情報販売者の名誉毀損?記事の削除依頼。絶対消さない理由とは? - ネットビジネス副業的思考

情報販売者の名誉毀損?記事の削除依頼。絶対消さない理由とは?

斉藤です^^


実は先日、ちょろっとサイトの
レイアウトを変更しました。



リンク先まで変更したのは
この、アフィリエイトで稼ぐ為に役立つ教材です。


順番に合間をみてやっていきます^^;



で、今日の話題は、「削除要請」です。



実は、変な販売者から
記事の削除要請が届きました。



まあ、別に消せるものなら どうぞって感じですね。


メールの文面が届いたタイミングと
メールの内容そのもので ”カチン” ときたので
今回 掘り下げて記事を書いてみたいと思います。

ブログの記事削除要請の件



「記事削除してください」とか、本当に
いや~厚かましいなって思いますね。



基本、僕のブログでは、根拠の無い批判
また、余程のエグイ商品以外は書きません。




高額系に関しても 高いものは全部駄目とか言ってるわけじゃないです。



駄目なものの定義は、

例えば、ポチッと購入して


「ざけんなよ このやろー」

…と言いたくなるようなものや

「明らかにおかしいだろ?」みたいなものだけです。



で、そういった記事を見て 売れなくなったり
この業界から足を洗おうとした人や
記事のせいで利益がでないと思い込んでいる人から
「名誉毀損」「誹謗中傷」「会社の信用を落とす」などを
理由に記事の削除要請が来るんですね。





で、今回頂いたのは、こちらの方。


Mという人物。



本当にコンテンツも酷いんですよ。
できれば ここでぶちまけてやりたいぐらい。


情報業界は、誇大広告だらけという事は
把握した上でも許容範囲を超える 誇大広告だと感じました^^;



なかなか無いです。



で、事実を書くと消せ消せって
圧力をかけてくるんですよね(笑



そしてその文面には、決まって
弁護士がどうとか 名誉毀損で告訴するだの
書かれているのです。



どうぞ勝手にしてくださいね…のレベルです。



例えば今回の事例で言うと、
まず、この販売者は、私人ではなく 公人に近いと言えます。


マスメディアに多く露出している等特別なステータスを
持つものは、扱いも私人とは大きく相違する



という事で、自らネットや動画で登場している
前島さんは、より公人に近いと考えられます。

その理由は
不特定多数が見れる動画サイトなどのメディアに登場している。

月収1100万と書いて商品販売をしているので
”準公人”という位置付けで公人に含まれないが
有名人、影響力がある と打ち出している時点で
一般の人とは明らかに異なります。


そしてその人物、その商品対する評価ですので
明らかに公益性、公共性はあると言えます。




その上で、明らかに酷い事実があるわけですね。



○怪しく気持ち悪い文面やセールスページというのは事実。
○購入時に正当な判断を失いさせる為のスクリプト
※ワンタイムオファーで一度きり など
言っても日付をまたいだり
ブラウザを買えれば2度、3度アクセスしても購入できる。



典型的なこのページの嘘ですが月収1110万稼いだらしいけど
セールスページのプレナー報酬は利益でなく、売り上げです。




つまりこの時点で嘘をついて欺いているのです。



1110万円達成とか書いてね・・・知らない人は
そう見えるかもしれませんが よく見ると、月収1110万円じゃなくて
合計売り上げの数字です。



例えば一例で言うと こんな具合になっているんですね。
ちなみにこちらは某商材の販売会社さんのものですが
参考までにどういう表示がされるかを見て下さい。
本来は右下の部分が 月収に近い部分で、上部は月収ではありません。


報酬


○年○月で表示されるのですが
セールスページに記載しているものは
いつのものかも分からないものでありつつ、
同時に 「総売上合計」をクリックすれば 
全ての履歴が合計されて表示できます。


ちなみに前島さんのものは、こちら
前島

まずは、何月のものなのか
どの期間のものなのか。

これが不明なんですね。


必ずこういった実績を見る場合には
「いつのものか」を見るようにして下さい。



今回のようにフルで隠してるようなものは
「隠す理由がある」
と考えましょう。





何故なら明確に打ち出す事の方がより効果的で
デメリットよりも売る側としてはメリットに繋がるからです。



売りたい側が モザイクをかけるという事は、
逆にそこには理由があると考えても良いです。



尚、アクセス部分やクリック部分 など
細かい項目など、あとアドセンスなんかは
完全公開すると リスクもあると考えて
ぼかしを入れる人も居るし
アフィリエイトしている商品を公開したくjない…
というのは、有りだと思います。


でも、今回のようなものになると話も変わります。


月も年も期間も完全不明なんですよ?



「ここまで隠す行為が売る為としても
疑問を浮かばせデメリットになる」

つまり、最低限
「ツッコミが無い程度まで公開する方が売れる」

にも 関わらず隠しているわけです。



その理由は、何でしょうか?



この前島さんの提示している数字が
どの期間のものかは謎ですが、これが
1ヶ月単位で無かった場合でもアウトですが
それ以前に 商品売り上げ合計を指して
「月収1110万円!」などと書いている時点で
表記の月収1110万円は、完全な「嘘」で不当表示に
該当する
のです。


利益は商品売り上げ残額合計です(笑


肝心な部分をモザイクかけてるんですから
マジで理解できませんよ。



「月収1110万円を見て信じた」という人も居るのではないでしょうか?



もちろんプレナー画面の
仕組みさえ知らない人も多いですが表示の数値は、
事実上、売り上げであり月収とは完全に異なるものなのです。



月収と売り上げは、違いますから
1110万円の月収と書いてる時点で嘘をついてるのです。





こうなると・・・
同時に最下部の推薦の声も矛盾を感じるところですね。




セールスページの全記録

削除依頼に応じる必要性は、無いと判断した理由



ビジネスをする上で都合悪い事を
書かれているから消して欲しいという気持ちも
分からなくないし、ハッタリの多い業界です。



厳密に見れば ボロがある事も理解できます。


でも、こんだけ派手な誇大広告と呼べる
謳い文句で同時に 中身のコンテンツや アップセルの
煽り……



これは酷いと思うのが現実ですよ(笑



ただ、消して欲しい気持ちも分かるし
条件次第では、対応するつもりです。


その条件として、セールスページに嘘が無い事の証明ができれば対応します。


インフォトップのモザイクをとった画面の「動画」と
年月日を見ても「月収1110万円」が 事実と分かり本人のものと分かるもの。



そして、1日30分で、19万円稼げるという根拠と そのノウハウの有効性


小学校5年生を修了していればOK
かけ算の九九を暗記できればOK


といった事も 商品内容を見る限り 完全矛盾し崩壊してますが、


他にも…

私のレバレッジシステムは、月100万程度の収入なら
すでに30分のスキマ時間も必要ない…

と書いてるのですが その根拠も明確にして貰う。


最低でもこの辺について、頷ける要素があれば
記事も削除するつもりです(笑


仮に どうなろうと いずれ本気で消すとか訴えを
起こしてないなら、書かれた事に対する潔白を証明しないと 
いけませんからね^^


もちろん、この商品販売時 当時の時期のデーターでです。



それが無い限り 生涯永遠に残りますよ。



他にもセールスページを見ると、
何でもこのようなメリットが与えられるようだけど



怒りと脱力感しか得られませんでしたが
この項目なんて全部嘘ですよね?



嘘

おまけに「できます。なれます。されます。」といった断定的表現 バリバリだし(笑



よく名誉毀損だなんて言う前に 自分のセールスページと
自分の状況を考えてみろよって話ですね。(苦笑




今回のセールスページの誇大広告や
その商品のコンテンツに目を通せば分かりますが、
「信用を落とす記事」という主張の前に
自ら信用を落とすよような行為をしている時点で
「何言ってんの?」てな話です(苦笑




ググると他にも記事を書いている人も居ますが
消す理由が理解できませんし ブーイングが出まくって
記事を書かれても仕方ないような事を 販売者本人が
自らしているわけです。


それも彼は 元学校の先生である事を忘れずに。


自らその資格も公表しています。


そんな人物が今回のような誇大広告を打ち出しているわけですから
その事実を元に評価、批判する事は、何も問題が無いと判断しています。



元教諭免許のある人間で
不特定多数の見れる動画サイトなどに自分の動画を
投稿したり広告を使い多くの人に情報発信をしていて
月に1100万円稼いで あなたも30分のスキマ時間で
最低19万円 100万円と稼げると書いてる人間が
一般人には該当しないでしょう。






それで 会社の不利益になる記事と言われても
「自分で不利益になる事やってんじゃねーの?」って感じで
今回のような商品に一人でも多くの人が 引っかからないように
書いた、公益を目的として事実を書いた記事に名誉毀損が該当するのか。


そして 元教諭であるとセールスページで その資格などを
打ち出している事も忘れない方が良いかもしれません。


冒頭でも書いたけど、
同時に、「社会に多大な影響力を持っている、マスメディアに多く露出している
等特別なステータスを持つものは、扱いも私人とは大きく相違する」

とい点で、マスメディアとは、何かと言うと、


新聞社・出版社・放送局など特定の発信者から、
不特定多数の受け手へ向けての情報伝達手段となる新聞・
雑誌・ラジオ放送・テレビ放送・インターネット・
ブログなどのメディア(媒体)である。



これらの要素から前島さんは私人では、無いという点で
他の高額案件などを打ち出している人間も
「自分は稼いでいる」とメディアに出ている時点で
いわば、準公人と捉えられるのが正当な考え方だと思います。




この辺も含めて、削除要請をして答える必要があるのか?です。







いずれにもしても
どうしようもないですね……(苦笑



また引き続きアクションが、ありしだい、追記するつもりですw



※アクションありました

一応 証拠データーがあれば、何ら問題なく
その仮定に関しては会員ページで書いておきましたよ…と。


会員ページです
削除方法の対処方法ガチ
↓↓↓
http://tokuten2.lolipop.jp/?p=2825



副業のメルマガ

関連記事

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます