2016年ツイッターの変更点やビジネスに及ぼす影響? - ネットビジネス副業的思考

2016年ツイッターの変更点やビジネスに及ぼす影響?

SNS

最新記事はこの記事の文末にあります。

時間とお金のある人がビジネスで有利になる。


斉藤です。


年末年始は 関東方面と
香港に旅行に行ったりして
殆ど仕事していませんが、
明日から本腰を入れてやっていきたいと思います^^



2015年最後の旅行


香港旅行



クリスマスから合計すると
600万近く使いました・・・(苦笑




約10日間 旅行を我慢するだけで
600万となると日給60万計算……。



また旅行以外にもクリスマスや
誕生日が重なっていたので
25日から総合計で800万近く使った計算です(笑



普段はそんなに使わないんですが
このぐらい毎月、気にせず使えるように
なりたいものですw



ちょうど先日も記事に書いたんですが
ツイッターの変更があるという事で、
色々と質問が届いてました。

2016年ツイッターの仕様変更文字数の制限

ツイッター変更

主には、今までのツイートの文字数制限がなくなるようです^^



現状では140文字が制限だったのが
タイムラインには、140文字を表示させて
「クリックして続きを読む」という機能を実装させるとかって話です。



簡単に言えばリンクをクリックすれば
続きが見れるような折り畳み形式のようです。


ブログなどをしていない人からすれば
単純にツイッターだけでもブログの役目を果たすって事になるのかな?



…と思いますが事実上、この長文になる事で
検索エンジンに何らかの影響を与えるのであれば
メリットだと思いますが、例えば外部ブログやサイトに
誘導するのであれば、アフィリエイトなど集客をメインで
活用している人にとっては、大きなメリットもなく
タイムライン上でリンクが出ている状態の方が良いのでは?と
いったところです。



もちろん今まで通りの機能と文字数だけで使える事には、
変わりないならば 誘導で利用していた人には、
大きな影響はないと思います。



ただ、一つ言える事は、
ツイッターは元々文字数も少なく
「時間を奪われないSNS」という印象でしたが
1万文字数という状況になって1ユーザーあたりの
ツイッターに費やす時間が増えると
色々な面でも変化が起きるのかな?と思いますね^^;



お金はともかく1日の時間は常に固定で、
全人類が平等なんですね。



そう24時間です。



ビジネスをするにも、娯楽にしても
YouTubeを見るにしても
メールを見るにしても
LINEをするにしても
ツイッターを見たりツイートするにしても
常に時間だけは共通で消費します。




例えば、全人口の人間が
1日の労働時間が16時間になれば
これらのSNSは、元よりネットビジネスや
副業などというものの需要も減少する筈です。



何故なら自由に使える時間が減るからです。
そもそも、ネットを見たり スマホを見るにしても
時間を使います。




その時間が16時間になると、他の事は
物理的にできなくなるんです。








これを考えると、多くの人が利用するSNSなんかは、
機能の変化って、あちこちに結構大きな影響を及ぼすんですよ。




お客さんに
お金を使って貰う事がビジネスだけど
時間の消費が何より前提ですからね。



例えばメルマガアフィリならメールを読んで貰う事が前提だし
ブログアフィリ、サイトアフィリにしても言える事で
ブログやサイトで時間を消費して貰わないと お金を
消費して貰いませんしヤフオクやアマゾンなどの転売でも
常にお客さんは、ヤフオクやアマゾンなどのショッピングサイトで
時間を消費して品定めしたり検索したりしているってことですね。



文字数が増える事で
今後どうなるかは、見ものですね。



果たして、ツイートの文字数を
ブログやサイト並みに使う人が
どの程度いるかも謎ですが…



タイムライン上の140文字の部分から
それ以降を見る為には、クリックして
展開しないと駄目なようだけど
この140文字以内に外部リンクがあった場合、
リンクとして出るなら あまり大きな変化はないと思うけど
仮に、タイムライン上では、リンクが展開しか
できなければ、話が変わってくるという事になりますね^^




で、もう一つは自動ミュートの機能です。

ツイッター自動ミュート機能、アカウントの量産


ミュートと言えば ツイートしても
フォロワーには、表示されないような仕組みですが
ツイッター側で 不適切と捉えられると、
強制ミュート扱いにされる上に、アカウントが
ミュートになっているかも調べられないようです。



正直言って、これ最悪も最悪ですね。



ツイートしているつもりが
読まれる事が無くなるのですから。
もはや ツイートする意味がありません(笑



該当のツイートは、「質の低いコンテンツ」だそうですw



つまり簡単に言うとスパム紛いのアカウントの
ツイートは、他のフォロワーのタイムラインに載らない…だそうです。



あと続いては、アカウントの量産に関しても
規制を入れるとかって話です。



この辺に関しては以前までも
まとめてアカウントを開設しようとすると
アカウントが削除されたりしていた事もあるし
どのようになるのか分かりませんが
ツイッター側の さじ加減では、同一IPで複数持っていると
全部削除…というケースも出てくるかもしれませんね。



まあ、それならそれで複数のIPからアカウントを
取得すれば良いだけなので大した問題ではないですが。



恐らく、一般的には「登録時のIP照合」になってくると思いますからね^^



ただ、ログインの際もヤフオクのようにIPを分析されてしまうと
複数アカウントに同一IPでログインした時点でアウトだと思います。
(多分、ここまでは やらないと思いますが…)



いずれにしても、前にも伝えたように
SNS側のさじ加減一つで 大きく変わりますので
アフィリや集客で、「SNS単体に依存するビジネス」を
されているならば注意と対策は練っておくべきでしょう。



かと言って、今の段階で
「ツイッターは辞めておこう」という話でもないし
「先行きが怪しいからツイッターを使うものは辞めよう」とか
そういう消極的になる必要もないです。



実は、この手の質問が多かったのですが
どんなビジネスでも永遠に問題の起きないものや
明日が保証されたビジネスなど存在しません。



だから個人的には、ツールにしても、ノウハウにしても
使えるまで使っておく事と同時にキャッシュポイントの
リスク分散をしておくべきだと思います。



例えばツイッターのみで集客をしているならば、
他のSNSなどからの集客や、長期的に見込める検索エンジン経由の
アクセスを集めて報酬が発生する仕組みを作っていく……etc



SNSで…とか、何かに依存している人は、
もう少し視点を高い位置から見るようにすると
SNSが使えなくなるなど、他愛も無い問題じゃないかと思います。



どういう人を集めて、
どういう情報を与えるのか。




これがビジネス集客のポイントですが
その中の一つや二つのものが仕様変更になったからと
言っても、同じように別の方法で同じような人を集めれば
同じように売り上げを高める事ができます。



ツイッターで規制が入ろうとも
その分、別の場所で集めれば良いだけなので
何も気にしなくても良い…というのが正しい考えじゃないかと
思いますね^^




いずれも「ツイッターの既存のツールやノウハウ」に
ついては、仕様変更により 必要に応じて変化してくる筈です。



だから変な先入観を抱かなくても
「今できる事」を目一杯やればOK…って感じです^^



まあ、サブ的な集客にはツイッターやFacebookは
有効と言えば有効ですし、今後、規制が入ろうとも
常に解決策は出るものです。




「今、ツイッターに参入するのは、辞める方が良いのか」という
質問が発端の記事なんですが…
結論的に言えば「何も気にする事が無い」と言えますねw



仕様変更でツールが使えなくなれば
販売元は、ツールの仕様変更を行いますので
むしろ、思い止まる必要性は、何も無いと言えますね^^



ツイッターを活用した半自動ツールはこちら


ツイッターのツールの元祖と言えば… こちら




ここ最近では、Facebookがアツくなってきています。

Facebookで7桁収入が続出? 詳細こちらです



それでは、斉藤でした^^


1月12日の最新記事はこちら

時間とお金のある人がビジネスで有利になる。

副業のメルマガ

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます