逆襲塾(梅田よし)二期募集の注意点 - ネットビジネス副業的思考

逆襲塾(梅田よし)二期募集の注意点

斉藤です。





本日は、またまたこちらの塾が

再募集を始めたという事で少し確認してみました。





前回にコンテンツを見たような記憶も

あるのですが、一応内容を再確認してみる事に。





価格は3980円

後発組でも結果を出せる

(後発も先発も関係ありませんけど)

価格が安いのに内容がしっかりしている雰囲気満々。



と、コストを掛けずにアフィリエイトで

結果を出したい人には、興味津々の内容ですね。



逆襲塾

逆襲塾


販売者 株式会社 Genten 梅田よし


577-0801

大阪府東大阪市小阪1-12-12小阪プラザ2F


050-5874-1713


info@schoolm.biz


http://schoolm.biz/gyagushu/jjku/




前期もあるので既にコンテンツが用意されているのかと思えば

ちょっと違うようで、また1からスタートみたいです。





何より購入後のこのフォームにはビックリしました。


フォーム




ここまでなぜ書かせるのか?





おまけに少人数制のコンサルに興味があるか

上記コンサルなら幾らぐらいなら受けてみたいか



などなど、この手の入力がある時点で

余計なセールスが始まる事も既にここで明かされているのと同然。





どっちでも良いですが

前にも伝えたように、「安いものは安い理由がある。」



こういった視点は持っておくべきです。







つい先日もテンプレートの件で話をしましたが

ワードプレスの無料のテーマ(テンプレート)は危ない?





ここでも話をした通り、”何かを作る”という事は

それ相応の時間と労力がかかるものです。



”安くて良いもの”は消費者にとっては、良い事ですが

結論を言うと、この情報商材の業界には、そんな美味い話は殆どないです。


ただ、高いから凄いって事もないです。

簡単に言うと、「価格は関係ない」です。



逆に、「安いからには、裏があるのではないか」と認識しておく方が良いって事ですね。





過去に価格が安いだけで、何も下心が無い商品なんてのは

少し言い方が悪いんですが「無知、欲のない販売者」か

「ボランティア精神豊富な販売者」くらいのものです。





今では、フロントで入口を広くして、高額案件を売り込むという手口が主流になっています。





ただ、フロントを売ってバックエンドに繋げるにはそれ相応の仕組みが必要だって事です。



  1. まず、フロントがスカスカだと次は信用して貰えない。だから目一杯良いもの、満足度の高いものを作る。
  2. フロントで魅力を伝えてバックエンドを買わないとフロントのお金も無駄になるような仕掛けをする。

2番は極悪パターンですが、それでも、魅力を伝える事と

前に進まないと何も変わらない現状をイメージさせれば

ついついお金を落とす人が居ます。





1番は定番で顧客満足度を最大限に意識して

バックエンド商品の価値を感じさせる…といったものです。





まずは、こちら⇒セドリーム

強引な売り込みこそないもののこれも塾が出てきてましたが

(既に終了済みかな)フロントとなるセドリームは、かなり好評です^^





あと、サポートの質の低下が著しい

下剋上 ここでもバックエンドは登場します。



一昔前は、煽りも含めて、こんな事もありませんでしたが

何かに取り付かれたのかと思う程の変わり様でビビりましたね。

(コンテンツは初心者向けでしっかりしてますので安心です。)







他にも数多くこのような事例はありますが、今回の逆襲塾に関しては

過去の募集で参加された人からの声も参考にしてみましょう。

↓↓

逆襲塾、裏逆襲塾 梅田よし PPCコンサルの悲劇



あと、同一グル―プか知り合いか知りませんが、

この商品も酷いもんでしたね。



ファッショナブル転売


まあいずれにしても、

全員に対してでなくて一人でも、このような対応をするという事は、

他でもこのような事が起きる確率は極めて高いと考えるのが当然です。





僕もバックエンドを否定している訳ではありません。





ただ上記のような過去のコンサル話を参加者の人から

聞くと、どういった人物で何を目的にしているかも明白極まりない話です。







尚、情報商材系では、ここ最近、

電話勧誘やセミナー勧誘も流行りのようです。







ですから、フォーム入力時は注意する事です。




もともとインフォトップも含めて、どこのASPでも

電話番号や住所などの入力欄があるのですが

電話と住所は書かない方が無難なケースもあります。






販売者には基本情報として全て通知されますから

その情報をどのように使われるかも分かりませんからね^^





●中には、変なメールが届くようになった。

●変な電話がかかってくるようになった。




こんな事例も中には、あります。





「登録の覚えもないのに、いつの間にか届くメール」




こういうのって経験ありませんか?





僕も過去に実際に販売者から電話があったり、

余計な資料などの送付などもありました。

別に悪い事じゃないんですけど、ウザいですよね。普通に。




その殆どは、「利益目的」書類送付も電話も

コストが掛かりますから当然と言えば当然ですね^^





あと、今回の逆襲塾の事例で言うと、僕からすれば「あり得ない」という話ですね。







確か前回は裏逆襲塾と言うのも裏で控えてましたが

その後にも、セミナーや別の人物が介入する高額コンサルなども控えていたようです。

そのコンサルに関しても問題ですよね。





そもそも最初に30万円即稼がせますとか言って

自己アフィリエイトだったとか、もう、そういう発想が

完全に終わっていますよね。







いずれにしても、この業界には、

自分の顧客を大事にする人と、組織だって

自分の顧客を盥回しして身包み剥がす勢いの人が居ますからね。




以前の記事にも書きましたが、

仮に紹介した先で自分の顧客が痛い目にあっていれば

普通は助けますよね?

それも無視するってのは、完全にグルとしか考えられないわけです。




まあまあ、この辺も含めてちょっとどうかな?って感じですね。


逆襲塾のコンテンツとツールについて


尚、今回の逆襲塾には、コンテンツやツールも

付属しているようですが前回の一期生の話だと

月の初めにPDFを配布されて終わりだったとか。





またその内容も酷いものだって声も聞いてます^^;





そのコンテンツ内容としては、非稼ぐ系の内容で

アンリミテッドアフィリエイトの非稼ぐ系版だったとか。


ちなみに報酬画像がぶら下がっているのですが

この報酬の大半は、非稼ぐ系なのかなっと…疑問を抱きましたね。





この辺は見たいところですよね^^





いずれも第一期の声は悲惨な感じです。



今後の第二期は価格も随分と安くだしてて

価格は3分の1。





1期の参加者からすれば、ムカつくと思います(笑



こういう行為一つとっても、少し神経疑いますね。

あと高額コンサルの話題のついでに…少しコンサルに関して書いておきますね。

高額コンサル系に注意


尚、僕は色々なノウハウを紹介してますが

バックエンドやコンサルなどの別サービスは一切評価してません。





基本的に、その商品だけの話です。





つまり、僕のところで紹介している商品だから

販売者も安心だとかね…。そういう考えは持たないようにしましょう。





その後の話は完全に別物って事です。





それともう一つ!



●●円稼いだとか言っても中には、それがアフィリ報酬と異なり

いつの間にかコンサル料金の利益だったりとか。



この辺も気をつけましょうね。





過去の最大の数字をいつまでも熱唱し続けてのコンサルって

パターンもあるのでくれぐれも気をつけましょう。







あと、もう一つ。





ここ最近流行りなのが、

また、「全てのメールには返信できません。」と

自分の価値を吊り上げて、コンサルをしている人も

数多く居るようですが、それも大半、見せかけです(笑





普段は対応しないで、「対応やコンサル」の価値を感じさせるわけです。







全て対応できるなら、時間かけなくても

サクサクとメールでも返信できますからね。





よく

「私のメールコンサルは1回●●円だ」とか言ってる人も居ますが

そんな事言ってる時点で価値が無いと判断しましょう(笑

(これも一種の演出です)







そもそも自分の価値や対応に関する価値は自分で決めるものでなく

ユーザーが価値を判断するものです。





全てのメールには返信しない⇒返信できない。

あとは、糞みたいに要領が悪いかどちらかでしょう。





以上ですw





では斉藤でした。



いつでも気になる事、質問や相談があれば遠慮なくメールしてくださいね^^

質問や相談はこちらです⇒斉藤への連絡はこちら


副業メルマガ

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます