キーワードの掛け合わせとキーワードの選定方法とツール - ネットビジネス副業的思考

キーワードの掛け合わせとキーワードの選定方法とツール

斎藤です。

とりあえずここ数日、

下剋上と 風花初芽の成果の声が非常に多いようです^^


下剋上レビュー

風花初芽レビュー


いずれもそんな大金を稼げるものとは違うのですが
まず第一歩…という意味では優しい教材です。


そこで今回は、

僕のサイト経由での購入者とは異なるのですが
某アフィリエイト商材を購入して躓いてる人からの質問を
シェアしたいと思います^^

本日は

「キーワードの意味がいまいちわかりません。

書いても知名度のある商品は自分のブログにはこないんじゃないかと思ってしまいます。

なのでどんな商品を選んでいいのか悩んでしまい手が止まってしまいます。」


と言う質問について書いていこうと思います。

実はこの手の質問って結構多い多い…^^;

という事で書いていこうと思います。

まず対策としては キーワードを掛け合わせる…という事です。



例えば商品名の記事を書くならば

ファイナルファンタジー というタイトルで記事を書いても

ライバルが非常に多いし、確かに、

そのような不安に陥るのも当然です。

ただ、この場合、ファイナルファンタジーという

商品名だけではなく そのキーワードを元に

別のキーワードを混ぜて記事を書いてく…という事になります。
(質問にファイナルファンタジーと書いていたので そのまま使います)

キーワードの掛け合わせとは?

キーワードの掛け合わせ




とりあえず言える事としては

まずファイナルファンタジーで

少し調べてみると

このように虫眼鏡キーワードが

表示されます。


虫眼鏡キーワード






ようはファイナルファンタジーという

語句を含んでよく検索されるキーワードと

言う事になります。





これを一回するだけではなくて

例えば一つ選らんでもう一度そのキーワードで

検索をかけて同じように虫眼鏡キーワードを

見てみると言うのも一つです。





掘り下げる事でどんどんキーワードが

具体的化してきます。





そして尚且つさらに、

そのキーワード+@を考えるという事です。





ようは簡単に言うと、

どういう人に来て欲しいか?ですね。





購入後の人なのか

それとも購入前の人なのかなどなど…

例えば、

ゲームでの例えですが

購入したい!と言う人が攻略方法を

探す事は、まずあり得ないですよね^^

ファイナルファンタジーの攻略法…であれば

既に持っている人が対象ですよね^^



このように

商品名をキーワードに入れる場合であれば

集めたい人によって

様々な単語が想像できる筈です。







もちろん売る為の目的だけの話ではなくて

一つの商品に対して購入した人を対象にして

何かを紹介するのも一つですし、

逆にその商品を買おうとしている人に対して

同ジャンルの商品を紹介するというのも一つの方法です。







つまりアクセス集め目的でのキーワードなどなど



自分が提示したいものが

何であるか明確であれば、そこも意識して

記事タイトル(キーワード)を決めて、

記事を書いていくという事が必要になってくる訳です。


キーワードを掛け合わせた選定について


つまり重要となるポイントとしては

抽象的なキーワード、そして具体的な

キーワードですね。





ファイナルファンタジーという

キーワードのみでアクセスを取るとなると

ライバルも多いし現実的には厳しいですが

仮にそれでアクセスを取れたとしても

色々な属性が固まってアクセスしてくる訳です。



つまりアクセスの割に

成約率は低くなるという事です。



これは抽象的なキーワードにすればするほど

記事と関係ない人が集まる可能性が高いので

当然の事ですね^^




少し分かり易く説明をすると、

ある意味 もっと抽象的なキーワードに

すると 「ロールプレイングゲーム」とかで

ファイナルファンタジーの記事を書くとすれば

この場合、自分に関連してない情報だと

直ぐにページを閉じてしまいます。



例え、上位表示されていても

そのページでファイナルファンタジーを

買おうとしている人を対象としたコンテンツであれば

アクセスの割には成約は取れにくくなるでしょう。


そしてそれだけではなくて

検索順位が落ちてくる…という事にも繋がりますけどね。








しかし反面、どんどん掘り下げる事で

しっかりしたターゲット層を絞り込めるようになります。






つまり僕が言いたい事は、



キーワードを絞り込んでないアクセスが

大量に来るよりも、キーワードを絞り込んで

記事を書く方が少ないアクセスで高い成約率を

取る事ができるしサイトも強くなるという事に繋がるのです。





だから今回のような質問は

あからさまに競合の多いキーワードを

漠然と見て

勝負しようとしているだけであって

それを単なる憶測だけで



「こんなライバルの多い商品を記事にしても…」
と言う

一種の思い込みなのです。





だからライバルが多いから

他の商品にしようとかって考えよりも

その商品に関連するキーワード(記事タイトルとコンテンツ)を

考えて虫眼鏡キーワード+@の複合キーワードなどで

記事を作る事を考えましょうという事です。







どんどん避けていると

何を書けばよいか分からなくなり

最終的には、検索ボリュームの少ないもの

ばかりを選び始めて仮に検索エンジンで

読まれそうな順位を確保したところで

検索する人が全く居なければ意味がないわけです^^


つまりまとめると

ライバルが多かろうが関係なく キーワードを
より具体的に掘り下げて記事を書く…という事ですね^^


あとは、

その掛け合わせるキーワードも

自分が求めているターゲット層を考えると言う事。



この辺は意識しておきましょう^^


あとこちらでも情報商材アフィリエイトの集客について を更新しました。



ではでは斎藤でした。

少しでも参考になりましたら
記事の文末の
拍手をポチッとして貰えると嬉しいです。


また他で購入した商品などで
躓いてる、うまくいかない…などの相談などが
あればいつでも気軽に連絡してくださいね^^



僕自身も多くの人が

どういった部分で躓いてるか、

悩んでいるかを知る事が勉強になるし

その逆にアドバイスした事でその問題が

解決したかどうかも、自分のスキルアップに

役立ちます。

ですから、遠慮なく問い合わせくださいね。



アクセスアップ

SEO

情報商材アフィリエイト

メルマガ

ブログの構成 ブログ記事など

何でも対応できると思います^^




全てのメールに返信します。

斉藤への連絡はこちら





あと参考までにキーワード掛け合わせツール関係で言うと




YUIKAのレビューはこちらです。




ももんが

ももんがのレビューはこちら


参考までに…^^


推薦アフィリエイトノウハウはこちらです。





ネットビジネス 副業



関連記事

コメント
非公開コメント

No title

キーワード選定は難しいです。

毎日虫眼鏡キーワードと格闘しています。

私は3語までしか下層のキーワードを選定していませんでしたが

これから積極的に下層のキーワードを選定したいと思います

2014-04-17 17:29 from くろんぼ | Edit

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます