猪俣啓一のOne day Article Affiliateの評価の良し悪し。下剋上徹底比較 - ネットビジネス副業的思考

猪俣啓一のOne day Article Affiliateの評価の良し悪し。下剋上徹底比較

斉藤です。


明日からしばらく天気悪そうですね……。

ちょうど週末2日くらいは旅行に行く予定なんですが
雨のせいで台無しになるんじゃないかと少しビビってます…。




本日はこちらの商材について少し書いてみます。





実は四方八方から複数の問合せを

貰っていたのがこちらの教材。



One day Article Affiliate

下刻上とOne day Article Affiliate



土佐勇斗



特商法に関する表示



東京都板橋区本町33番地12号701

080-3538-8542

http://one-day-article.info/top/






こちらは、トレンドアフィリエイト系の商材です。





トレンドアフィリエイトと言うと

こちらの下剋上が有名で、尚且つ定番となっていますので

軽く比較も含めて書いていきましょうか。





マニュアルは基本ノウハウとは別に

ツイッターのマニュアルも入っています。



↓↓


One day Article Affiliateレビュー


One day Article Affiliateと下剋上の比較、そしてその内容とは?




内容としてはアドセンス×トレンド記事という事で

大まかなジャンルは下剋上と似たような感じです。





そして価格は下剋上の方が高いのですが

それ相応に今年にバージョンアップして

動画やコンテンツも相当増えました。



以下が下剋上のコンテンツです。



↓↓
下剋上のマニュアルの内容

下剋上の内容は?  


下剋上のマニュアル
下剋上のマニュア5章
下剋上のマニュア8章


下剋上


前回のレビューを読む







…とまあ、こんな感じです。

下剋上にはPDFだけでなく動画なども加わっています。







この下剋上と比較すると確かに

One day Article Affiliateは明らかにコンテンツも

少なく、必要最低限の情報+ツイッターの障り程度と

情報量はかなり限られます。







あくまでも最低限、収入を得る為に必要な事のみ…

という感じですね^^;







ただ、情報量が多いからNGとかマイナスってよりも

成果が出せるかどうかがポイントです。






以前にも話をした事があるのですが

マニュアルは分厚ければ良いってものでもないし

情報量が多ければそれで良いか?と言うと

あまりのボリュームの多さに溺れる人も居ますからね^^





とりあえず、少しでも安くて、シンプルでザックリ分かれば、

それで良いや…と言う人にとっては、

http://one-day-article.info/top/ ⇐これは良いかも知れません。

ただ、コンテンツの作り方などは抽象的過ぎるので

実際には行き詰る部分も多少は、あるかもです^^



ただ、しっかりじっくり周辺の知識をしっかり
学びたい…と言う人に限っては下剋上だと思います。

また具体的に記事を書くコツなどは、
僕の特典も併用して貰えれば、結構明確だと言えます。

下剋上の最新のレビューを読む




ただ一つ言える事は、

現在は下剋上のサポートも右肩下がりで評判は

宜しくないのは事実ですが、コンテンツは良いです。



まあ、このコンテンツの比較は、僕の意見で間違いないし

両方のコンテンツを見れば、確実に答えも明確に分かる筈です。


僕のサイトで特典付きで買われた人には、

全員サポートしていますので、作者のバナナさんのサポート無しでも

僕がサポートやアドバイスをして、結果が出させる…という風に

頑張ってますので安心してくださいね^^



ここ最近では、自分が購入したアフィリエイターに

質問を送ったら、「そんな事自分で調べろ」とか、

「質問の姿勢がなってない」とか

意味不明な冷たい対応をされたり

返信に24時間以上待っても来ないとか、そんな声も

稀に聞くのですが、僕のところは、そんな事はありませんので、

フル活用してくださいw


ただ、対応が困難になれば特典は打ち切りますが…


下剋上の最新のレビューを読む




後…トレンドブログで、ここ最近、感じる事なんですが、

確かに急上昇キーワードなどを調べて記事を書くのは、

良い事なんですが、既に数多くの実践者が半端なく居る中で

検索エンジンに表示されるサイト数は、10個前後です。





確かに関連キーワードや、複合キーワードなど、

色々と変える事ができますが、ただ、マニュアルに書いてる手順で

機械的なキーワードしか選べない人が目立ちます。





また、トレンド…という概念に拘らなくてもアドセンスは、

普通に稼げるものです。

既に何か買われた事がある人なら知ってると思いますが、

これは僕の会員ページ でも紹介しましたね^^







確かに芸能関係などのキーワードで数多くのアクセスを

集めてもクリック率はアクセスの割に少ないのは事実です。





だとすれば…少ないアクセスで高確率のクリック率の方が

よっぽど楽ですよね^^





そして、それが長期的に見込めるキーワードなら願ってもない話です。





どんどん実践者が増えているので、

キーワードによっては、多少キーワードを

分散したとしても、今度は、「ライバルが多くてキーワードが選定できない」

という、オチも出てくる筈です。


つまり

”キーワードが選定できない”
”キーワードを決めて記事を書いてもアクセスが来ない”


こんな状況になってる人も居る筈です。





まあ、これは、みんな同じようなところから

キーワードを取るので当然と言えば当然なんですけどね。





だからみんなが虫食いしているような場所から

取ろうとするよりも、少し視点をずらすのも一つです。





これはトレンドブログだけでなくて、他の分野でも言える事ですね。







確かに急上昇キーワードなどを狙うのも一つなんですが

ライバルが多くて、なかなかキーワードが定まらないとか

狙っても、全然アクセスが集まらないなら、少し他の事も

考えましょうって事です。



あと、下剋上もOne day Article Affiliateにしても

1ブログで何とかしようとしても、ほぼ無理です。



最初から1ブログだけ…と言う概念は

完全に捨てた方が良いですね。



僕のサイト経由で下剋上で成果の出ている人は

数多く居ますが、最初に作った1ブログだけで

成果を出している人は、今のところ聞いた事ないです^^



量産しまくらないといけない!という事は無いですが、

ある程度のブログの構築は必要だと思いますね。



検索ボリュームが幾ら多かろうと

アクセスが見込めなければ無意味ですからねw





それでは、斎藤でした!

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます