どこでもキーワードゲッターが全然イケてない理由「戸井邦雄」 - ネットビジネス副業的思考

どこでもキーワードゲッターが全然イケてない理由「戸井邦雄」

斎藤です。


ブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトで
効率良く稼ぐ為の重要なポイントとは何か?と言うテーマで
少し書いてみたいと思います。


まずは最低限の基礎的な知識。


そして、作業スピードというのは
当然必須で、作業のスピード、例えばタイピング一つでも
同じ時間内でできる作業は相当変わってきます。


そしてもう一つは、キーワードとブログコンテンツ。
これによってアクセス、そして長い目で見れば
サイトの強弱にも大きく変動してきます。


そこで今回紹介するのはキーワードツール。

どこでもキーワードゲッター

販売者 戸井 邦雄
住所 大阪府門真市幸福町25-4 フェリーチェ古川橋201号
電話番号 070-6925-2749070-6925-2749 (お問い合わせはメールにてお願いいたします)
メールアドレス info@keywordgetter.com
販売URL http://どこでもキーワードゲッター.com



寒い。
寒すぎる。

実は、こちらのツールを
試した人からそんな声を頂いたんです。


確かに、ツールで穴場キーワードを見つけるという
発想は悪くないかもしれません。


もともと、プライドにもその手のツールは、
付いていましたからね。


ただあのツールは、おまけみたいなもので
以前までは、ノウハウとしては良い!って事でしたが
やっぱりキーワード選定が困難と言うのと、
実践者の伸び具合が悪くて紹介も辞めたんですよね^^;


結果としてはこちらのバナナデスクさんの下剋上。



下刻上のバージョンアップに伴い(これが凄くよくなっていた)、
PRIDEそのものを取り上げるのを辞めた次第です。


いずれもレターの誇大感は免れませんが、下剋上も1ブログのみで
何とかなるわけでもないですが成果の声の数は半端ありません。


それに比べると、プライドの場合は資産となるブログ構築って事で
ハードルも少し高いんですよね。



(もちろんノウハウは悪くないです。セールスページとの
ギャップが激しい難しさがあるって感じです)

そこに加えてワードプレスときたもんだから、初心者にとっては
難易度も高いと。


「イメージよりも、しんどい」というのが初心者の意見でした。
もちろん、成果の出ている人は、出ていましたが…。


そこで自分も紹介していた以上、下剋上とPRIDEの特典を
一緒にして、電話サポートまで付けて対応していたんですが
僕としてもPRIDEのサポートよりも下剋上の方がやり易かったし
普通に最初から資産ブログの構築という事に重点を置かずに
「やり易い事から始める」ところが下剋上の良い部分かな…と。


下刻上のキャッチフレーズでもある、
ただ1ブログだけでとか、そういったのは
慣れてからの話なので、人によってはそれ相応の努力は必要です。


ただ今年になり下剋上もバージョンアップして
かなりコンテンツ力も増えましたし
僕もこちらには、特典の一部に電話サポートもお付けしているので
初心者が初めるには、最適な決断です。

下剋上のレビューを読む


PRIDEはこんな感じで紹介という紹介は
下剋上のバージョンアップに伴い、避けている状況なんですが
そこで今回に取り上げた発端は、
「PRIDEの作者がこんなツールを出すようです」
という事を僕のクライアントさんから教えて貰ったんですよね。

その人も実際に使ったようで色々と聞いた訳なんですが
結局のところ「何これ使えないじゃん」という感想。


ただこれは、まだまだ試用段階の感想でした。


そこから時間が過ぎて何かと思えば、本格的に
インフォトップでの販売を開始するとか。

先行者は半額でゲットしたようです。



一般公開されるという事で、先日コンタクトを取って
早速、再度、先日その使用状況を拝見させて貰った訳です。


もしも多少なりとも良いものなら、紹介しようとも思ったんですよね。

…と言うのもこちら⇒ももんが
実はこれでも結構、「凄く良かった」という声も
届きまくっているので、これ以上のものなら…と
少し期待していたわけです。


そこで実際に色々と試したんですよね。

キーワードを入力するだけというものです。



まず、キーワードを結構入れるだけというもので
条件に満たない場合はエラーになります。



理解不能。


結構絞るとこのように、出てくるんですが…。
(絞るまでも大変)


書く記事にもよりますが普通にこれを見て
記事書いたそうですが、別に普通のキーワードツールで
書いてるのと、変わりない…というのが本質的なところのようです。


つまり、これだけキーワードを絞って
キーワードをゲットしても それ程高い効果は
得られなかったと。

それなら普通のキーワードツールで良いでしょ…って感想でした。


とりあえず実況を見ようかと思って
実際に 「このキーワード入れてみてよ」
「このキーワードは?」みたいな感じで実際にスカイプで
様子を見ていたものの


全然表示されないでしょっ感じです(笑
↓↓



結構絞り込んでピンポイントまでいけば、表示されるようですが
初心者の為の時間削減できるツールとしては
ハッキリ言いますが必要無いですね。


まだ直感で書いてる方が良いかもです。

キーワードゲッターのアピールポイント…でもその内容は××…



何よりこれ、スマホで使って欲しいというもののようで
移動時間などを利用してキーワード検索ができるのが
ウリみたいでAPIから引っ張ってきてないから
長く使えるというのもポイントのようです。


でも、今使えるものを使う事が一番重要なので
このツールを「長く使えるから」というだけでは、
使いたくないところです。

また、もう一つのウリでもある、移動時間にキーワードリサーチ。


ちなみに移動時間でスマホで作業ができるツールは、
以前にもこれ以上の機能を備えたものがありました。

新世代ツールキーワードゲッターより新世代のキーワードツールとは?


キーワードゲッターが新世代ならもっと良い機能なのがこちら。

スマホでキーワード検索。
そしてそのまま記事投稿も可能というもの。


YUIKAのレビューはこちらです。


まさにミラクル革命児ですね このYUIKAは。
スマホでキーワード検索、そしてスマホを経由して
投稿できるんです。おまけに楽天アフィリリンクも自動生成。

スマホのタップ操作でアフィリエイトができるわけです。


…キーワードゲッターは何か特殊な仕様で
キーワードを表示されるので長く使えるようですが

結果論を言うと、その機能そのものに魅力もなく
何かが変わればツールの販売者が、仕様を変えるのは当たり前。


これはツイッターやFacebookなどのツールでも言える事です。


つまり、ツールを利用する僕らは、あまり深く考える必要も無い事なんです。


ある意味、そういった仕様は、消費者よりも
ツールの製作者が楽なものであって、
どんな仕様であろうと、変更になり使えなくなれば
販売者は、返金か仕様変更を余儀なくされるので
使う側は、「長く使える仕様」に拘る事がないわけなんです。



これは当然ですよね。

自作ツールで自分で使うなら拘りも大事ですが
何か仕様変更になれば消費者目線としては、
販売者が対応するのが義務ですから、そこまで心配する必要も
無いのです。もしも使えなくなれば、お金を返して貰えれば
良いだけの事。


むしろ、その仕様変更までに利益が上げられたなら
黙って諦めて次のツールを探すとか…それだけの事です。


そんなに深く拘る部分でも無いって事ですね。


まあ、これらを踏まえれば個人的には「?」ですね(笑


ただこの手のキーワードツールは、便利と言えば便利です。
リサーチの手間も省けるし相当な時間を省略できるはずですので^^


どうせならこの辺を取り入れて欲しいところです。

YUIKAのレビューはこちらです。


ももんがのレビュー



それでは斎藤でした。

副業のメルマガ

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます