西村賢太郎と馬主高木彰人のスパムメールのオチ - ネットビジネス副業的思考

西村賢太郎と馬主高木彰人のスパムメールのオチ

斉藤です。


実はここ最近、よく耳にする「メルマガ」



よくメルマガの重要性を聞く事が
ここ最近、増えてきました^^


中でも「地道に無料レポートスタンドで読者を増やせ」的な
教材が今でもあるようです。


で、「登録者は増えているけどレスポンスがありません」
と言うようなメールを頂く事があるわけです。


即レスで「レポートスタンドに頼るのは、今時ダメでしょ?」って
いつも言ってますw




と言うのも……
まず第一にレポートスタンドとか、
有料で読者増サービスとか、色々なものを
過去に使ってきた経験もあるのですが、
費用効果は昔はあったんですよね。



だいたい月に20万、30万注ぎ込んで
配信してもメルマガだけでも5倍ぐらいになって
戻ってくるしお金で集客できたので、非常に楽だった・・・。



でも、収集する場所に依存するので
皆が同じ場所を使うとどうなるか?です^^



同じように効果がある事は、みんな
同じように真似をし始めるものです。


こうなってくると、配信される側は、
メールボックスに1日に何十件ものメールが来ると
全部開いて読むだけでも1件2分消費しても
20件読めば40分掛かるわけです。



そこから気になるリンク先とかまで見ていると
メールを見ているだけで、普通に1時間とか食うわけです。



”どれだけ面白いメルマガ”があろうとも
数が増えて全て目を通す事を考えれば
到底無理があるわけです。



一般的に、本業を抱えている人なら、
メルマガを見て情報を吟味しているだけで
他の事が何もできなくなったりしますからねwwww



おまけに・・・
こういう信じられない光景もありますから
メールボックスは破滅状態に陥るのです。


高木彰人のメルマガと西村賢太郎のスパムメール

 



実はいきなり登録した覚えも聞き覚えもない
西村という人物からのメールで

「先日、馬主の高木彰人さんから
ご紹介いただきました、
西村賢太郎と申します。
どうぞよろしくお願い致します。」


・・・というものが届いたんですね。


お呼びじゃねーよって話ですw



西村



「何こいつキモっ」


これが第一印象。



なんだ?と思ってメールを検索してみた。



キモいし何が紹介だ?ってなレベルですよね^^;



高木がどうとか書いてあるので
とりあえず この高木というメールは
ほぼ開いてないので 一度調べてみる事に・・・^^;



馬主の高木彰人 takagi@strait-ex.jp



こいつのメールを見てみると
少し前のメールで
信じられない事が書いてある。


スパムメールマガジン


見えます?



「せっかくの機会なので、
西村さんにも情報発信をしていただいて、
これを読んでいるあなたに
レベルアップしていただきたいと思います。」



コイツヤバいな・・・ってのが率直な感想ですね。


これは、あなたのメールアドレス他に回します・・・と
言ってるようなものです(笑



思わず目を疑いましたが
久しぶりに開いたメールアドレスなので
他にもよくよく見ると、本当に知らんような
カスからもメールが山盛りテンコ盛りですw



ちなみに今回はこちら。

西村賢太郎 ⇒nishimura@strait-ex.jp



平気でスパム行為するような奴が
年商○億とか言っても説得力ないですねw



まあ配信元は同じぽいので、同一人物の可能性は
極めて高いのですが、いずれにしても、これは
完全なスパム行為ですw



例えば高木彰人が取得したメアドに高木彰人が
送信するのはOKですが
仮に、高木彰人が他の名義で送信したとしても
西村賢太郎のメルマガ講座は
許諾が取れていないので、送信するとアウトだという事。



高木彰人のビジネス講座の登録者に
西村賢太郎公式メールマガジンから
配信するのは完全なスパム行為だという事です。



ちなみにメルマガは完全に別物
馬主高木

西村賢太郎


許可もなくいきなりですよ?

「せっかくの機会なので、
西村さんにも情報発信をしていただいて、
これを読んでいるあなたに
レベルアップしていただきたいと思います。」



という意味不明なメール一通で
勝手に他のメルマガに登録されて
Wでメールを飛ばされる時代なんですよ?(爆笑


西村賢太郎メールスパム


「馬主君 お前が先にレベルアップしろよw」

・・・って
これは流石に吹きましたねw



こんな事するぐらいなら
何も言わずに送信する方が賢かったかもしれませんね。



マジでこんなカス見たいな登録のさせ方は
始めてみましたw




同じ場所からの発行かどうか不明ですが
簡単に言うと登録者情報を勝手に
第三者に渡したという行為です。



確か過去にも高木彰人は、
高額案件も打ち出していたので
購入者にも同様のメールが届いているならば
購入時の情報までも流れている可能性も
無いとは言い切らないかもしれません。



誰も許可してねーのに・・・
レベルアップを理由に、スパムするのは
マジでウケちゃいました。


まあ、何か仕掛けたいのだと思いますが
こういう場合なら一般的に、知識のある人なら
レポートに誘導とか、多少強引な方法を使ってでも
オプトを取ります。



「そのまま使う」という時点で終わってますよ^^;




ここで伝えたい事は、
少し、ぼ~っとしていると
一つのメルマガが何個も何個も
増え続けていくって事です。



数が増してくるとね
色々なものを見ても
「いつどこで登録したものか」も
判断が付かないので 「登録したか」「登録してないものか」
などを見過ごしてしまいますが、これが現実です。



ちなみに以前にも書いたけど
株式会社風の谷からの営業電話と、インフォトップの情報が


このような事も日常茶飯事ですからね。

メルマガとの正しい向き合い方


今となってもメルマガアフィリエイト・・・と
連呼している人が多いのですが
数年前から見ていくと、どんどん到達率も低下して
尚且つ こういうメールが増える事によって
あれこれ登録する人のメールボックスは
少し放置プレイすると、受信できなくなるほどの
ゴミメールが届くわけです。



プライベートと一緒にしている人も居ると思いますが
整理にも時間を奪われるし、先程の1通2分購読できても
プライベートのメールなら完全にそれ以上の時間が
必要になってくるんですね。



そもそも「1日2時間しかないから
2時間程度で稼げるようになりたい」
なんて
言ってる人がこういう状況に陥れば
ほぼ1日の空いた時間をメール管理で終わらせる事になるのです。




おまけに無料レポートスタンドの場合とかだと
必然的に複数のメルマガが届くので、
幾ら収集してもどんどん他のメールに埋もれる現象が
出てくるんですね。



まあ、この対策としては
皆が群がっているような場所から
収集するのではなく、「違う場所」から
集客を考えるって事ですねw




僕の場合は、常にブログやサイト収集で
広告もSNSも基本使いません。



ネット集客を理解していれば
「自分が思うような属性」を集める事は
比較的容易です。



属性を考えて コンテンツを作り
登録する理由を与える事で
読者収集は容易にできてしまうのです。




まあ、メルマガは、届く届かないという問題も
あるんですが・・・あまり追及するところでも無いし
見る人は見るし、見ない人は見ない。



これが結論ですね。



でもサイトやブログで売れる仕組みさえ
作っておけば普通に売れますからね^^


基本的には、僕は、サイトやブログ重視、
もちろんメルマガも大事なんだろうけど
メルマガはサブってところですねw



発行する側としては
普通にメルマガが一番大事だ~なんて
言ってる人以上に収入もあるので、メルマガは
あんまり気にしないし時間も使いません(苦笑



もちろん不必要とまでは、言いませんが
メルマガに依存するのは、大きな間違いだって事ですね^^;


もしも今、情報発信をしようとしていて
レポートスタンドなどで読者を集める事を
メインでしているならば、ブログやサイトで
しっかりキーワードを絞り込んで読者の収集に
力を入れる事を重視するように、少し考え直す方が良いですね^^




で、受信する側の視点で言うと、
メルマガ系は完全に専用のメールボックスを
用意して登録するべきですw




しかし、今回の西村賢太郎
メールは笑わせて貰いました。



既に西村賢太郎からのメールが届いた人は、
解除しておきましょうw



ちなみに文体を見ても
馬主 高木彰人 そのまんまなんですよね。



今度は何を企んでいるのか知りませんが
気をつけるに越した事ないです。



そして、馬主 高木彰人のメルマガは、
何の許可もなく、平気で他のメルマガに
登録するような人物ですので、こちらも
気をつける方が良いと思います^^;





それでは斎藤でした^^


PR

大金狙うなら、このジャンルです
↓↓↓

表にも出ず、匿名で情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法




2ちゃんねるまとめで稼ぐ方法とは?



YouTubeで稼ぐ方法 初心者向け


副業のメルマガ

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます