数多く見てきましたが、一切の特例もなく、稼いでいる人ほど
自分の価値感を重要視して、稼いでいない人ほど、他人の意見ばかりに
流されて、フラフラしています。




これは、鉄板ですね。


そしてこれについて例外というものは、何1つ無いです。



「アフィリエイトで稼ぐ」「ネットビジネスで稼ぐ」これらを考える事は、
とても大事な事です。


そして便利になるネットの世界では様々な情報がありますが
どんな人でも情報発信できる時代であるからこそです。



そして情報収集も大事ですがしっかりと流されない事が大事です。



実際に僕でも 何かビジネス案を言うと「イヤイヤ無理だよ」とか
「難しいんじゃない?」みたいな意見が届く事もあるんですが、
それが正解か不正解かは、最終的には、自分で全て判断するように
しています^^


最終的に「〇〇が難しいと言ったから」とか 
第三者の意見が理由になっていると 「流されている」だけです。


すぐに流されてしまう人は、絶対にビジネスで奇跡的に伸びても
必ずといって落ちますからね^^



この辺りは、本当にネットの世界では、情報量が多いだけに、
なりがちなので注意が必要です。




そう言えば、メルマガの手動配信なども そろそろ辞めると
告知してLINEでの募集に切り替えました。




とは言っても ほぼLINEでも配信していませんが
今後は、色々と配信していこうと思います(予定)

http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-20.html



では、斎藤でした^^


最新の記事はこちら


アフィリエイター必見!ブログのコピーを「誰がいつどの部分をコピーしたか」を
判別して その都度、通知してくれるプラグイン


投資系のサイト作りにお薦めなシステムツール




タグキーワード

アフィリエイト初心者の悩み「アフィリエイトは、稼げないのか」を徹底解剖してみたw

斎藤です。

いつも購読有り難うございます。


「アフィリエイトなんて稼げるの?」
といった質問を未だに結構貰います。


理由は、「日々取り組んでいるけど稼げない」
「情報商材買っても稼げない」というものです。

果たしてアフィリエイトは、稼げないものなのか?

これについて 僕が今までサポートしてきた中で書いておきます。

アフィリエイトは、絶対に稼げるビジネスである


まず断言しますが、アフィリエイトは稼げるネットビジネスです。


アフィリエイトの種類と言えば、大まかに言うと、クリック課金広告のAdSenseや
成約型広告、そして直接的な広告によるものが存在します。


クリック課金と言うと GoogleAdSense、ネンド、アイモバイルなど有名ですね。
image283_20180922221651bc7.gif

成約型というと、物販か情報商材やその他サービスの申し込みなどの案件があります。


まあ、どれをやっても良い事だけど、
結果から言うと利益率の高さのダントツ1位は情報商材です。


多い人では、年収で3億、5億稼いでいる人も居る市場で、
月に100万円ぐらいのレベルであれば ゴロゴロ居るわけです。


「嘘でしょ?」と思うかもしれませんが自分の周りにそういう人、
そういう世界がないと耳を疑うかもしれませんが ごくごく普通なのです。


まだまだ僕の場合、過去の利益ベースでいくと多分10億円に
満たないかもしれませんが ネットビジネスで稼いでいます。
(もちろん税金も全て払っています)


ただ年1億払っても 殆ど手元に残るお金は微々たるものです。


情報商材のセールスページで謳われているような贅沢三昧は、
脱税でもしない限り不可能です。


ぶっちゃけた話、月に100万、200万で経済的自由を得られるとか
セールスページに好き放題書いちゃってる人も居るんですが
「それって完全に脱税でもしてないと無理でしょ?」みたいな話です。


実際に稼いでいると セールスページやLPを見ていると、嘘と本当は見え見えです。



まあ、そんな話はさておいて ここで大事な事は、アフィリエイトは、
稼げるビジネスであるという事
です。

初心者がなぜアフィリエイトで失敗するのか?



アフィリエイトを始めるというと やはり色々な商材を買って始める人も
居ると思います。


勿論、僕のサイトでも全て「使えるもの」と検証した上で紹介している商品、
そしてその商品に独自のサポートやレポートを付属しているものも数多く
あるんだけど、「伸びる人」と「伸びない人」が居ます。


アフィリエイトで稼ぐ方法を主体とした情報商材を購入して全員が稼げるわけが無いのは当たり前です。


でも、「人以上に我武者羅に努力すれば稼ぐ事ができる」のです。


これは、アフィリエイト全てのジャンルに言える事です。


では、一体何で稼ぐ事ができないのか?


これは、僕も数多くの方をサポートしてきた結果、
多くの人が結果を出している反面、「どうしようも無い人」も居るわけです。


僕も ここのブログの更新頻度は極めて少ないですが サポートなどの対応は
常にしていて 最近幾つか感じた事を書いてみます。


まずアフィリエイトビジネスで失敗する原因は、スキル不足。


まず、アフィリエイトは、セールスが基本です。



アドセンスの場合はクリック課金ですが、クリック率を上げるには
「キーワードとコンテンツ」が重要です。

クリック課金広告の「アドセンスで本格的に稼ぐには」


本格的にやるには、トレンドアフィリエイトみたいなものではなく
とにかく悩みの深いコンテンツです。


「本当に困っている」「相談する相手も居ない」
「もうお金で解決するならお金で解決しよう」
このぐらいの
属性を集めるようなコンテンツが一番クリック率が高くなります。



なぜなら困ってる人は、貪るようにページのリンクをクリックするからです。


欲求レベルが異常に高い人も同様です。

これは、アダルトサイトが良い例で、ウイルスの危険性を
犯してまで、あちこちクリックして 挙げ句の果てに「架空請求被害にあう」なんて
話もあるので、この領域は、かなりクレイジーですが、それだけ広告効果が
高いのです(笑




もはや それが広告かどうかなんて関係ないですから。



でもその為には、キーワード、コンテンツをしっかり作る必要があるし
サイトのデザイン、構成なんてものも重要になってくるのです。





サーバーを借りる
ドメインを借りる
デザイン、構成のカスタマイズ
そしてコンテンツ(記事)を入れていく。



たったこれだけの事で、実際に3000文字から4000文字の記事を
50~100記事ぐらい投稿すれば ほぼほぼAdSense報酬0円という事は、
考えられません。


ただその為に記事も 「ただ書くだけ」ではなく文字装飾、見出し、目次、
細かく言うと、もっと多くあるんですが 「読み易い」「読まれるコンテンツ」を
作る必要が出てくるんです^^


この辺が 当たり前のようにできる事が、アフィリエイトをやる上では、
常識的で、更にノウハウが重要となってくるというわけです。


ただ、こういう事も、朝飯前というか 顔を洗う事と同じように誰でも
自然にできるようになるものです。



つまり今、この記事を読んでいる人でも ほぼ100% その気になれば
できるようになるものです。


大抵、サイトの添削をすると「これじゃ無理でしょ…デザインも構成も」という
ケースが多いのですが その多くは、「どうやれば見栄えが良くなる」とか そういう事を
全く分かってない事が多いです。
(こんな問題も簡単な事なので知ってるか知らないかの違いは大きいでしょう。)


だから基礎レベルのスキルや知識のある人とスキルも知識も無い人とでは、
明らかに差が開き、簡単とか難しいという感覚も根本から異なってくるのです。


これはクリック課金型のもの以外の成約型のアフィリエイトでも言える事です。

成約型のアフィリエイトで稼ぐ方法は、難しいのか



こちらも同様で、成約型のアフィリエイトも、
悩みが深いジャンル、欲求の高いものを選ぶ必要があります。


むしろこれらを考えず年間数千万円を稼ぐってのは無理でしょう。


とにかく悩み⇒解決策⇒お金を払う


これは、ビジネスの基本中の基本でアフィリエイトでも同じです。


情報商材でも、物販系でも同様です。


もちろん何を示すにしても、記事を書いていかなくちゃ
いけませんので、最低限の文章構成は重要です。


僕自身は、文章力云々は、アフィリエイトでも教えていませんが
それよりも大事な事は、「必要な情報を与えて行動して貰う事」で
相手に伝わればどうでも良いと考えています。


ただ先ほどのアドセンス同様に、サイトの構成、見栄えなどは
必ずと言って必要不可欠です。

「ブログを更新し続けても稼げないアフィリエイト」



まず基本中の基本、ブログをやって少し更新して
「いつになればアクセスや報酬が入りますか」といった質問が
届く事もあるのですが……


そもそも宇宙のように広いネットの世界で、誰も自分のサイトなんて
知らない状態からスタートするんですよ。



どれだけ凄いシステムを使っても いきなりスターになる筈が無いし
いきなりファンが付く筈もない。


元々 生まれ持った力というものがアフィリエイトの
世界には、あるのですが それが何かと言うと、


ブログサービスのドメインの強さや独自ドメインの強さ
ブログやレンタルサーバーの、サーバーの強さ※共用サーバーの場合



残念ですがみんな0点からスタートではなく
稀に、「ここなんか強くない?当たりだ当たり」というケースもあるのです。


とは言っても、それは、少し友人の中に有名人がいて
その力を借りて、ちょっと有利になるという程度です。


しかし「中より下」というものも存在します。
アダルトアフィリエイトなんかでは、非常に多いです。



ズバリ言うと、「借金肩代わりしてマイナスからスタートなんです」

といった状態ですね^^



まあ、どんな境遇であろうと、結論を言うと、
「それなりにアクセス、読者、影響力」を手にするには、相当な時間も
必要になるということです。


これも1ヶ月やそこらで 言う次元でもありません。


中にはうまくいかないと ノウハウが詐欺じゃないかと言う人も居るのですが
中身に問題があるケースもありますが それでもそういう事を言う人の場合
力量不足が殆どです。




どう路線を崩しても、「仕事がデキる」人で
目標が明確で本気で取り組んでいるならば
「他人のせい」にする暇も無い程 取り組んでいるからです。



例え方向性が少し間違ったものでも調べながらやれば
必ず結果の出せるものです。


そして少しずつ アクセス、読者、影響力が増えていくと
お金も発生してくるわけです。



でも、そこに達するまでに「稼げない」とか 意味不明な
思い込みをして、辞めてしまうのです。



非常に勿体ない話ですよね^^;



普通のアフィリエイトは、1ヶ月1000文字、2000文字の記事を
毎日1記事書いた程度で結果が出てくるようなものでなく、
3000文字から4000文字の記事をとにかく1日5記事ぐらい
書き続けられるぐらいは必要です。


ここまでで、ざっと3000文字かな…w


1日15000文字ぐらいの文字数書くぐらいの作業を最低でもしているか?って事です。
(文字を早く打つ、早く書くぐらいの事は、一人でも努力して解決する問題です)


アクセスが来ないとテンションも落ちますが、常に

1.認知されるまでの期間
2.認知されて興味を持ってくれるまでの期間


これらは必要で、とくに認知されるまでの期間は未知数です。


運良ければ1週間以内でも可能です。


でもコンテンツ内容によっては、1から2にどれだけ移行するかです。



もちろん 例え文章下手くそでも、人によって価値感は様々なので、必ず読んでくれる人は居るものです。


僕が最初に数十万のアフィリエイト報酬から月に500万まで伸びた時の
ブログを見ると自分で見ても「何書いてるんだ このブログ」みたいな事を
感じた事は結構あります(笑


これを考えると文章力も大事だけど、アフィリエイトで稼ぐポイントは、
「もっと他にある」という事なのです。


とりあえず、文章というものが苦手な僕でも稼げているので、
殆どの人が 僕以上に稼げる才能を持ち合わせている筈です。

殆ど完璧!と思っても売る商品が悪いと稼げないアフィリエイト


実際に僕が添削していて アドバイスする中には、
商品選定が悪いというケースもあります。


「それ売れるの?」というような問題です。


良い商品を売る事は大事ですが、アフィリエイトするには、
大事な事は、売れるか売れないかです。


お客さんが買うかどうかを決めるのは、販売ページでその販売ページで
反応する人を いかに集めるかどうかに掛かっているのです。


そこからいかにして「成約に結び付けるか」。


これは、「情報の与え方」です。


これは、シンプルに言うとペットに餌を与える仕組みと同じです。


「そんな下品な…怒」と思われるかもしれませんが、
そのぐらい単純な話だよって事なんです。


生き物を飼う時には、「こいつって何食うんだろう?」と
調べますよね。


何が好きでどのぐらい平均して食べるのか。


この情報に基づいて餌をやるのです。


餌を間違えると食べてくれません。


これと全く同じ次元の話です。


実際に 僕がアドバイスして、売る物を変更するだけでも、100万円以上、
年間にして1000万以上の利益を稼いだお客さんも居るぐらいです。

稼いだお金は、実力を数値で表したもの。


ただ「何が良くて利益が出せたか」は、どうでも良い話です。


記事は良いけど
デザインは良いけど…

でも稼げてなければ意味が無いのです。


つまり、少し要約すると、稼いだお金=実力 です。


誰が何を言おうと 稼げるお金は、どのようなサイトであっても、影響力 読者やアクセス数に比例するのです。


そしてもう一つ。


もっともここ最近感じる事は、「実力のある人間に近づく事」も効果抜群です。

実力のある人ととの距離を近づける事も1つのポイント


よく稼いでいる人を見るとディスる人が居るのですが、
同じように稼ぐ事ができない単なる嫉みです。


以前の記事でも書いたけど、地球上の人間は、
「同じぐらいのステージの人」と一緒に居る事が居心地が良いのです。


しかしそういう所に居ても、所詮、収入が増える事も成長すらしません。


コンフォートゾーンとターニングゾーン


過去にこの原理は書いてますが
周りに親しくてネットで爆発的に稼いでいる人は居るかどうか。


これは、喋った事があるとか会った事があるだけでなく 関係を持ち続けているかどうかです。。


稼げない人ほど 殆どそういう人は、周りに居ないです。


もし居るなら、真っ先に教わって稼げるようになっている筈です。


同じレベルの人達が周りに居ると居心地は良いですが、
そこから抜け出して、実力のある人達との関係を持っておけば
自然と収入も増えてくるものです。



「稼いでいる人から学びたい」と思うなら
しょうもない数万円の商品を買うよりも 人間として近づく事を
考える事も1つの選択肢です。



アフィリエイトは、稼ぐ事ができるビジネスです。


是非、今回書いた内容も意識して考えてみて下さい^^



では、斎藤でした。

TwitterのAPIの利用ハードルが、ヤバい…APIを使わずにフォロワーを増やす方法

SNS

斎藤です。



実は、色々とリサーチしている時に、
Twitterの異変を発見しました。


と言うのも やたらと規制が厳しくなっているのです。


これは、Twitter上では、あまり変わり無いものの、
APIの取得ハードルが高くなりすぎています。

久しぶりにTwitterにアクセスして 既に作成しているアカウントは、
問題が無いのですが、新たに作ろうと思うと見た事が無い画面が…

image72_20180829144952273.gif

とりあえず直感的にやってもうまくいかないので
翻訳すると、

「審査しますよ」という事らしいです。

image73_20180829144953fc9.gif


image74_20180829144955dbc.gif


調べてみると、
TwitterのAPI(Standard API/Premium API)にアクセスするには、
ディベロッパーポータル「developer.twitter.com」で開発者アカウントの登録が必要で
登録には、幾つか項目があり、その中には、APIの使用意図など詳細な情報を、
英語(300文字以上)で説明しなければいけないというものです。


とりあえず英語で説明すれば良いか…という事で
Google翻訳を活用して 埋めれる部分は全部埋めました。


しかし、残念な事に審査の終わりを告げるメールが
待てど暮らせど来ないのです。


もうかれこれ4日が経過。


とりあえず アプリ審査でもないので
何かしら記入方法工夫すると通るような気もするのですが
通らないので詳細は、分かりません。


「ハマっちまった…」

一番嫌な展開です。


連絡も来ないし分からないし 複数垢で、違う内容を登録するしかなさそうです。


ただ、あまりムキになると、半端なく時間を奪われる事が
予測できるので辞めました…。

Twitterツール系が ほぼ全滅の危機?


自動でフォロワーを増やすツールでも、APIを取得しなければ
動作しないものは、全て審査を通過しないと駄目みたいです。



今から新規で取得しようと思うと
このデペロッパーポータルの登録をして
審査通過しないといけません。


そしてこの審査が前に進まない限り、新規で始める場合は、
Twitterツールも動かせない事になるのです。




審査に通る基準は未だ不明確ですが
一番厄介な事は、アクションが無い事です。



まあ、かなりの数の申請が殺到している可能性もありますが…。



Twitterが審査で何を見て何を基準にしているのか分かりませんが、
いずれにしても 審査ハードルが高くなった事は間違いないようです^^;



どちらにせよ これらの問題も見事に審査通過してからの
話ですので、どうでも良い問題なのですが、今後は、APIを使わず
フォロワーを増やす
必要性が出てきそうです。

TwitterのAPIを使わずにフォロワーを増やす方法


ただ、混み合ってるだけなのかもしれませんが
(その答えすら分かりません)
いずれも一番安全な方法はTwitterのAPIなどを使わない事です。


ほぼ、多くのTwitter系のツールはAPIを利用しますし、
ワードプレスのプラグイン1つとっても 中にはAPIなどの入力必須なものが
非常に多いです。


もちろん中には、必要ないものもありますが
単純に考えると、「APIを使わずに動作する理由は何故か」という事を
考えると良いです。


結局、親元がAPIを登録しているからこそアプリ許可の連携のみで
問題がないのですがそこに集中して利用者が増えると 
後は時間の問題で凍結されるケースも出てくる筈です。


そのアカウントが停止されると利用者全員停止です。


いわゆる道連れです。


もちろん弊害ないようなツールならともかく
自動で増える系のものやツイートを自動で行うものや
フォローを行うものなどは 存続すら危うくなるかもしれません。


尚、APIって何?という人も多いと思うので一例として
こちらの 鬼ったー というツール。


URL
https://www.onitw.net/

image86_20180829164127f7e.gif

このようにAPIやAPISECRET などの入力が必須となるものです。


既にお持ちの場合は、既存のAPIキーを使えば
そのアカウントが死滅しない限り問題ありません(多分)


新規で取るには、全て審査が無いと取得できないわけですね^^;



他にも 残念な事に有料のフォロワー増加ツールに至っても
同じく審査が通らないと話にならない です。


ちなみにフォロワー増加などの自動ツールは1個のアカウントで
ネチネチやっていても 何も成果に繋がりません。


現実的に今の状況からすると
量産行為は至難の業で 同じコードを使う事が
可能なんですが 1個潰されると、連結して潰れます。


過去に生存しているものを使えば良いにしても
結局のところ新しく生む事が困難な場合には、
「減少」あるいは「維持」という2つの道しか無いのです。


なので、APIを使わず自動でフォロワーを増やすしかないのです。


でも外部で操作するのはAPI必須。


仮に自動でやれるとすれば マクロになりますが
これにおいても、一台のパソコンで1アカウントしかできませんし
他の作業がそのパソコンで不可能になるので厄介です。


API不要で 開発側が取得したAPIで動作しているものを使うしか無いのですが
これも利用者が違反を繰り返せば BANされますからね^^;


長期的に考えると、APいを使わず自動でフォロワーを増やすには、
フォロワー増加作業は、手動でやるしかない…という事です。

影響を受けるTwitterツールやシステム


Twitter自動ツールは、既存のアカウントで
既にアプリを複数作成済みなら それを使う事ができますが
BANされて無くなれば新規取得しか道がありません。


今の現状では、

新規取得はハードルが高い。

審査通過のコツやポイントも謎。

制限が少し厳しくなっている。

何度も量産は、さらにハードルが高いと思われる。



という事で、影響を受けるものの一例を挙げると、


無料のTwitterツールでもAPI必須のもの全て。
有料のTwitterツールでもAPI取得が必須のもの全て。
ワードプレスのプラグインでもAPI取得と登録必須なもの全て



つまり、日本だけにとどまらず「世界レベル」で影響が起きているのです。


ただ唯一の救いは、アプリそのものの審査が無い事です。


そこまですると審査が大変で無理がでるでしょうけど……


確かにTwitterは 集客ツールとして良いですし
フォロー増加ツールも同様に重宝するものでした。


これは今後も変わりません。


とくにアダルト、一般ジャンルでも問題なく使えるもので
アカウントも複数使えます。



ただ、ツールの乱用が厳しくなっている…というだけです。


この影響で 今後は、更に、フォロワー増加サービス、
または、フォロワー付きアカウントの販売などにも大なり小なり
影響が出る
と思います。


何故なら、殆どがツールを活用しているケースが多いからです。


API利用のハードルが上がれば上がるほど結果として
影響範囲も広がっていくというわけです。


まあ、人の集まるSNSには、色々なツールやノウハウが
出てきて、集客目的で使う人もでてくるので、こういう結果になるって事は、
過去を振り返ってもよくある話です。



今後は、フォロワーを増やすには、システムよりも
ノウハウが強みを増してくるでしょうね^^


というわけで、今後は、Twitter系のツールを導入前には、
APIの必要かどうかという確認をしてから検討すると良いでしょう^^




まだ僕も軽く触ってみた感想なのですが どこを見ても
「うまく通ったよ」という報告は、見当たりません。


既存で使ってる人は気付いてない人も居るかもしれませんが、
新しく作れないのは、かなりの痛手です。



もしかすると 今後、何か良い方法があるかもしれませんが現状では、
頭打ちかな……^^;





何か分かればまた追記しますね~


では、斎藤でした。



※今、アダルトアフィリエイトが人気高騰しています。

アフィリエイトの中でもアダルトアフィリエイトの強みと魅力


アフィリエイトでアフィリエイト収入が儲かる、稼げるブログジャンルの選び方


2018年8月18日新着記事更新済み 詳細はこのページの最下部にあります。
Googleの検索結果 YMYLの要素


斉藤です。

いつも購読有り難うございます^^


今日のテーマは一番アフィリエイトで儲かるジャンルについてです。


儲かるジャンルとアクセスが多いジャンルは、根本的に違います。


例えば月間100万PVあっても10万円ぐらいしか、
稼げないサイトもありますし逆に月間1万PVでも
100万円以上稼げるサイトもあります。


この辺に関しては、2ちゃんねるまとめ、あるいは5ちゃんねるまとめ
そしてキュレーションサイト などが良い例ですし、トレンドブログなんかも
同様ですね。



作り易い⇒コピペ⇒アクセスはそこそこある⇒収益が少ない。


こんなイメージです。


スタートダッシュには、この手のジャンルは良いんですが
それなりの捻りが無いと それほど大きなお金を生まないです。


では 進めていきましょう。

アフィリエイトに適した儲かるサイトのジャンル


キャッシュポイントを何にするかでも大きく変わりますが
少し どれにでも該当するような解説をしていきます。


まず どういうジャンルのサイトを運営するのか?


つまり どのようなアフィリエイトサイトを作るのか?という問題です。


ジャンルはライバルが少ない方が良いですが、ここで余計に
神経質になると 何もできなくなります。


例えば、キーワードなどをうまく変えたりする事で 
何とでもなるのでジャンル選びでは、ライバル意識は必要ないです。



短期利益と長期利益を狙う考え方があるのですが
トータルで1000万稼ぐサイトとした場合、2年で1000万なら
月に50万程度のサイトを作ればクリアできます。


短期よりも長期的にお金になる方が
個人的には、魅力的だと思うので長期型について
少し解説をしていきます。

儲かる、稼げるアフィリエイトジャンルは、「長期検索されるジャンル」

あくまでも これは例外もあるのですが、基本は、
長期検索されるサイトを作る事が理想中の理想です。


常に身近にあるもので尚且つ その中で新しいものが出て
度々注目されるようなジャンルは、安定したアクセス確保が可能です。


つまり新しいキーワードが次々に出てくるものです。


もちろん、儲かるか儲からないかは話は別として
安定したアクセスがあればジャンルによっては、儲かるジャンルに
なり得ると考えても良いでしょう^^



収益性をあまり考えずに その一例を挙げるなら


アイフォン系などのスマホ系のコンテンツ。


アイフォンの場合、新しい機種が次々に出てきますがアイフォンという
キーワードは無くなりません。



でも新しい機種が出てきますよね?



そして他にも以前にも紹介したような自動車。


これ、ジワジワ稼ぎ始めてるサイトも増えているようですよ^^

Autoweb Autopilot Affiliate 目新しさ無し?初心者も唖然?

次から次に新車も出てきますし、ネタも尽きません。


むしろ、車単体の車名でサイトを作っても
余程マイナーな車種でない限りは長期検索需要もあり
新しいネタにも尽きませんし車種名にまで落とし込むと
検索にも強くなります。



他にもアダルト系も 男と女が存在する限り永遠に需要のあるジャンルです。


他にも常に僕らの生活に近くて尚且つ需要の多いもので
今後も長く検索される事が予想されるものは、数多くあります。


そんな中で頻繁に新しいものが登場するジャンルが良いのです。


新しいもの=キーワード です。



例えば地域に特化したものなら 新しい店が出来たりしますし
地域でなくなる事は、殆どありません。


つまり地域に特化したサイトを作っても新しいキーワード、
つまり記事ネタに困らず尚且つ長期的に検索需要がある という事が
言えるのです。



ちょうど商材でも出ていたのですが この辺りですね。
地域特化型アフィリエイトノウハウ


地域キーワードは固定されているけど
その地域内のサービスは新しいものも出てくるので
検索需要としては、有るわけです。


で、これをもう少し視点を変えてみていくと、「投資ってどう?」と
なると せいぜい仮想通貨、FXや株、先物取引などが思い浮かびますが
それほど新しいキーワードが出てくるイメージがありません。


でも、投資に関係する商品やサービスが数多く増えている
ということと、投資関連のニュースも多いので
実質、新しいキーワードを取っていくことが可能になるのです。


まあ、話せばまだまだ続くのですが、とりあえず長期検索される
ジャンルを狙うと良いという事です。


その逆に ドラマ系や芸能系などのトレンド系のものは
爆発的なアクセスを取れる事があるけども、時間と共に検索回数は
消滅していくので 稼ぐサイト作りとしては、練習用といった感じです。


と言っても 長期検索され続けてアクセスがあっても
全てのサイトが儲かるわけでは、ありません^^;l

アフィリエイトは、長期検索され続けても儲からないジャンルもある。


実際に僕でも 月間30万PVを出しているサイトも
ありました…。

これはちょうど7月のPV数です。
image119.jpg  


当たり前ですが情報商材系では、ありません。


ですがその収益性は、10万円以下…という感じですね(苦笑


とは言っても、それほど更新頻度も低いので 仕方ないかもしれませんが
情報商材アフィリエイトのように1日100アクセス~200アクセスで
100万円以上稼ぐ事が可能なものと比較すると 天と地の差があります(苦笑



ここでのポイントは、悩みや欲求に加えてその解決策が金になるかならないか?です。


トレンド系などは、悩みや欲求というより暇つぶし、単なる好奇心程度の
アクセスが多いので、収益性に乏しいというわけです。


まあ、Googleアドセンスなんかでもそうですが以前の記事でも書いたように
特定のジャンルはクリック単価も高いですが、ジャンルによっては最悪で、
トレンド系などは典型的に悪いです。


検索需要があって尚且つ、キャッシュポイントの有り無しを考えて、
実際にあったなら、「アクセスが増え続ければ儲かるジャンル」になる という事です。



で、アクセスを増やすには、どうするか?というと
サイトを強くしていく必要がありますw

アクセスが増え続けるサイトを作りあげて資産化する方法


意図的に順位を高めたいなら、

基本的には、読まれるコンテンツを作る事。
その上で読まれる機会を増やす事。



つまり、読まれる記事を書いて
読んでくれる人を検索経由で集めて読まれる事です。

実質これは、意図的にやっても今でも効果は十分あります。


イメージとしては、読まれてるぞ~をアピールする感覚ですね。

それで少しずつ特定のページだけでなく、サイト全体のパワーもついてきます。


全体のパワーが付いてくると小手技をしなくても
「記事を投稿すれば比較的上位に食い込んでくる」ようになります。


しかしながら大事なポイントは、検索結果で表示されるページ数には
限界があるので 自分の順位が落ちなくても自分より上位の人が増えれば
結果、下がる事になるのです。


なのでできる限りライバルの少ないキーワードを
狙いつつ、

基本的には、読まれるコンテンツを作る事。
その上で読まれる機会を増やす事。


これらを繰り返しサイトそのもののパワーをつける事で
相乗効果が得られる事に繋がります。


読まれる機会を増やす工夫は、
タイトルでも目を惹くもの狙う事も1つですし、
小手先のSEOで一時的に順位を上げたり、あるいは
SNSなどを連携させる事も一つの方法です。


また案件が多くてもその報酬がどの程度か?によっても
発生する利益は変わってきますので、案件が多くて検索需要が
あってアクセスが多ければ儲かるって事は、ありません。


全て総合的に見て、どうか?ということですね^^


ただ言える事は儲かるジャンルは、
継続的に検索需要があり、尚且つキャッシュポイントも幅広く
単価の高いものがあるジャンルを選ぶようにする…という事です。


まあ、最初から 儲かるジャンル一直線でやるよりも
稼ぎ易さを優先して、ちょっとトレンド系をやるか、
あるいは、先日も紹介したような、Autoweb Autopilot Affiliate 目新しさ無し?初心者も唖然?
この辺のものや 地域系のもの 地域特化型アフィリエイトノウハウ などを
選ぶのも1つです。


中でも地域系のものはアダルトジャンルと掛けあわせた
特典を用意しているんですが これで結構なアクセスを
取ってる人も出ています^^


まあ、地域と言ってもミクロで見ると色々なジャンルが
出てくるので、キャッシュポイントは膨らませるってわけですね。


まあ、機会があれば是非一度みて下さい。


アフィリエイトジャンル2018 推薦5つのジャンルとは




では、斉藤でした。


最新記事はこちら
Googleの検索結果 YMYLの要素とSEO対策

アフィリエイトSEO対策済みテンプレートって着せ替えだけでは、無意味?賢威、アフィンガー、DRIVER

斎藤です^^


いつも購読有り難うございます、


で、今日はテンプレートについて少し書いてみました。

アフィリエイトを始めるにあたってテンプレートの導入は必須です。

ただ、「どれを使えばSEお的に強くなるか」と質問を貰う事が
多いのですが ぶっちゃけた話、SEO対策済み=使えば順位が上がる…

という事は、ありません。


そんな魔法のテンプレートは、そもそも存在しないのです。

で、さらに言える事は、かといってテンプレートなどが不要というわけでなく
あえて 有利に使いこなせるようにならないと駄目だって事です。




もちろん構成などは、それぞれ種類によって異なるものの
どれもデザインもデフォルトでは、使い物になりません。

自分で画像を作成して自分でレイアウトをカスタマイズする必要があるのです。



で、今日は幾つか、「評価の高いテンプレート」を比較してみました。

DRIVER アフィリエイトSEO対策済みテンプレート

販売ページはこちら


ちなみに こんな感じになります 

デモサイトで機能を確認できます。



かなり見栄え良くなります。


またもう一つはアフィンが-と言うテーマです。

アフィンガーというワードプレステンプレート


機能も多く見栄えの良いページ作成が可能です。



デザイン面でもかなりクオリティの高いテンプレートです。

サンプルやデモサイトはこちらで確認できます。



これらは、非常にデザイン性にも優れており、機能も充実。


ただ、それなりに レイアウトなどもしっかり作り込める事前提です。

画像も苦手、HTMLも分からない!


そんな人が導入して、見栄えの良いものができる事は、ありません。


「凄いなこれ」と販売ページを見ると感じるものの
いざ使うと、それなりのスキルがないと綺麗なWEBページに
ならないということです。





そしてもう一つは定番過ぎる賢威ですね。

賢威 ワードプレステンプレート



賢威の記事は、こちら


デザイン性やアフィリエイターを刺激する機能面の多い上記2点よりは、見栄えや細かな機能面は、
劣るものの、かと言っても一番良いかなと思います^^


機能などが少なくシンプルな分、上記2点よりは、扱い易いかもしれません。


まあ、この辺は 好みの問題で分かれますけどね^^;



現状で テーマだけ見ると2018年今後、お金を払う価値があるなー
と言えるものは この3点かなと思います。


これは、あくまでも情報商材市場で販売されているものに限定した意見ですが^^
(一般で売られているテーマも多数ありますからね…)



でも これらのテーマを選ぶ時にSEOに強いとかデザインが綺麗などの
理由で買う人も多いんですけど 同じように使えるかどうかは本人次第です。

テーマを購入して設置するだけでは、見栄えもSEOも強くなるわけでは無い。


確かにアフィリエイトは、テンプレートなどは重要です。
僕も10~20ぐらいのテーマを所有しているけど、
使うのは 本当に1個か2個です。


僕の場合は、「使い易いものを集中して使う」という事をしているので、
最終的に残るものは3つほどが限界でしょう。



つまり 殆どがお蔵入り状態です。



まあ、何個も購入しているとそうなりますし
実際にテーマなどは、買わないと分からないものです。


サイトによって合う、合わないという問題もありますからね。



ところでテーマを買う時に気を付けて欲しい事は、
サンプルサイトのようには、作れると思わない事です。


作る事が可能でも、 結局作るのはテンプレートでなく
自分の腕次第という事です。



もちろんプロ並みになる必要性は、一切ありませんが、
最低限レベルの、


デザイン力
画像の制作力
文章意識
構成意識


など様々な要素が重なって見栄えよく見えるのですが
デフォルト状態は、どのテーマもしょぼいものです。


なので デザインとかカスタマイズできない人にとっては、
幾ら高くて良い評価のものを導入しても無意味になるのです。


そしてSEOも何気に着せ替え人形のように着せ替えると
ゲームのように攻撃力や防御力が上がる事もありません。



自分のコンテンツがあって読まれるものであり
尚且つ、 見栄え良いカスタマイズができないと
あまり意味が無い…という事です。


テンプレート着せ替えしてデフォルトのまま…とかなると 
逆にマイナスにもなりかねません。


こういうと、「自分無理だし」と言う人も居るんですが
「じゃあ 辞めておこう」ではなく
導入してカスタマイズできないと強いサイトは
できないよーということです。




つまり避けて通れない道でもあるのです。



サンプルデザインや利用している人のサイトを見て
導入したものの、「同じようにならないよ…」みたいな事は
よくある話だったりするわけです。


自分でスキルを磨くと言っても難しい事でもありません。


画像編集ソフトでも購入して触っていれば 
自然と使い方も学べるものです。


土台となる見栄えの良い画像がなければ 
画像検索するとか、有料の画像を購入する、
あるいは、ココナラなどで 画像を作成して
貰うというのも1つの方法です。


という感じで、「できない」で片付けるようだと
何を導入してもうまくいかない…という事です。



当たり前のようにアフィリエイトする上では、避けて通れないですからね^^

無料のテンプレートでは、駄目なのか?

で、よく無料テンプレートは駄目なのか?…


そんな質問を貰う事が多いのですが、基本的に無料よりも有料の方が良いです。


何でも有料であれば良いってわけでもないし、有料を使えば誰でもプロみたいな
サイトが作れるわけじゃないけど 最低限、悪いものより良いものの方が良いです。


「最初はお金を使いたくない」という気持ちも分かるけど、
最初ほど人より劣るので テンプレートで見栄えぐらいは
入れる事を考えて投資するべきです。


何か買う時でも 安いとか無料とかを探してると、
時間ばかり奪われる代わりに良い事が何1つありませんからね^^


考えれば分かりますが作る側も 無料で配るものと
有料で配るものを考えると 有料の方が制作にも力を
入れるものです。


結果使う側も、有料で力を入れたものを使う方が良いという事になるのです。



もちろん無料で良いものを配ってリスト取りする…という事もありますが
結論から言えばお金が掛かってるものの方が力が入っています。


なので、テンプレートなどは、ネットでブログやサイトを
立ち上げるビジネスを行うなら早い段階から揃えるようにする事。


そして、最低限のデザインやHTMLや構成意識や文章意識を行うべきです。


ネットビジネスの最低限のWEBスキルや知識を学ぶ方法 無料で学ぶ


では、斎藤でした。

Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます