サイフォンス(cyfons)【要確認】負荷の問題と今、本当に必要なシステムなのか? - ネットビジネス副業的思考

サイフォンス(cyfons)【要確認】負荷の問題と今、本当に必要なシステムなのか?

6月6日
本日の最新記事は、こちらより確認できます。


斉藤です。





新世界スクールシステムサイフォンスというのが

発売されましたね。


本来は完全スルーするつもりでしたが

すでに僕の講座の参加者の人とかからも

いくつも質問を貰っていたので

とりあえず新世界アフィリエイトの購入者ページも

このcyfons のようなので、参考まで確認して

サイフォンスの機能なども含めて少しまとめてみました。


サイフォンス(cyfons)


サイフォンス



特商法



販売者名 浩綾繊維工業株式会社

住所 京都府城陽市平川広田91-11

電話番号 080-6157-4236

URL http://www.nssys.net/lp/






目次





1.サイフォンス(cyfons)とは?

2.サイフォンスの気になるところ。

3.サイフォンスと独自のワードプレスの会員ページ

4.今後の会員ページのあり方について


サイフォンス(cyfons)とは?




サイフォンスのセールスページを見る限りでは

コミュニティサイトのテンプレートですね。

そしてステップメールの機能が一体となっているようです。





漠然と見ると機能としては、

ワードプレスのテンプレートに

ちょっとした機能が幾つか付属しているようです。







僕の場合は、メルマガとワードプレスのテンプレートで

一つサーバーを用意してアクセス制限を

かけて記事単位でパスワードをかけたりしていますが

これで十分かな…と思っています。


とりあえず、いくつか気になる部分についてまとめてみました。


サイフォンスの気になる部分




【メルマガとブログコンテンツですが共用サーバーでは限界があるのでは?】



今回の疑問点についてなのですが

まず、メルマガについてです。



セールスページには

エックスサーバーという事ですが

メールを配信するとなるとサーバー規模と人数によっては

ステップメールの延滞や配信エラーなどが出てくると思います。





エックスサーバーの送受信制限は

1,500通/時間

15,000通/日

このようになっています。






過去専用サーバーでも

メルマガシステムを設置して

使っていた事も結構あるのですが

共用では、数が増えてくると制限などもあるので

専用サーバーを使ってました。





人数にもよると思いますが

配信だけでなくステップメールもあるとなると

共用サーバーでは難しいのかな?という気もします。

(負荷をかけ過ぎると警告が来たり制限を科せられる)と言う点では

専用サーバーを借りるのがベストにも思えます。

つまり、サイフォンスを使うなら専用サーバーが一番?といったところでしょう。





【共用サーバーから専用サーバーへの移動】



また会員の少ない間は、エックスサーバーのように

安いサーバーを使ったとしても

会員の人数が増加して、もしサーバー移動を余儀なくされたら

コンテンツの移動…となると、これも結構大変な作業です。


だからあえて専用サーバーを借りる方がよさそうに思いましたね。


ただ、共用サーバーだけでも

人数も無制限でバッチリ動き続ける!と言うなら

素晴らしいと思います。

ここは検証しようと思います。



そして会員毎にIDを振り分けして管理するとなると

確かにサイフォンは便利だと思います。



ただ、漠然と新世界アフィリエイトの会員ページを

見た限りだと、ユーザーとして見る側としては、

通常のワードプレスでも良いのかな…といった感じもします。




【ワードプレスで普通に会員サイトを構築してサイフォンに近付けるには?】



一人一人に個別でログインIDやパスを分けるのは

面倒なので、会員サイトは全部共通IDで問題がなければ

コンテンツはその都度グループや個人別に

メルマガシステムで振り分けをしていけば

個人やグループによって見せるコンテンツも

変える事ができると思います。





コンテンツは作成していても、それぞれ

記事にパスワードを設けておけば

後はどの、個人やグループに対して

それぞれ専用のURLとパスワードを

配布すれば良いという事になります。





AさんBさんは1グループ

CさんとDさんは2グループ

↓↓

1グループ用のステップメール

2グループ用のステップメール


こんな感じですね^^




ただ、共通IDとPASSであれば名前表示まで

させようとすると個別のに認識させる面倒なので

会員ページにユーザーの名前を表示させたい人は

サイフォンスが良いと思います。


サイフォンスVSワードプレスの独自会員ページ




実は「ワードプレスにアクセス制限を設けて

会員ページにするのでは、ダメなのか?」

という質問がありましたが個人的には、それで十分だと思います。





ワードプレスとちょっと見栄えのよいテンプレートを用意して

エキスパートメールがあれば、必要最低限の

会員サイトは実装できると思います。







公開期限を区切るとかは、

ワードプレスのプラグインでもありますし

ステップメールの機能などは

こちらのエキスパートメール

見栄えの良いワードプレスのテンプレート

THEWORLD  これを使って

アクセス制限をかけて構築していけば

十分ではないかな…と言うのが僕の考えです。






共用サーバーで万が一の事を考えれば

コンテンツとメール配信システムが

一緒となると少し不安要素も感じる部分。


ここだけが一番引っかかりますね。





ここは、ビジネスとして使うならば

尚更、メルマガはメルマガ、

コンテンツはコンテンツ…として別システムとして扱いたいところです。







実際僕のところにも数多くの商材アフィリエイトの

実践者さんが居るので、このサイフォンについて

問い合わせが幾つもありますが現状では

「別に要らないでしょう」と回答しています^^







ただこの選択は自由で、人によって意見が

別れると思いますけどね。






ただ僕は、ワードプレス+メルマガ配信スタンドの組み合わせが

何となーく無難な気がしてならないです。







ワードプレス⇒アクセス制限と記事単体のパス

メルマガ配信スタンド⇒エキスパートメールの利用




これだけでも成り立つし、そこまで大きな差を見る限り感じません。


会員ページ(コミュニティ)のあり方と今後の会員ページについて






僕は基本的に会員ページでは

ステップメール機能、そして

一般と分類したメールマガジンと

会員専用でIDやPASSで入室できるようにして

後は通常のブログのように必要な事を

必要なだけ投稿できて必要なものをダウンロードできれば

それで良いんじゃないかと思います。





既に色々な会員ページをしている人が居ますが

その大半は、一方通行です。





つまりオーナーが一方的に情報を与えるというものです。





こういうものであれば、ユーザーも

参加できる参加型の会員サイトが良いかもです。





既に数年前から導入している人は多く居ますが

これなら、それ相応の需要もありますからね。





ようはミクシーやフェイスブックみたいなものですね。





しかし、どういったツールや仕様で

コミュニティを作ったとしても、楽しませるか、

定期的にアクセスして貰えるかは、基本的に

コンテンツ次第です。





だから、一般のブログとかで

しっかり集客ができてないと

こういった会員サイトで価値を与えるのは

難しいと思います。




自分の情報発信だけよりも

同じ境遇の各ユーザーが色々と

日記を書いたり、メッセージをやり取りできたり

する機能がある方が、僕は面白いのでは?と思いますね。





ある意味、自分だけが情報発信するのでもなく

活気あるユーザーが中に混ざっていれば

何もしなくてもそれ相応に盛り上げてくれます。





類似した状況下の人が情報発信していると

ついつい気になったりもして時間を消費してくれます。





どんどん盛んな書き込みや投稿が

出てくれば、「明日みんなの記事を見にこうよう」

とか考えるものです。





ただ、こういった参賀型のものは

色々と気をつけるべき事もあるのですけどね^^;









基本的には、1日人間の時間は24時間。





無料であろうと何であろうと

使って貰うには時間を消費して貰わないといけません。




どれだけの時間を自分のコミュニティで

使ってくれるかどうかがポイントですからね。





参加型のコミュニティを

作りたい場合は、こういうのが良いかもです。



FC2SNS



個人的に使うかどうか…現在検討中です。

ただどんなものを使おうと、人を集めるのは

メルマガ読者収集とかよりもハードルも高く、尚且つ、

そのコンテンツの質によっては、結局サイフォンなどの

便利ツールを使おうと、無意味なものになって終わります。


少なくとも、アフィリなどで、ろくに集客しようとして結果を
出せてないのに扱えないツールを使ってもお蔵入りします。

人を集める為の物と異なり、人を管理するツールですからね。



つまり、このサイフォンスは、購入者レベルによりけりって事ですね。


まあツールもそうだしノウハウもそうですけどね…^^;


では、斎藤でした。





最新記事





その他の最新記事はこちらをご覧ください。





モチベーション値を爆発的に増やす方法とモチベーション低下の原因



関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます