在宅ブルーオーシャン貿易ってダメ?木野瑛太 - ネットビジネス副業的思考

在宅ブルーオーシャン貿易ってダメ?木野瑛太

2014年4月10日 追加レビューの案内を
文末に追加しています。



斉藤です。





意味不明に寒くなったり

暖かくなったりしていますね。



実は今日の昼くらいに

アダルトアフィリエイト~究極~ の特典を
追加しました^^


思った以上にウケが良かったのと
今回の商材への評価を高く感じた人も多かったので
本当に嬉しかったです。


あと よくある質問⇒アダルトアフィリエイト究極 よくある質問


断固としてやらない!と言う人は結構ですけど、
それ相応に水平展開も可能でコンテンツも
しっかりしているので読んで見る価値はあると思います。

また、それだけでなく
内容としてね。

アダルト系は小難しい…と言う概念も
あるかもしれませんが、
実際に物販挫折、商材アフィリ挫折で
辿り着いて結果を出したと言う手法ですから^^





さて今回は

流行りの転売ノウハウに関して

少し触れようと思います。





実は以前に購入していて

内容を確認している商材の一つです。







大半の転売商材と言うと

国内のどこかで仕入れて国内で

売るというものがメジャーです。





あるいは海外で仕入れて

国内で販売するというのもメジャーに

なってきていますね。





僕のサイトでも転売やせどり関係で言うと、



転売やせどりの情報商材一覧 こちらでも紹介してますが

全てと言って良いほど、国内での販売です。





つまり対象は日本人。



ただ、ここが外国人に変われば…と考えると

ちょっと楽しいですよね^^





在宅ブルーオーシャン貿易


在宅貿易


フリースタイル株式会社

運営統括責任者 木野瑛太

住所 〒170-0012 東京都豊島区上池袋1-5-8

電話番号



03-5944-8223

メールアドレス



support@blueoceanboueki.com

販売URL

http://blueoceanboueki.com/blue/






現在は、販売も終了しているようですね。







まあ、話のネタついでに書いておきますが


ここ最近、忙しい僕としては、

色々と検証しながら読もう!と

思いつつもお蔵入り状態でした(笑






無料ツールを使い

全世界の価格差のある商品を見つけて

全世界のアマゾンに登録して

自動で買って貰う…

と言うのが今回の内容です。

在宅貿易ブルーオーシャン


つまり、


1.無料のツールを利用して、日本と世界の価格差がある商品を見つける

2.全世界のAmazonに商品を登録する

3.Amazonからお金を受け取る


と言うもの。



今回は全世界のアマゾンで売る!と言うもので

逆に全世界のアマゾンを仕入れの対象に

するのではなく、全世界のアマゾンで売る…と言う内容。







逆バージョンで言えば

これですね。


これは海外と国内の価格差を調べて

海外から仕入れて国内で販売すると言うもので

これも同様に日本のアマゾンと

海外のアマゾンの価格差を調べるツールと

手法のノウハウでした。





グローバルせどらー




グローバルせどらーのレビューは、こちら






ただ、ちょっと今回僕が目についたのは

国内での販売よりも海外の販売と言う点です。






個人貿易が面白い理由





以前にも少し紹介した訳ですが

僕の友人でも海外出品している人も

居て実際には何かの特典で

海外出品について書いた事もあるのですが…




実際に、日本で何気に安く売られてるものが

海外では、2倍や3倍で留まらないような価格で

売れまくっている…という事実がある訳です。





つまり競合やライバルだらけの

国内転売よりも少し海外の人間を

対象としたビジネス転売も面白いのでは?



というところです。



また仕入れ(お金を払う時)が

一番面倒ですよね。リスク面でも。

その仕入が国内で出品が海外であれば

逆に気楽と言えば気楽なところは、ありますからね^^






内容もそこそこ濃いような感じだったので

今回はちょっと僕の

趣味的範囲内で学ぼうと

思って購入したものの

まだ、ろくに精読してない状態なわけです。





まさにプライベート用情報商材(笑




見ての通り結構ボリュームがあるんですよね^^



会員ページ

在宅





まあ、これに関してはもうちょっと読んでから

ネタになりそうな事があれば少しずつ、書いていこうと思います。



ここがダメ!?

在宅ブルーオーシャン貿易の詳細な”最新”レビューページはこちら

↑↑必読です^^

それでは、斎藤でした。

ネットビジネス 副業




関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます