エアビー(Airbnb)で稼ぐと方法で浮彫りとなる問題とは? - ネットビジネス副業的思考

エアビー(Airbnb)で稼ぐと方法で浮彫りとなる問題とは?


2015年12月1日の最新記事はこの記事の文末にありますw

2ちゃんねるまとめサイトで学ぶネット年収の考え方




2015年12月4日の最新記事も文末にあります。


ダイソンの戦略で学ぶネットビジネス (ダイソン360Eye)



斉藤です^^


ちょうど久しぶりに親と会ってたんですが
つくづく健康に気をつけなくちゃな~と
本心で感じました。



と……言うのも2年程前かなんかに
胃がんが発覚してその後に
胃を全部摘出したとかなんとか。




まあ、元気は元気でしたが
「だいぶ痩せたな」って感じで
それと同時に 「ガンって遺伝もあんじゃねーの?」と
いう感じで少しビビりましたね。



一応、食事も食べれるようになってますが
体重も減ったとかで
まあ、色々と 厳しそうな感じでしたね。



お金も大事だけど、健康って大事だな・・・と。



強く感じさせられた次第です。


「金は天国には、持っていけない」ですからね^^



で、本日の話題は、「エアビー」 Airbnb
について。



エアビーとは正式には
エアビーアンドビーというもので
180国対象の宿泊案件を紹介するサイトです。

エアビーで稼ぐ方法とは?(Airbnb)

エアビ


あちこちで話題になっていますねw


http://og-og.com/lp/airbnb/
エア日で稼ぐ方法


実は、僕自身も以前より目をつけていたジャンルなんですね。



そこで実際にエアビー(Airbnb)で稼いだ経験のある人が身近にいるので
少し聞いてみたんですよね。



もちろん、誰かは伏せますが、やはり情報業界。


「ネタにしては結構面白い」と判断する事が自然です。


せっかくだから、その『エアビー』の突っ込んだ内容についても聞いてみたんですよ。


まず、何もない一般の人が始める場合は
部屋を借りて、家具などをツッコんでおいて
エアビー(Airbnb)に登録をする。


不動産会社経由で借りる事を踏まえて
物件次第ですが、家具込みで
40万円前後で一部屋キープって感じですね。


とりあえずエアビに登録すべき
貸しだせる部屋があればOKという事です。
(それ相応の条件はありますが・・・)


あと登録したらエアビのサイトから
宿泊希望者が現れたら取引に入ると
いうわけです。


イメージ的には、ヤフオクとかのイメージですね。




登録方法は至って簡単です。



【エアビーの登録方法】

エアビで稼ぐ

https://www.airbnb.jp/rooms/new



ようは、部屋を貸しますよとサイトに掲載するわけです。



エアビ側は、決済代行といったところですね。




それも個人が参入して登録する事も可能だから話題になっている。



利用者からすれば、格安で宿泊できる・・・といったところです。




いきなり他人の部屋に泊まりに行く……というのが
僕としては、かなり抵抗感を感じるのですが(笑



それでも需要は、主に
海外の旅行客に、人気あるみたいですね^^;



ちなみにサイト側の収益の仕組みというとシンプルで、
エアビのサイトに部屋を登録する側は、取引額の
3%を撤収して、部屋を借りる側は、仲介手数として
6%~12%を貰う仕組み。



1泊15000円の宿泊費用なら
900円~1800円がエアビの利益となるわけです。


これがエアビーの仕組みですね。


単純に部屋と家具で40万程ツッコんで
家賃7万前後の部屋で1泊15000円とした場合なら
20日埋まれば30万円・・・という計算になります。


「手数料差し引いても儲かるんじゃねーか?」と
思われるかもしれませんし、僕も
「じゃあ俺もツッコんでみようか」と・・・思ったわけですが・・・^^;



エアビの規約も参考までに。
https://www.airbnb.jp/help/responsible-hosting



ちょっとね・・・。管理面をフルで代行とかってならともかく
一番怖いのは、架空登録もできるのかな…ってところですね。




何か厄介なトラブルが出ればこの手のサービスは
利用者が激減する・・・ そうなると家賃や光熱費という
固定費が掛かるので ちょっと ”ノーリスク”とは思えない(笑




お小遣い稼ぎレベルで自分の物件を使うのは、アリだけど
大きく手を広げて、あちこち借りてやるというのは、
どうなのかな…?と疑問に思えるところもあるんですよね……。




というか、その疑問でさえも、あくまでも誰でもできるという前提ですが
やはりハードルが高い部分はありますね。

部屋を借りて、貸し出せば儲かるのがエアビ(Airbnb)なのか?





まず一つの問題は部屋。
部屋を借りて、また貸しする事になるので
その辺の賃貸物件を探すとなると
かなり敷居が高くなります。



オーナーから見れば、他の住人が
いきなり色々な人がマンションやアパートに
出入りし、中国人などの外人がウロウロとし始めれば
たまったものじゃないな・・・となるわけです。



もちろん賃貸契約上でも 多くは、アウトです。
(今後、OKを打ち出す業者も出てくるかもしれませんが)


例えばその一例で言うと、勝手に登録して
宿泊客が来て数日後、「追い出される」という事もあるんです。



あとは違約金などですね。


儲かるどころか赤字になった人も居るようで、賃貸物件で
このエアビをやる場合には、「不動産会社の確認」が必要。



ある種、月に数日なら「友人が宿泊に来ていて・・・」でも
罷り通りそうですが 毎回毎回外人が来るとね・・・流石に
怪しいし、中にはマナーの多い人も居るわけですから
その辺もネックです。



そして何より、24時間体制で
申込みや問い合わせの返答も必要になってきます。


鍵の受け渡しとか 時には、英語などの対応とかね。



で、一般的には エアビー(Airbnb)の代行を頼むらしいです。



管理面、受注、案内、そして掃除まで一式で
売り上げ額の30%から35%が相場らしいです。


これは利益ではなく売り上げに対してです。



まあ、宿泊者が埋まれば 細かい対応は、一人では面倒なので
料金については、妥当なのかな…と。



ただ、どこも今は、この代行もあちこち一杯みたいですけどね(笑



結論から言えば、「使える物件がどれだけあるか」
キーポイントで、それと同時に、「どれだけニーズのある場所」なのかも
ポイントとなります。



ただ、一般人がやろうと思うぐらいなら
今後は、不動産会社が目をつけて
代行を補いながら、自社でエアビ(airbnb)を 行うといった流れも
出てくるんじゃないかな…と感じるところです。



大手はしないだろうけど、小さい不動産会社とかが
エアビ(Airbnb)の管理代行を始めたりとかね。




大家に話をもちかけて代行管理するとっていけば
不動産会社こそ、物件のオーナーとパイプが広いので
一番有利にビジネス展開がしていけるのでは?と言える所ですよね^^;




大家にも、お金が入るし
それに応じて不動産会社も利益増加に繋がる。




ただ、中には、エアビの影響からなのか知りませんが
中には、「又貸し可能物件」も東京都や大阪などでは、
出て来ている模様です。
(ただ貸す方も、本当に儲かる路線ならエアビーにすると思うのですが・・・)



今後もっと伸びると注目を浴びてますが 今後の
動向には注目ですねw




ただ、もっと突っ込むと、
大家が不動産会社に案件を
委託するよりも エアビーに登録する方が
収入的にも大きくなる可能性もありますよね。


今までは、アパートなどは
賃貸会社などにお任せしてる人が
殆どですが、その流れがエアビーに
変わる可能性は極めて大きくなる可能性もあり得るわけです。


もちろん賃貸の需要とエアビーの需要の
バランスによりますが月の半分の利用で
家賃収入を超えるなら、その方が賢いと
捉えるのが一般的です。



今後の動向に注目ですね^^






そこで、このエアビーに違う角度から
目を向けているのが情報業界。
ノウハウ化をたくらむ人も多数居るのが現状です。



35%程度の管理代行費用を支払いしても
場所によっては、元が取れるという話は聞いているので
資金と部屋の手配さえできる環境下なら、
確かに面白い分野かもしれませんね^^



ただ、利用者数に左右されるので
利用者が少ない月などは、家賃は固定費ですので、
赤字になるケースも少なくないかもしれません。



物件を持っていればお小遣いぐらいは稼げても
過度な投資とまでは、やり難そうだな~と感じるところです。


で、常に人間と人間が絡むものに対して
ノーリスクとか資金不要というのも、あり得ないですからね^^;



手軽にできるというキャッチフレーズで、
今後も広まってくるかもしれませんが、
お小遣い稼ぎレベルならともかく、本格的に大金を
得ようと思うと そこまで美味そうなビジネスには、感じないですね。



ある意味、アパート経営などして”埋まらない部屋”の有効活用に、
興味がある人にとっては、すごく面白くなるんじゃないかと思いますw




まあ、ちょっと様子見です^^




それでは、斉藤でした。



PS

こちらの情報商材アフィリのコンテンツについてですが
以下のページの下の方で 軽く販売ページを作りました。


「情報アフィリで稼ぎたかったんだよな~」という方は是非。
多分、この業界で一番稼ぎ易くて大金の狙える市場です。



⇒ 扇動マーケティングの記事はこちら



2015年12月1日の最新記事はこちら

2ちゃんねるまとめサイトで学ぶネット年収の考え方


2015年12月1日の最新記事


ダイソンの戦略で学ぶネットビジネス (ダイソン360Eye)

副業のメルマガ

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます