高木彰人(株式会社ITホームクリエイト)と大園麗華の記事削除依頼の件 - ネットビジネス副業的思考

高木彰人(株式会社ITホームクリエイト)と大園麗華の記事削除依頼の件

斎藤です。


本日は、「ある無料オファー」について。
そして「記事の削除依頼」について
少し書いてみますw

高木彰人 株式会社ITホームクリエイト

紙ヒコーキ

自動

東京都千代田区丸の内2-2-1


http://akmm.biz/lp/002_ijn/
http://akmm.biz/lp/003_uhb/


第一話 http://akmm.biz/banushiblog/start.html
第二話 http://akmm.biz/banushiblog/realten_002.html
第三話 http://akmm.biz/banushiblog/fullauto_003.html
第四話 http://akmm.biz/banushiblog/jraclub_004.html

最後は、JRAクラブというオチらしいですが
またまた面白いストーリーで 墓穴掘りまくってますね。


内容は動画が無いですが
中身は競馬のようにも見えましたが
違うようです。


名前もJRAクラブ ですが何なんでしょうね^^;




ここ最近では
この手のパターン多いですね。


宮崎正ネタバレ極秘ビジネスブックメーカーアカデミー

マネーマティックシステム



この辺もそうですが中身明かさずで
過激な謳い文句で
メールアドレスを登録させて、
蓋を開けるとギャンブルや投資というケースが
増えているように思えますね^^;



本来、その筋に自信こそあれば、競馬なら競馬。
FXならFXと謳って、実際にやっている人を対象に
実績などバンバン掲載してリストを取って売れば
売れるのに・・・と思うんですが



今回のオファーのように、
「それができない理由」ですね。



実績も曖昧、そして何より胡散臭さを感じ取られれば
成約に至らない事は、言うまでもないですが。
で、今回は、「何故伏せるのか」について書いてみます。


まず今回の事例で言うと無料のオプトインのLPでは
紙ヒコーキでとか、完全自動フルオートで・・・などと
書かれているんですが、上記4話を見てもよく分かりません…






確かに最初に「○○」と明かして属性を絞るのが
一般的ですが、絞らないパターンというのは
「○○属性には反応が取れる謳い方ができない」という事。


逆に蓋をあけてFXといものでも同じく
「FX属性には反応が取れる謳い文句ができない」

・・・と言う事ぐらしか思い浮かばないですね^^;




つまりそこには、手法とか証拠とか実践履歴とかね。
そういうもの・・・なんですよね^^;



投資系であれば、投資で稼いでいる人の方が
売る側からすれば喰い付きも良い。



でも、しょうもない小細工とか胡散臭さがあれば
誰も飛び込んでくる筈も無い…というわけです。



「胡散臭いとか、しょぼいノウハウ」と思われるものほど
最初に属性を絞り込まないようにするんですよねw



だから、フロントでは間口を広めて
どっちかと言うと、初心者や失敗続きの人を対象に
メアドを取って、そこから教育していく…といったところです。



だから最初に「稼げる感」をしっかり与える。



そして内容を明かして、不安や疑問をフォローする。



もちろん、そっち系に知識の薄い人が
大多数であれば、丸め込むのも余裕です(笑



まあ、ここは投資やギャンブルについて無知な初心者に
魅力だけを伝えて参加させる方が「売り易い」というところでしょう。



例えば、これを1枚のセールスページで例えると
冒頭で属性を絞り込むキャッチフレーズよりも
間口を広めて下に進むにつれて「それ」と
分かるようにしていくパターンですね(苦笑



冒頭でいきなり FXと謳っている場合は
その市場である程度の自信があるからこそ
その市場の顧客を取り込もうとするわけで、
こには、知識の薄い人は、寄り付かないという事。



でも最初に伏せる事で違う層を取り入れて
興味深く読ませて興味を持たせる…という事ですね。



理屈は同じですね。



で、例外なく、「知識のある人」から見れば
最初から FXならFX、そして投資なら投資と
謳っているものの方が中身は濃いという事は
言うまでも無いんですけどね^^;



まあ、価値感は人それぞれだから、競馬で稼ぐとか
FXで稼ぐとかは、全然良いんだけど…ただ、そういった時でも
「何を選ぶか」は大事ですね^^;



まあ、こういう手法が出回っている時点で
少し、下火感は拒めないですね。


いずれにしても 中身が何か分かりませんが
ちょっと…この時点でどうかと思いますね。


自信があれば何をして稼ぐか?ぐらいは打ち出せる筈ですし。



さてもう一点。



ここ最近、記事の削除のお願いが
幾つか届いているんですが、
ちょっとここで一つ書いてみたいと思います。

大園麗華の記事の削除依頼の件について



別にどうでも良いんですが、「書かれて嫌なら出てくるな」です。


ま、なんでも煙の無い所に火は立たないということわざのように
原因があるから書かれているんだと思うんですね。



で、他の塾などでもそうですが、
基本的に消す必要はない・・・です。



名誉棄損や誹謗中傷を訴えてこようが
営利目的で、それも「誇大広告」を列挙して
高額商品を売っている事実があるので
当然のように詐欺じゃなくても「詐欺だと思われても仕方ない」わけです。



例えば、
「マクドナルドの商品が美味しくない」
「パナソニックの電化製品はインチキだ」
「●●○のゲームは面白くなさそう」


などの意見を書いて、それが名誉棄損や誹謗中傷になるかと言えば
「なる理由も無い」わけですw


仮にそういう警告が届いても、「動じる必要はない」という事。

記事の削除依頼が届いた場合の対処方法


この手のパターンはよく高額案件で多いんですが
売り始めた時は、気にもならないんでしょうが
どんどん、収入も落ちてきて落ち着いてくると
販売終了しても「半永久的」に残る批判がウザくなるんですよ。



動画などに出てこの手の事をやっていると
後で審査にも響く事もあるし、その後も
どんどん生活上での支障も出てくるしリスクも伴う・・・。



今や高額案件も1億乗れば良い方ですがそこから
各自の取り分を考えると・・・、ネタ元の本人と登場人物が
イコールだった場合には、
運良く手にしても3000万や4000万・・・が良い所でしょ。



ここ最近だと、ネタ元と出てる人間が違うケースが多いですけどねw



たかだかそんな為に・・・というのが本当のところ。



そして後に尾を引くのは表に出た人間だけで、
プロモーターは、「知らんふり」 これ定番ですw



普通に「駒」と同じですからね。



都合良いところで、金だけ奪って、今度は
「記事も消して事実を抹消したい」なんて話誰も聞きませんよねw



で、一つ。



ただ、削除依頼が届いてもブログでも、無料プランではない限り
勝手な削除は、運営側としても、余程の事が無い限りは
できないですからねw



色々と書いてるブロガーの方も居ると思いますが
基本的に「消す必要はないし、リスクも無い」という事です。





僕も個人的には、知り合いの知り合い・・・などで
稀に状況に応じて対応してあげる場合とか
何かサポート付などの商材を購入してきて
「顧客としてお願い」されるとかって
事例は幾つかありますね^^;



基本的に、それ以外は、ほぼやらないですね。



ただ、記事の削除依頼してくるのでも
賢いプレナーと賢くない販売者って
本当に分かりますねw



と言いますか、理由は、「事実しか書いてない」、
「漠然として一般人から見た感想」であれば、
言論の自由や表現の自由の範囲内。



仮に名誉棄損とか言いだしても
一般人から見て詐欺に見える事をしていて
詐欺じゃないかと言われて、罪になるなんてケースは、無いですしw



まあ、そこまでいくと自分達が不利になる事ばかりですけどねw



そもそも個人ならともかく、営利目的で公に出て
こういう事やっていると・・・立場弱いんですよ。



何を言われても 書かれてもねw




まあ、面倒な事は、海外のブログを使うのも一つですけどねw



ブロガーの人は参考までに。



PS

情報商材アフィリエイト系を考えている人はこちら
扇動の特典の ⇒ 情報アフィリで表に出ず稼ぐ方法

ここで該当している 1000万パック ですが今月一杯で終了です。


彼らの評判を悪く書いてる人も居るんですが
情報アフィリで稼ぐという意味では、相当学べる事は多いと思います。

これは是が非でも見るべき価値あるし これを見て抵抗がある人は
情報アフィリでは、大きく稼ぐ事はできない…と思えます。

是非この機会に・・・検討する事を強くお勧めします。
扇動の特典の ⇒ 情報アフィリで表に出ず稼ぐ方法




副業のメルマガ

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます