楽の手(島岡 茂雄)が必要ないと判断した理由 - ネットビジネス副業的思考

楽の手(島岡 茂雄)が必要ないと判断した理由

最新記事はこちら

8月19日から旅行中ですw





斎藤です。





いよいよ今日から仕事始めの人も多いと思います。



ここ長い間、僕は経験が無いですが、
休みの終わった後ってすごく嫌ですよね。



ある意味、夢から覚めた現実…みたいな感じで…(笑



毎日時間を束縛されないようになって
自分で稼げるようになれば、こういう事も無いんですが、
僕なんかで言うと、旅行から帰った時なんかは、
こういう感覚に襲われます(笑




例えば沖縄から帰ってきた時なんかは、
まさに「連休明け」とか夏休みが終わってからの
初登校日とかね、あの感覚に似てましたねw



で、僕は今日の夜から九州に走ります。
多分8時間か9時間ほどで着くと思いますが…。




全般的に、天気悪そうな感じで、ちょっと不安ですが
気合入れて遊んできますw





さて本日はこちら。


楽の手



販売者名 島岡 茂雄

住所 三重県桑名市筒尾5-7-1メゾン葵202
電話番号 090-9917-0401090-9917-0401
メールアドレス info@rakunote.net


・上記アドレスは、迷惑メール対策のため、全角の「@」で表記しております。
お問合わせの際は「@」を半角の「@」に変更してご利用ください。
販売URL http://rakunote.net/lp/







インフォトップで結構売れているようなので
買おうかな…と思ってセールスページや
紹介動画を見ていたのですが…

ちょっと見たところ時間短縮ツールですね。



「誰がやっても同じ事は任せる方が良い…」
その言葉には、頷けますが…
機能を見ていくと…まあ色々とあるようですね^^;







ツールそのものは、良いのは良いんだろうけど、
これらの機能は今後重要なのかどうか?です。


そこで、…質問があってどんなものか
アフィリエイト活動にプラスになるのか知りたい!という
メールも届いてたので記事にした次第です。




では機能を順番に見ていきましょう。





【半自動開設】



・Yahooメール
・無料ブログ




確かにブログ開設は量産する人にとっては手間です。


ヤフーメールにしても言える事です。


しかし、一つのアドレスで複数のブログの開設ができます。
ブログサービス別ならね。


この場合、自動でヤフーのメアド取得を繁盛にする事が完全に無いですね。





同じブログサービスを大量にアカウント作成するなら
ともかくですが、ちょっと…今の現状では、この手のツールで
大量にアカウントを作る人が増えたせいか、かなり取り締まりが
厳しくなっています(笑


つまり別アドレスで同じブログサービスの
アカウントを大量に取得する行為はしない方が良いわけです。



そのしてノウハウ的にもまた今は昔のように大量量産よりも量より質重視です。


10個くらいのブログを作るならその時間を5つにして
質に時間を掛ける方が賢いって事ですね。


だから個人的には、
ブログの開設やメルアドの取得は、
手動でも良いかなってのが僕の意見ですね。





また、万が一のことも踏まえて、
ブログの自動取得系は避けるのがベストだと思います。





あと続いての機能についてです。





【メールアドレス・無料ブログ管理】

・ワンクリックバックアップ
・CSV一括編集
・ブログ名・ブログURL貼付け
・登録ブログのリンクタグ生成・貼付け
・ワンクリックログイン






メルアド管理とブログ管理は便利だと思いますね^^
僕の場合はエクセルなどにURLとログイン情報のみを
貼りつけて管理してますが、この辺が自動でできるなら
便利そうな雰囲気です。





ただ、どこまで時短できるかと言うと、微妙感ありますけどね^^





続いての機能は…記事作成ですね。



【記事作成】

・タイトル文字数カウント

・記事本文文字数カウント

・キーワード出現回数チェック

・自動フォルダわけで記事管理



【定型文・記事貼付け】

・登録定型文や「本文」のような挟む文

  記事のタイトル・記事本文をワンクリック貼付け






文字数に関しては
タイトル文字数カウントは、
見れば分かるので必要そうもないし
記事本文に関してもブログサービスによりけりですが
ワードプレスなら表示されています。





キーワードの出現頻度も
あまり記事書くときにそこまで時間を
取られません…だから別に必要ないかな…と^^;







あとは定型文、とか記事貼り付け…?


この機能についてですが…

う~ん…登録していく作業と、

使用頻度を考慮すると、登録を最初からとか
面倒臭そうです。



過去にもこの手の時短ツールはあったのですが
結局お蔵入りの経験もあるし…




基本この手のツールって
稼いでる人で使ってるところを
殆ど見た事ないです(笑






…パッと見は便利そうですが
過去にもブログの自動開設ツールとか
色々とありましたし、僕は今でも
KAETENとか、他にも、ブログやメアド取得の
時短ツールは持っていますが使う事って無いんですよね。





ある意味、使ってまで量産しなくても、
良い環境になってきているという事。







ログイン情報もパソコンが記憶してくれるので
直ぐにログインできるし、変な量産してると
普通に削除されます。



FC2ブログ削除について





続いては特典です。





【プラグイン】



・アクセス解析(FC2・NINJA)開設(※限定特典)

・関連ワード一括取得(※限定特典)

・Chromeでログイン





関連ワード取得が一緒だと便利と言えば便利ですね。





あとクロームとかアクセス解析なども
殆ど今は興味ないのでこれもパスって事で
実際にアフィリエイトでそこそこ稼いでるところから
見ても、これは一生使い続けたい…と思える程、
魅力感のある機能は、真剣に考えると、
殆ど感じませんでしたね^^





逆に今、既に複数のブログを所有している人なら
便利そうですが、1からデーターを移し換えるのも
結構手間そうです…^^;





これを考慮すると向いてる人は、
ガンガンブログを量産するぞ!って人向けですね。



これから頻繁に30個とか50個とかね。

そういう人には良いかもしれません…。



楽の手を購入しない理由とは?




で、買おうと思ってとどまったのは
使う使わないって言うのは、
機能が分かっていてその機能そのものに
魅力を感じなかった事ですね。



確かに誰かに任せて
誰がやっても同じ事は任せる方が良いのは正論です。




しかし、5個や10個のブログ程度で
こんなツールを使うのは正直勿体ない話です。


ちょっと……今の状態では僕としても使い道ないし
確かにパッと見ると、手に入れたい気持ちになりますが
真剣に考えてシュミレーションすると…

やっぱいいかな…って感じになってしまいました^^;



ブログ作っても更新しないと駄目なので…。
外注にガンガン任せてる人には、
良いのかもしれませんけどね^^




でもIPなどの問題もあるので
仮に外注でも、その外注先で
アカウント取得して貰う方がリスク分散できます。



こう考えると必要ないかって感じですね^^





時短するのは良いものの、
その時短の為に時間を使う価値が今後あるかどうかです。






毎日メール取得する必要があるか?

取得するほどブログの得は必要か?と言うのも
同ブログでのアカウント量産は危ないという事にも繋がる…



だとすれば使う必要ってありますか?
こう考えると頻繁に殆ど使わないんですよね。




まさにスパマーばりに量産する人以外は、
この辺は、不必要ですよね^^:





唯一、ブログ情報が一発で管理できるのは
便利だなーと思うし関連キーワード検索も
時には便利かもです。



ただ、必要とか重要とかって次元でもないし
それだけの魅力の為だけに買うには、
ちょっとキツイ感じもします。





ブログの量産派で、アカウントを腐る程とっても
ブログ削除されなかった時代だと良かったかもですが
今後、ブログサービスも無駄なアカウント量産は
厳しくなると思うのでその辺を把握したうえで
全ての機能をもう一度見直す方が良いと思いますよ^^

楽の手のセールスページを観察するには、こちら



あとこの手のツール系で成果が出てると言えば…

ももんが

ももんがのレビューはこちら



あとここ最近これも人気ですね。

特典内容に関して、公開しました。
記事が全て予約販売の時のものになっていたので
一部修正済みです。

メイン・サイト・リライターMSR(田嶋秀一のメインサイト専用リライトツール)



それでは斎藤でした。

超初心者向けコンテンツ 下剋上レビュー

女性に人気の秘密ジャンルのアフィリノウハウ

ツイッターブレインというツールとは?

副業のメルマガ

関連記事

コメント
非公開コメント

楽の手と楽サテ

以前楽サテを購入し、取扱いの不備もあり、使わないままになっています。
楽の手にアップデートして使えるようにしたいのですが、無理でしょうか?

2015-03-30 14:35 from 吉原正紀

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます