メールマガジンの到達率や精読率を高める方法(メルマガスタンド比較) - ネットビジネス副業的思考

メールマガジンの到達率や精読率を高める方法(メルマガスタンド比較)


斎藤です^^;


本日は、メール配信スタンド・・・について少し触れてみます。


会員ページでは、ちょうど先日「到達率」について
少し触れたんですが、こちらでは、
メルマガスタンドを軸に書いてみました^^



・・・と言うのもここ最近では この辺を取組む人が増えて
実際に、少しやってみて成果も上がり、そこから
「メルマガアフィリ」に興味を持つ人が増えてきた・・・というわけですね^^


「お・・・なかなかいけるし、本格的にメルマガにも力入れようか」
てな具合です(笑

image831

gigatube詳しいレビューは、こちら



他にもこの辺。


詳しいレビューは、こちら



またブログとは違って手軽感やアクセスが集まる面白さがあるんですよね。

そしてそのアクセスを活かして、色々な展開ができるというところですw


いや~ こういうのを きっかけにして、追及するのも、なかなか良いと思いますね。

何やるにしても「きっかけ」って大事ですからね。



そこで今回は質問が多かった、到達率や配信スタンドについて書いてみました^^;


メルマガスタンド比較



メルマガスタンドと言っても色々とあるんですが・・・
知名度がそこそこあるもので言えば・・・



楽メール

メール商人

オレンジメール

エキスパートメール

アクセスメール

コンビーズ

・・・

他、サーバー設置型のものやASPタイプのもの・・・
とにかく色々とあるんですよね^^;



で、ここで一点。



情報商材系の人が使う事を過程して考えると
機能的な面で言えば、エキスパートメール
あるいはアスメル この辺が一番かな?という部分はありますね。


ただ、到達率の問題で考えると、確かにエキスパートメールや
アスメル・・・を連想しがちですが、サーバー設置型のものなんかも良いです。




僕もメルマガは配信していますが
漠然と見て・・・感じる事は、

情報商材系から出てきたスタンドは、基本的に駄目です。


システムのバグが結構ある。


例えばこちら。

エキスパートメールのバグやトラブル

メールトラブル エキスパートメール



酷い時には、プラン変更で移動作業の時に
今まで配信したメールが
全てぶちまけられて、読者に
何十通も連続送信なんかもありました(苦笑


一般的にスタンドとしては「あり得ない!」という話なんですよねw

でもその代わりに、「アフィリエイトする人の心を擽る機能」がある(笑

だから、エキスパ―トメールは、やめられない…といったところでしょうかw

前回のリニューアルで少し機能も一部削られていますが・・・w

エキスパートメールの詳細は、こちら


システムの動きも大事だけど
使い勝手が良い事も当然必要。



そこで到達率のレベルで言うと、
「大きく大差ない」と思うんですよね。


確かに届く、届かないというのは、
多少、スタンドの環境で左右されますが、
基本的に読まれる、読まれないは別物です。


で、よく質問で届くのが、

「クリック率が上がらない」
「読まれていない」


・・・と言う点から、「届いてないのではないか」となるわけです^^;



で、そこから「到達率を上げるにはどうすれば良いか」となるんです。




でも、その多くは、「読みたくない、読む気が無いから読んでない」
そして
「読んでないからクリックしない」なんです。


「スタンドのせいじゃなくて読者のせいだよ」って事。


読む気があれば、迷惑メールから探し出すとか
自分で勝手に指定受信するものですw


「必要であれば」ですけどね。



そもそも購入した情報商材の購入者通信なんかでも、
日常生活の環境の中でメールが届いても見ない人も多い筈です。


「コンテンツの追加」とか「パスワード変更」とかでさえもね(笑




そういうものですら見落としたり読まなかったりするものです。
(僕も殆ど目を通していませんw)



では、これらの要素も踏まえると、到達率と精読率を
高める為には、どうすれば良いかと考えると、
スタンドがどうとか、配信サーバーがどうとか以前の問題ですよね^^;


メルマガの到達率と精読率を100%にする方法とは?


では100%の到達率や精読率を高める方法は、
「読んでくれる読者だけに配信する事。」です。


僕も今現状でも3つか4つほどスタンド借りているし
今まででもサーバー設置型のものASPのものも含めて
15社くらいのものを今まで活用してきました。


到達率に関しては著しく悪いと感じる事もありましたが
結局のところ読み手が本気で読みたければ読む。


だから読んでくれる人だけ残していけば
自然と到達率、精読率を引き上げる事ができるのです。




どれだけ到達率が良くても
「迷惑メール扱い」されれば、ほぼ意味がないので
その都度その都度IP変更していきながら
繰り返していく事でカバーできてもアドレスの問題もあるので
結局のところ、「読んでくれる人」を重視するのが一番の近道。



もちろん、目的によりますが単なる広告目的で
一発興味を惹かせて何かを売るとか無料オファーへの登録レベルなら
到達率重視だけで、ガンガン投げれば良い話ですが
真面目に自分の読者を集めていくならば、読んでくれる人だけを
集める方が良いって事です。




個人的に一番良いのは自分が借りた専用サーバーなどで
配信システムを設置して配信すると比較的到達率は良いと思います。




ただ良い環境で配信しても、「届く相手で左右される」わけですw



つまり読者が読む気もないし登録の認識すら忘れていれば
意味ないんですねw



サーバー設置型の場合だと
例えば、捨てアドレスが多すぎるとサーバーの規模によっては
キューが詰まるとかエラーアドレスの多さなどの原因で
サーバーが落ちるとか重くなるとか・・・そういう時には、
誰も直してくれないので、時間も使いますからね(苦笑





つまり、到達率や精読率は、システムやツールに依存しても、
読む側が「読む気」がないと無駄だという事です




また読んでくれる人のみを分けると言っても
神レベルでないと、「常に意地でも読んでくれる人だけ」を
集めるのは、相当困難ですからねw



これらを考えると、到達率や精読率やクリック率の
深追いは、時間の無駄でもあり禁物って事ですねw

メルマガスタンドを選ぶ、お奨めの基準とは?




で、僕の考え方としては、機能性や使い易さを重視しつつ、
後は、価格帯などですね。


ただ、エキスパートメールは、まだ良いですが、他の
インフォ系生まれのメルマガスタンドは、正直、怖すぎて使えませんね・・・^^;




どっちにしても、「スタンドさえ変えれば到達率が上がるとか
そういった話も無いので、」到達率に関しては深く追求せずに、
自分が使おうとするジャンルやメルマガの目的によって
機能重視で、スタンドを選んで、メルマガを読んでくれる人を集めるというのが
一番ベストです。



基本的に、僕の考え方は、メルマガで「発信する情報」が、
必要であれば何通か配信する度に、自然と
ブログも定期的に見てくれるようになり、習慣がついてくれれば
ブログだけでも良いわけです。



勿論、メルマガも無いよりある方が圧倒的に良いですが
それ以前に「メルマガだけ」じゃなくてメルマガとブログ・・・
という構成を組んでおくべきだと思いますね。



メルマガは1回文面作って配信しても、配信先の人が見なければ
それで終了ですが、ブログは新に検索から人が入ってきますからね^^



こう考えると到達率を追及する事に力を入れるぐらいであれば
ブログやサイトでの情報発信に力を入れる方が賢いと思いますね。



で、その脇役がメルマガってところですね^^;



それでは斎藤でした。




最近アクセスの多い情報商材



情報商材アフィリエイトで7桁を目指すノウハウとは


YouTubeで集客して情報商材を売る戦略


メルマガ自動化収益戦略


集客サイトやサテライトの時短に便利なツールとは メルマガ文面のリライトにも・・・





副業のメルマガ



関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます