街ぶらネット小売りスクール(ダメ?)松浦公基 - ネットビジネス副業的思考

街ぶらネット小売りスクール(ダメ?)松浦公基

斎藤です。

本日旅行中なので
12日と13日は返信が遅れます…
予め了承下さい。
13日の夜には戻る予定です。
サポート系のメールは夜になると思うので
了承下さい。



昨日少し書いた
ドリームキラーのテーマで
書いた記事ですが
コメントもありましたが
めちゃくちゃ数多くのメールを貰いましたw

夫起業反対ドリームキラー


メールやコメントを見ていると
結構意識レベルの高い人も多くて
とっても良かったですw


ビジネスってノウハウも重要ですけど
やっぱり環境面って大事ですよね^^




さて…

実は以前にメールで

質問されたことがある情報商材なんですが

インフォトップのランキングを見ていると

上位に食い込んでいるようなので少し触れておこうと思います。


街ぶら ネット小売りスクール

街ブラ小売転売

販売ページはこちら





販売者 株式会社ケイファクトリー・エンタテインメイント 松浦公基


所在地 埼玉県所沢市有楽町2-10 有楽町ビル1F






この販売者の方ですが

調べてみると、楽リッチ倶楽部という

高額塾を販売していたようです^^



http://www.kf-entertainment.jp/tanorich/tanorichclub/index.html


楽リッチ倶楽部


これも同じくせどりがテーマです。





そのフロント商材となっているのが

恐らくこれかな?と思うのですが…



中古CDせどりシークレットマニュアル

街ぶら ネット小売りスクール画像1









いずれにしても

せどり関係の情報コンテンツを

販売している会社って感じのイメージですね^^







実は幾つか質問をいただいていたので

少し書いていこうと思います。





上記の2作品と比較すると

明らかにセールスページの

デザインもレターの本文も

まるで別人が書いたかのような

仕上がりですね^^







レターの内容によると

ポケットATMを片手に買い物するだけで

ライバルが見つけ出せないような

儲かる商品だけが浮かび上がるとか。





レターではネット小売りという

キーワードを並べてますが

ようは街をブラブラして

そのポケットATMやらで

商品をリサーチして売れる商品か

売れない商品かを判断するようですが

これって、アレックスとかの



スマホアプリが、ポケットATMと言う

意味不明な語句に変わっただけでしょ?って

感じがしますけどね^^





そして自動配送システム。





阿部塾で使っていたような倉庫でも

使うつもりなんでしょうか…?





ただ、まずここで一点。



この全自動配送システムですが

動きを停止すればどうなるのでしょうか?





例えばないと思いますが検品作業や

梱包やバーコード印刷と言う時点でFBAを

利用するのかな?と思うのですが

出品作業にしろ、何にしても全て任せる時点で

少しの失敗でも全て自分のリスクとなって

返ってくるわけです。





どこの業者を使うのかも

書いてないのにお金を出して、

仕入れた商品を送付して

任せるという部分は、正直怖いところですね。





また、新しく登場してますが

以前に発売されていた

アレックス式ネオせどりスクールでも

このような謳い文句でした。







魚拓

http://megalodon.jp/2013-0423-0046-27/alexsedori.com/index.html





アレックスネオせどりスクールでは、



全自動

千里眼ツール

音速処理ツール?


と言う言葉が並んでますね。


アレックスのセールスページ
↓↓
街ぶら ネット小売りスクールについて






つまり仕入れた商品を

どんどん送るだけでお金が

湧き出てくるという謳い文句は



阿部塾からの受け売りみたいなもの。



阿部塾セールスページでも同様。



魔法のめがね

全自動配送システム


阿部塾セールスページ魚拓
↓↓

http://megalodon.jp/2011-1227-2110-59/www.sedori-success-secret.com/it/top.html





2011年から今までの間にも

ほぼ類似したようなこの手の塾は

幾つかありました。





確かに結果が出せないと言う事は、

無いかも知れません。

ある程度のリサーチと

売れそうな商品さえ見つけられれば

後は仕入れて売るだけですから

数をこなしていけば、どんどん

感覚も身についてくる人も居る筈です。




だからこそ、大なり小なり結果を

出せる人も居るかもしれませんが

せどりや転売で稼げるようになる為に、

こんな高い塾に入る程の事でもない…と言う事です。






確かにリサーチができる

ツールを使ってリサーチしながら

儲かるであろう商品を検出する事は

確かに可能で それを仕入れて売れば

利益の出る確率も高くなって当然です。





現にこのセドリームでは、

多くの人が利益の出る商品を

掴んでさらには初心者向きの

ノウハウも同時に学べるマニュアルを

手にして結果を出している人が増えています。






高額塾の10分の1以下の価格ですけど(笑



http://blog-imgs-64.fc2.com/y/a/s/yasu871/image5_20140311232812186.gif




セドリームレビューはこちらです。




だから手法やノウハウが

丸っきりNGと言ってるのではなく

高いという事です。


高額塾が”高いだけ”と言われる理由




日本人の多くは高いと価値を感じたり

塾と聞くとリアルの塾を想像してしまいがちですが

殆どの情報業界の高額塾は

リアル世界の”塾”とは異なり

言わば普通の情報商材と同じで

定期的に動画配信やメールが届くだけのもので

価格相応の価値がある事は、ほぼ無いです。





むしろリアル世界の塾とは明らかに価値が低いのです。





つまり塾に入れば、教材だけよりも

学べるのではないか?そんな現実世界での

知識を水平移動して物事を見ているから

勘違いするわけです。







数多くの動画撮影

ローンチに掛かる費用

無料オプトインの報酬

通常の教材より掛かる多くの人件費






これらを差し引いて考えれば

分かる話です。







教材のコンテンツ動画なんてものは

サクサク作れても

セールスに関わる対談動画なんて

何度も撮り直ししたりする訳ですから

人件費だって掛かりますよね。







そしてハズれる訳にいかないからこそ

セールスページにもガッツリ力が入りますよね。



力が入ればお金も掛かるという事です。





結局僕らが知識を学んだり

スキルを磨くのは、内容なんですよ内容。







つまりセールスページや

ローンチで掛かる費用なんて

知った事じゃないのです。





良い商品なら、むしろそれらを削って安くしろって話です。





だからこそ高額塾でクレームが飛び交うのも

価格とコンテンツが割りに合わないと言うのがオチなんです。





今回に関しては、内容の良し悪しは、

今の段階では、塾が始まる前なので分かりませんが

明確にいえる事はツールも手法でも

せどりでお金を稼ぐ為に学べる事なんて

2万円以下の教材で十分です^^





むしろ差額の20万円程を仕入れに

回して取り組む方がよっぽど

スキルも知識も感覚も学べると思いますよ^^




http://blog-imgs-64.fc2.com/y/a/s/yasu871/image5_20140311232812186.gif




セドリームレビューはこちらです。




あるいは、ちょっと違った転売手法とかなら



在宅ブルーオーシャン貿易


こんなのもありますし…。



その他のせどりや転売系の教材はこちら







そんな20万も30万もお金を投資しなくても

良いでしょって感じです。





まあ、人それぞれ価値感は違うし

知識やスキルを学ぶには、

自分が信頼している人から学びたいものです。



ですから松浦公基に教わりたい!と言う人は

それはそれで、良いかもしれませんけどね(笑







では斎藤でした。

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます