情報商材業界の、アンチマーケティング、ステルスマーケティング? - ネットビジネス副業的思考

情報商材業界の、アンチマーケティング、ステルスマーケティング?

6月7日最新記事は、この記事の文末に記載

情報商材アフィリエイトが爆発的に稼げるのに、やりたくない?



斎藤です。


いきなり急に気温が下がって
めっちゃくちゃ寒いんですが
北海道では、雪も降ったとかで
完全に異常気象ですね・・・(苦笑



さて・・・本日は、
アンチマーケティング、ステルスマーケティングと
情報商材・・・そんなテーマで少し記事を書いてみたいと思います。

情報商材の世界とアンチマーケティング、ステルスマーケティング


実はこんなタイトルの記事を書いたのも
凄く勘違いされている方からのメールが
届いたので、そのメールの返信に、追い打ちを
かけるみたいになるんですが、記事にして書いてみる事にしました^^



「がっつーん」と返信したんですが(苦笑


さらに晒しておこうと思います。


実は一通、本日届いたのは、販売者から。
短刀直入に言うと「記事を消して欲しい」です。
(もちろん消す訳も無いですがw)



この手のものは、結構あるんですが
どうも相手は、相当頭が悪いらしく、
僕が、アンチ、ステルス・・・という感じで
「悪くないものを悪いと言っている」ように
捉えているみたいなんですね(苦笑


被害妄想が強いのか、頭のレベルが子供以下なんだと
思いますが、このブログでは、その「アホ」の名前は伏せておきますw


ただ、事実上は、「悪いから悪い」です。



で、今回は、僕が批判している理由について
掲載しておきます。

批判されるコンテンツと批判されないコンテンツ


批判をするのは、ハッキリ言うとだから。


その一言で終了ですw


そして批判してないもの、あるいは、良いと感じたものは
ごくごくシンプルに紹介している・・・というだけで、


駄目なものは駄目。
良いものは、良い。


ただそれだけです。


まあ、良いについては、人それぞれ
価値観もあると思うんですが、
悪いものは、ほぼ共通じゃないかと思いますね^^;



少なくとも「悪い」というものは
全て僕の書いてる事を、鵜呑みにして
手出ししない事でのリスクもないし
120%間違えて悪い方向性に進む可能性は無い筈です。





ただ、一点補足しておくと
僕らが活動している情報業界の商品は
現実世界の商品と比較すれば「ゴミ同然」のレベルです。



確かに、情報販売は、お金が稼げる事は、言うまでもありません。


でも現実問題、、情報商材と書籍を比較してみると
分かりますが、コンテンツの質、重みは、明らかに
情報商材は、高額な上に薄い。
その上書籍は価格が安く分厚く質も高い。


あくまでも「商品の質」という意味ではですけどね^^;


中でも心理学とか脳科学とか・・・
あるいはダイエット・・・など体の悩み系・・・
この手のものなんかも情報商材でも
動画、DVD、冊子、PDFと出ていますが
明らかに書籍に価格と質は勝てないんですね^^;



もちろん、書籍でも糞レベルのものは数多くありますが
全般的に「情報商材」は、比較すると、ゴミレベル。


というか書籍からパクって情報商材にして
売っている物なんて計り知れない程出ていますから。



「塾」とか言っても、現実世界の塾の質と価格と
比較すれば、冗談抜きにして「詐欺じゃないか」と
認識するようなものばかりです。



つい先日も、「開校日に連絡も来ない」とか
「スタートから4日経過しても何も来ずに連絡しても
返信もないし、返金を要求してもスルーされた」

みたいな相談も届いていたんですが
本当に、そういうのを見ると「とことんクズだな」と思いますね^^;


かと言って、全部詐欺だ~なんか言いだしても
何も始められないのが、この業界。


こういう世界の中で売られている商品は、
現実世界の商品と比較すれば「糞」でありながらも
現実世界で稼ぐのではなく、ネットの世界で稼ぐのであれば
逆にそういう世界の商品から、知識を得る、あるいは、
そういった業界で稼ぐ為に、学ぶ・・・という事が必要になるんです。




だからこそ、一歩譲って考えれば
質、量共に書籍と比べると落ちていても
目標や、ものによっては、「学べる部分」があり、
逆にそういう世界で稼ぐには、そういう世界で学ぶしかないわけです。



もちろん価値観の違いは、ありますけどね。


やっぱりそれでも、ネットで稼ごうと思って書店で
書籍を探して学んでも、稼げるようになれるとは、思いません^^;


だから、こういった
「何が飛び出てくるか分からない市場の商品」でも
ネットで稼ぎたければ、ネットで稼いでる人間が
集まる市場で学ぶのが一番だって事ですw


もちろん、僕自身も、そういう世界で
自分なりに学んだりしてきているわけですからw


しかし、そんな中にも「おいおい」というものは
普通に数多くあります。


僕の場合は、容赦なく、書きますが、
これは、アンチでもステマでもなく
ぶっちゃけた話、ツッコミどころ満載のものを
素直に「事実」を書いているまでです。


(むしろ、ここで遠慮する理由がほぼ無いと思いますし…)


少なくとも、ツッコミどころが無いものを
批判をする事もありません。


僕の視界に入ったもので、その商品やサービスに対して
「ツッコミどころ」があるものを対象にしているという事です。


そしてツッコミどころもないものは、
批判もしていませんからねw


僕自身もそれぞれのジャンルのネットビジネスでそれ相応に
経験を積んで成果も出しているわけですが、
やっぱりね、インチキ化インチキじゃないかって、
すぐに見れば分かるものなんですよね^^;


おまけに、中には「実はインチキ、捏造です」みたいな
証拠を残しているケースも多々あるんです。


あとは、「話が違うだろ」みたいなものとかね・・・


ただ、そういった部分を書いているだけで
ただ、事実に基づいて「正当な事を書いている」のみです。


まあ、「書かれる事が嫌ならやるな」

そして「ボロだすな」ですね(笑



で、今日の削除要請のメールの返信は、

「書かれるのが嫌なら販売するな」
「完璧な仕事して物言え クズ」

「バレたく無ければバレないようにしろ」

・・・こんな内容で終了したんですけどね(笑


「ツッコまれたくなければツッコまれるな」です。
(マジで頭の悪いクズばっかですねw)


・・・というか、ここ最近、高額塾系の登場人物も
人手不足みたいですね。


ほぼ、表に出て喋る奴の大半は、「金が無い乞食」が
実は多かったりするんですが、中には、金目的で、モロ本名とかで
登場して、後悔している人も居るようです(笑


自分は、叩かれてもイイや~と思っていても
後になると身内とかが心配になったり家族が反対したりとか
それで、「なんとかしてください」みたいなパターンですね。


塾系なんかだと、動画に出れば、モロに顔も出るし、ゆくゆく匿名でも
1年先とかに本名が晒されるとか、塾の内容やクレームや
売れた本数によっては、その後も悪い意味での盛り上がって
どこからか、ポンと出てくるんですよ(苦笑


まだ塾とかに出て、後々、それで飯が喰えればいいですが
ほぼ「乞食」同然で「目先の金を追うタイプ」を拾っているケースもあり
殆どが「一度出れば使い捨て」と言うケースが大半。


むしろここから伸びていければ、まだ良いんですが
伸びる奴ってほぼ、居ないんですよ。


●●円稼いだ~なんて言いつつも、
他人の実績で、喋りを頑張っているだけですので
実力なんて無い奴が大半ですから。



まあ、「台本通り喋るだけのキャラ」ですのでw


だから、そういうのに惹かれて入ってお金積んでも
殆どの人が何も得られずに終わる確率が高いって事ですね^^;


前回のこれなんかも、ボロ出ましたからねw

佐々木晴海の悪魔のノートと天使のノート





このように、証拠とか、「具合の悪い実の話」がバレると
「記事削除して欲しい」とか
ムシが良すぎんだろって話ですよ^^;


そもそも本人が「乞食」だった時点で、オファー見ている人間を
騙しているわけですからね。


まあ、僕の他にも、色々と他にも批判記事書いてる
サイトもあるんですが
情報業界においては ステルスもアンチマーケティングも
「お似合い」だと思いますw


そういう商品が大半を占めていますからねw



ただ、そうは言って、ビビッて情報に金は使わん!となると
稼ぐ事もできなくなる。


どんどん情報収集ってのは、やらないと駄目ですからねw



もちろん、危険を冒してでもです(笑


所詮、何やるにしても、ビビッて行動できないようでは、
一生腰抜けで終わりますよ^^;



気合と根性だけで、まずは100万なんて何やっても稼げますので。



それでは、斉藤でした。



PS

最近成果の多い商材一覧


初めの1歩でアフィリエイトなら、まずこの下剋上


情報商材アフィリを学ぶならこちら


情報商材×YouTube


急上昇中です!
↓↓
ハイブリッドメディアアフィリエイト



最新記事はこちら 6・7 NEW


情報商材アフィリエイトが爆発的に稼げるのに、やりたくない?


副業のメルマガ

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます