iPhone液晶修理ビジネスは、本当に儲かるのか?謎に迫った理由とは? - ネットビジネス副業的思考

iPhone液晶修理ビジネスは、本当に儲かるのか?謎に迫った理由とは?

斎藤です。


本日は、リアルビジネス系の
無料オファーについて少し書いてみました。


結論から言うと、僕の経験や知識では、
その辺で批判が出ているようですが、この藤村大輔の
コンテンツに関してとかの次元ではなく、iPhone修理の
ビジネスとしては、多少は、有りだと思います。



このオファー云々関係なく、そもそも
iPhone修理ビジネスというものが
でも、楽して稼げるとか、誰もが簡単に稼げるとか
大金が得られる…というような甘い事は
ほぼ あり得ないだろうと考えて良いと感じましたね。




新時代副業ビジネス iphone修理ビジネスで稼ぐ方法

スマホ修理ガラス割れ


販売会社:JTソリューションズ株式会社

責任者:高橋慎也
所在地:東京都千代田区神田淡路町2−101
TEL:03-5816-0405

販売者 藤村大輔

1話

http://iproncshn.com/dblo/hjmr.html

2話
http://iproncshn.com/dblo/nwm_dskd.html


特別動画
http://iproncshn.com/dblo/tkbtdy.html


その後は不明w



内容としては、iphoneの液晶割れを
ガラスを交換して直すというビジネスのようです。


ドライバーさえあれば 液晶のガラスを変える事は可能として
作業時間が20分で純利1万円が得られる事も分かりました。


確かに、スマホを落として 「パリーン」という事は、結構ありますね(笑


ま、スマホでも保証に入っていれば
保証で交換する事も可能だと思うんだけど
確かに需要があると言えばあると思います。


ただ、いきなり10個の割れたスマホが
毎日のように届いて直すなら、時給3万円ほどに
なりますが、そもそも スマホのガラスを修理したい人が
どれだけ集まるか?によります。



今回の無料オファーじゃないけど、
スマホ液晶修理のフランチャイズ展開もあるようです。


初期研修3日 月額費用5万、初期仕入れで10万円…などなど



ちなみに少しググると、
以下のようなコメントがあるサイトもあるんですね^^


”FC募集のページに「だれでも簡単に~」みたいな事書いていますがそんなに簡単ではありません。”

”ホームページを作っても、「地域+iPhone+修理」なんていうキーワードで上位表示は難しいので
googleやヤフーに広告料を払って検索結果表示の上だったり右だったりに広告をださなければなりません。
某FCの方に聞いたのですが、都心部で修理業のリスティング広告を出すと軽く100万超えとの事です。
それは大げさではありますが出店するエリアによっては毎月10万程度は必要です。”


”あなたがお客さんだった場合、マンションにある修理屋さんに壊れたiPhoneを預けたいと思いますか?
お店は修理を受けつける場所だけではなく看板であり広告なんです。
そう考えるとその町の一等地とはいいませんが人通りがあって説明しやすい場所にお店を構えなければなりません。2

”どこまでやるかで違いますが簡単に始められるのは確かですがビジネスにするには相応の資金と根性が必要になります。”



このような意見も見受けられます。

iPhoneの修理ビジネスは、儲かるのか



いずれにしても技術だけあっても稼げない事は、
間違い無く、いかにして集客するかが肝となる。


でも、上記の藤村大輔 という人物がオファーしているものが
どれだけの待遇で 本当にどれだけ集客できるかの肝の部分は
分かりません。


このご時世、独立開業、いわゆる起業に憧れて、
簡単なものを探す人は、少なくありません。


でも、あれやこれやと お金を使って
始めたものの、成果が出せない人も多いです。


ザックリ検索してリサーチすると、僕ならこの手の集客は
過去にありますので、元は取れそうな感じがしますけど…

ネット初心者の場合は、


申し込みが集まるサイトを作る
作成したサイトに人を集める、
差別化を図る



というような部分で、更にお金を使う事になる筈です。


殆ど この手のFCでは、初期に どれだけ
参加者を増やすかが肝です。


ページ作成
集客代行 コンサル
教育、実習と称して教材やセミナー費用
そして、在庫を抱えさせる…


といった事は、最低限やるでしょう。


そしてここでしっかり利益を抑えるのは当然ですからね^^;



こうなってくると確かに先程の実践された人の声のように
「100万円なんかあっという間」の世界なんです。




あとFC掲載もあるけど、そもそも、
その需要ですね^^;

スマホは、アンドロイド派とiPhone派に分類される




スマホは、主にiPhoneとアンドロイドですが
まず2015年のデーターでは、おおよそ半々ですが
アンドロイドの方が勝ってるらしいです。


理由はiPhoneはAppleのみしか制作できず、独占していて、
アンドロイドに関しては、OSがオープンソースなので 色々な
メーカー、シャープとか東芝とかソニーとか、アンドロイドを
搭載したスマホを作る事ができるんです。


で、各メーカー独自の強みの機能などを盛り込めるので、
幅広いラインナップになり、利用者も多いってところなんでしょうね。


ま、Appleは 独占という形でも あらゆるメーカーの
アンドロイド端末全てを合計しても半々ですから、
やっぱりAppleが凄い! という事にいきつきますが、
個人的に、iPhoneよりも アンドロイドが好きで、
尚且つ、パソコンもMACよりウィンドウズ が 好きですね(笑




ただ、関連アクセサリーは、統一されたサイズの
iPhoneが圧倒的に多かったりしますが。


今回の修理ビジネスもiPhoneに絞るのは、
シェア数と 機種単位の知識面、材料に関しても
一定の統一性があるからなんだと思います^^




そもそも、需要割合不明ですが
あちこちで修理する業者が増えても、
需要より供給が進めば、申し込みも来なかったりするし
全体のパイは


利用者
液晶を壊す人



その中から自分のサイトに訪れてくれた人、
あるいは、他の同サービスと比較して申し込みしてくれる人と
限定されるので、そんなに儲かるのかな?と考える所では、ありますね。


また、今後も、スマホの形も変わり
液晶も、割れにくいなど より強いものになると
更に需要は減るでしょう。



ま、メインとしてより 趣味の副業レベルで
取り組んでいく事が、無難なように見えますし
仮にオファーを申し込みして100人が参加した場合、
iPhone利用者と限定されるので、パイが出てきます。



そうなると、既存の実践者や参加者の100人が
その人達を食い合う事になるので、差別化を図る人のみが
生き残り、集客スキルの薄い人だけが、結果を出せないという
定番のシナリオは、間違いなさそうです。



でも、これは、当たり前の事です。


FCであろうと、今回のようなオファーであろうと
以上を踏まえると、労力と投資やビジネス性を見れば、
稼げるとしても、個人的には、こんな安い仕事は、やりたくない…


そう思いますね。


藤村大輔の商品も、iPhoneの修理動画を公開して
「この程度の作業で1万円」を強調していますが
直す人が出てこないと、修理する事もありません…^^;


簡単に直して何円になるというのは、
FCも含めて、ある種、集客の謳い文句です。


でも、そんな作業よりも大変な事は、集客だって事ですね。


分解して付け替える…なんて 確かに学んじゃえば道具と手で、できるけど
問題は人を集める事が、一番大事で 難関ですからね^^



この手のビジネスをやる価値に関しては、
ここまでの情報を把握した上で考えると良いと思います。



それでは、斎藤でした。


PR

ココ最近の人気記事


もしも本気で稼ぎたいなら、ローコストでリターンが求める教材選びが大事です。



ここ再起で流行っているものは、以下のような教材です^^




開始数日で初報酬、2分投稿可能なアフィリ解禁


YouTubeを使って大金を稼ぎだす、すご技


アダルトジャンルのアフィリエイトが人気な理由




副業のメルマガ

関連記事

コメント
非公開コメント

No title

斎藤さんはアドモール運営者ってホントですか?

2016-10-08 20:46 from 香川

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます