ヤフーオークション(ヤフオク)出品者ID再取得の方法と、アクセス集中の奇策 - ネットビジネス副業的思考

ヤフーオークション(ヤフオク)出品者ID再取得の方法と、アクセス集中の奇策

12月08日更新

最新記事へのリンクはこの記事の文末にあります。

アフィリエイト収入の税金と申告(申告しないとヤバい!)


斎藤です。



今から年末に向けて物販系は、まさに稼ぎ時…。


僕自身も年末にかけて
何かと入用なのでヤフオクやら
楽天やら、何かと見ています。




クリスマスとか正月とかね。
1年を通して一番出費の多い時期なんですよね(苦笑)


というか3つモニターある内の一番左は、
ヤフオク、楽天が開いている感じです。


僕も物販系は、そこそこ実績があるんですが
確かに12月は、普段売れない物まで
売れる時期なので(物によりますが)
転売やせどり系を取組んでいる人でも
扱っている商品ジャンルによっては、一番の稼ぎ時だと思います。




で、本日はこちら。

実は読者の方から「ヤフオクのIDが削除されたんですが」という
問い合わせを頂いたのですが、そこで思い付いたのが、こちらの商品。
確か過去に購入していて記事にもしていなかったので今回ついでに書く事にした次第です。

ヤフオク出品者ID再取得 アクセス集中の奇策

ヤフオク


生活向上研究会
前山賢一
〒115-0055
東京都北区赤羽西1-1-13-702


まず中身に触れる前に僕なりの知識で言うと…


基本的にヤフオクでも再取得と凍結解除の2種類があります。

出品者IDの再取得に関しては住所等を変更して
(IPブロックされていればIPも変更)プレミア会員に登録して
普通にIDを取るとか、スマホからの登録があるので
それでもできたような感じです。


あと凍結解除に関しては、初回のみで
それほど悪い事をしていなければ
メール1通でも謝罪と改善の旨を伝えれば
凍結解除がされた時代もありました^^;
(吊り上げなどは、NGで話になりません)



またアクセスを集めると言えば、自分が欲しい属性と
関連のある人気商品を空出品して最低落札価格をつけて
永遠に落札できないようにして商品説明に工夫を施して
誘導するというのが、僕の中でド定番でしたw


まあ、これも今では通用する方法ですけどね^^;


ざっと僕の知識で言えば、こんな感じですが
では、本書(ヤフオク出品者ID再取得 アクセス集中の奇策)の
内容に迫りたいと思いますw

ヤフオク出品者ID再取得 アクセス集中の奇策レビュー

ヤフオクID再取得

12ページまでは、この作者のID凍結経験?みたいなものが
書かれています。

不当な評価が原因で凍結になり解除要請した…というだけです。


そして「アクセスを集める」というところなんですが
何かと思えば、これ……ストロングタグを用いて出品ページを作る…
というもので、あんまり根拠もありません。


それを証明するかのようにマニュアルでは
「キーワードによっては、効果があまり見られない事もありますのでご了承ください」

と、しっかり釘を打っています(笑


続いては、自作自演用の複数ID取得の項目。


自作自演とは、つまり「吊り上げ」などです。

これは今も昔も変わらずIPですね。

基本これは同一IPで吊り上げ行為をして、販売者と入札者が
同じIPだと、高確率でアカウント停止になります。
もちろん入札側ではなく出品側も同時にですね。


基本的には、入札用のIDで一度でも出品IPで
ログインしていると、停止になるケースもあるんです。
その場さえIPが違えば良いというものではないですね^^



つまりそれぞれ、ID毎にログインするIPを
完全に分類する…というところまで分ける必要があるんです。

例えば出品にはPCのID そして入札はスマホオンリーみたいな
感じですね。ここで入札用のIDの管理画面にPCで、入ると
アウトになる…ってところですね^^


ただ、こういう事を説明されているという事は
吊り上げを推奨しているかのように見えるんですが…(苦笑)


今度は吊り上げ行為を行う出品者の撃退方法?というもの。


まあ、その趣旨そのものが意味あんの?って感じですが…^^;


流れとしては

1.吊り上げを見分ける。
2.メッセージでプレッシャーを与える
3.ダミーIDで高額入札
4.ダミーで落札しサクラ行為だから代金を払わない事を伝える


みたいな感じなんですね。

まず、吊り上げを見分ける方法が書いてるのですが
「入札者の取り消し」を頻繁に行っている…を基準にして
説明され、今度は、出品者に質問欄から、

「自作自演のサクラ行為で価格を吊り上げている!今後も監視している、…」
みたいな文面を挿入しダミーIDで落札して、

ダミーIDで、取引きナビに

あなたのID ●●と●●を使用して自作自演のサクラ行為で
不正に価格を吊り上げている。したがって決済をしない。
私の落札を取り消した場合は、あなたの評価欄に、今回の
吊り上げ手口を具体的に明記する。


…とプレッシャーをかけるようです。


ちなみにその商品が欲しい商品なら別IDでも入札をしておくと、
出品者が次点繰り上げをした際に2番目に入札していれば
安く落札できるとか、触れられていますが…

ちょっと、こんな浅はかな見解で、
こういう行動に出るのは不毛だし、おまけに、吊り上げ行為を
撃退するメリットが何もありません(笑


何の為に??って感じですね^^;

時間を消費するだけ本当に無駄…ですね。


これってノウハウか?と疑うようなイメージです。


「怒りを覚えてこうしてやった」みたいなことが
語られているのですが、こんなもの見ても、読み手に
何もメリット無いんですね。



そして最後は出品ページを5000円で作成します……って。


ほんと趣旨がイマイチ理解できない感じですね。
(審査が通った事がスゴイなと思いました…)
漠然と見て、4980円の価値は感じられません…(苦笑)

ID凍結や停止問題に関する回避方法と対策



一先ず言える事は、ヤフオクだからどうとかじゃなくて
最低限、運営側の判別するのに何を元に個人を特定しているか?を
考えて、対策すれば良いだけの事なんです。


基本的には、WEBで人を特定するには、まずIPアドレス。

これはヤフオクとかじゃなくても他のサイトでもそうです。

続いては住所や名前、メールアドレス。
そして振り込み口座の必要なものなら振り込み口座の名義。



強いて言うならば、この程度なんですね。


どんなサイトでも、凍結や停止で再アカウントとなると
これらの情報が変われば、WEB上では、「凍結や停止されたアカウントと同一人物」と
判明する事ができないんです。


そしてよっぽどサイト側に不利益を与えてない行為でない限り
形式上な停止で、深追いしてくるケースは、ありません。


よっぽど事件に発展する行為とかじゃない限り、停止された人が
また登録してきても、不利益が無ければ追わないんです。


頭に入れておいて貰えれば…と思いますw


では、斎藤でした。


せどり教材一覧


セドリームのレビューはこちら

トリプル保証のせどりツールはこちら

その他の転売系商材やせどり系情報商材はこちら



12月08日更新

最新記事はこちらです。
↓↓
アフィリエイト収入の税金と申告(申告しないとヤバい!)


メルマガ登録




関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます