中松祐太の株式会社フリッカースタイルから危険なメールが届いて火がついた事。 - ネットビジネス副業的思考

中松祐太の株式会社フリッカースタイルから危険なメールが届いて火がついた事。

最新記事 10月20日 NEW

トレンドアフィリエイトで稼げない人の為の対策とは?


この記事の最下部より確認できます。




斎藤です。




いやー 実は面白いメールが届いたようです。


フリッカースタイルの中松祐太の削除依頼に関して



ここの会社からこんなメールが届きました。

これにより
中松祐太のフリッカースタイルは
非常に危ないと感じました。




以下が内容です。

フリッカースタイル山口


なんだこいつ山口ってw


名誉毀損?
意味不明過ぎますね。


おまけにそのメールには、


貴方個人及び貴方が務め人であればその職場まで
必要に応じて特定させていただき
今回あなたが行っている行為について法的処置を検討いたします。



だと。


いきなり脅迫されるとは思わなかったわw



まあ、批判記事だと勘違いしたんでしょうかね?

該当するのは、こちらの記事です。
http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-201.html


こんな記事で、ここのフリッカースタイルは、

貴方個人及び貴方が務め人であればその職場まで
必要に応じて特定させていただき
今回あなたが行っている行為について法的処置を
行うようです。



思わずメールみて吹きましたよ^^;


一方的なメールで尚且つ、
自分が勝つぞという勢いで
書いているけど、 どう見ても
このメールからしても雑魚にしか見えませんね(笑





ていうか、こんなもの見てビビる奴居る?みたいな(笑




中松祐太とは、、彼の知人から聞いたんですけど
過去に 抹茶とかいうサイトを運営していた人物らしいです。




まず、今回の事案について思う事を書いてみますw
(そもそも中松とか批判した覚えないけどね)


今まで 別に批判的要素も殆どなかったから
当然、触れる事などありませんでした。



しかしながら、自ら無料オファーなどの広告メールや
情報商材を紹介しているというだけで、
一般人から見ると、誰がどう見ても、
この市場の人物も会社にしても怪しいです。




もちろん僕も、こっち系で
稼ぐとか儲かるとか、そんな話もしているし
情報商材もアフィリエイトしているので、
当たり前のように同じく怪しいと映るでしょう。




そもそも情報商材業界こそが
一般世界から見ると胡散臭く、詐欺臭くて
若干、アフィリエイトというものが
世間に馴染みつつありますが、未だに
詐欺のようなイメージを持たれている時点で
批判が出て当たり前なわけ。


例えまともだと言い張っても
現実のリアルのビジネスと比較すると
内容は、どうあれ そう見られる体質なんでしょうけどね。

そもそも情報業界で儲かる、とか 稼ぐとか、そういった事並べてる人間が批判を気にする方が間違いw



今や、マクドナルドを食べて美味しく無かった

とか
ケンタッキーのメニューが不味過ぎる!とか
リアルの商品でも、そういった文句ってあるものです。



またAmazonなどの書籍のレビューを見ても
悲惨なものは数多くある。


それを見て販売者が
怒るとかって言うと、滅茶苦茶ですよね?w


そんなアホ居ないと思います。


でも 僕の記事では、 この会社や中松祐太は、
批判もされておらず恐らく記事の どこかの文面が気になるようですが、
そういった部分も排除していかないと 運営や生活が厳しいのかな?(笑



情報商材という市場で
稼ぐとか稼げるとか そんな事を謳って
活動している時点で、批判は、リアルの商品以上に
出て当然です。




中松祐太+@ で検索すれば様々な記事が出てくる。
中には否定的なものや賛否両論もある。



もちろん 僕のところでは、
削除記事そのものも 何か批判をしたわけでも無い。



にも関わらず、こんなメールを送り付けてきた。




どれだけ肝っ玉が小さいのか
頭が弱いのかは、謎だけど
この山口ってのが相当頭が悪い事は、間違い無いでしょう。


さすがに カチンと来ましたねw



とりあえずキモいという事。
弁護士出せるなら出してみろ。
弁護士にどこの文面が誹謗中傷や名誉毀損に該当するのか

などなど 送信しました。



以上で終了。




24時間経過してもメールは来ないだろうけど。


マジ来るなら来い
やれるものならやってみろって感じですがw



しかしこのフリッカースタイル…。


稼ぎが減少してきて 他の批判記事が
ウザいから、社員にメールでも
送らしたのかな?



本人のみ知る事だけど、
とにかく敏感反応している所を見ると
相当 肝っ玉も小さく頭も弱いという所が
見受けられますね。




そもそも 中松祐太という人間のサイトに
アクセスしようとすると、警告とか出るし(笑




こんな表示が出てる時点でどうかと思う(笑

image435_2016101912440154f.gif


よっぽどナル系で
完璧に映りたいのか知らないけど


マカフィーにブロックされるようでは、無理ですね(笑




ちなみにフリッカースタイルの中松祐太は、
どうも小耳に挟んだ所によると
削除要請は、四方八方に送信している模様です。


僕の周りからも
「批判もしていないのに誹謗中傷していると脅しが来た」


「紹介してやったのに 何だこのメールは」


怒りを露わにしていました。


「こんな会社の商品なんて2度と推薦するか」


とかね。



削除要請された人に一言言うと、
動じる必要なんて何もない…です。



まず削除依頼が届いた僕の記事内容を解説していきましょう。



彼の手口が格安商品でリストを集め
そして高額商品を売る、あるいはアップセルを売るという
ところや 無料オファーに誘導する …というような内容は
全て 事実であり嘘でもありません。



それらの内容が良い、悪い関係なく
どちらにも映るってわけです。


尚、指摘のあった部分で中松祐太という人物に
何が不利なのかを見てみると、
この商品に関しては、記事の真ん中から 
中松祐太、フリッカースタイル の1000円アフィリ塾に
触れています。


上部の文章は、フリッカースタイルでも
中松祐太でもありません(笑


ただ本案件が
まずリスト取りであるその根拠は、
その後に何かしら紹介や売り込みもあった
わけですから、そのように捉えられて当たり前。





ただ、実際に自分もこの商品を買っているけど
「内容は悪く無い」として、
同時に購入時には、違うメアドを推薦するという点においても
過去の事例を見ていけば この手の情報ASPを使う際に
実名購入とか、マジで危険な事は、言うまでもありません。


カゴヤなどの大手サーバー会社や
yahooでも個人情報流出は、あるぐらいなので
情報商材市場のASPなんか狙われれば一瞬です。



ASP購入情報登録先に怪しい電話
http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-546.html


そして無料プレゼントや
格安商品から その後届くメールで
高額案件に手を出して後悔している人は、
無数とあり、消費者センターなどには、
この手の高額案件被害も軒並みに増しています。


http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-617.html



当たり前ですが、無料オファーを扱うところは
「無料で登録させて後は主催者にバトンタッチ」で
お金を貰えるわけですが、その後の進行なんて
知らん、存ぜぬが多いです。



ま、よく何か言うと、
「俺は広告屋で広告配信しているだけ」という
言い訳をするケースもあるのですが、
裏で自分が関与しているとか知り合いだとかって
ケースはよくあります(笑


なので、逆に怪しいと思われたり書かれても、
文句なんか通用しないわけ。
そもそも、「アフィリエイトして紹介して下さい」と
報酬をMAXで付けて アフィリエイトを公開しているわけだし
社名を使って塾や教材の販売、あるいは、アフィリエイト活動を
しているのですから それなりの批評が出て当然です。



でも…僕の記事では、 フリッカースタイルが怪しいとか
言ってるわけでも無いにも関わらず 僕の所に過剰反応して
こんなゴミメールを投げて威圧してきた…というわけです。


そもそも
良い風に思う人だけ だと考えている時点で、
かなりナルシストですね(笑


今回のメールについては、

「みんなに認められたい」
「売り上げを伸ばしたい」

と言う願望が露骨に出ているとしか思えませんね。



文句あるなら、いつでも来いって話です(笑



面と向かって言えない事、叩けない事、
そして根拠の無い記事は、僕は書きませんし書いてません。



過去にも弁護士などから幾つか書面で
通達をきた事もあるけど全て問題にもなりません。



何故なら、そういった事を視野に入れて
証拠、経緯を全て残しているからです。




また削除に対応する場合もありますが
これは、相手の出方次第や、知人を通じて…という
ケース以外は、殆どありません。


削除する義務もないからです。


少なくとも雑魚の圧力には屈しません(笑



いきなり名誉毀損罪だの人を犯罪者呼ばわりして
メールを送信してくる輩は、論外ですね(笑



そこで一点。


よく批判記事を書くだけ書いて
ちょっとメールが来ると消すサイトもあるけど
まずは、
「自分の発言に責任を持て」と言いたい。



稼げると紹介したなら最後まで
何かあれば間を取り持ったりとかも当然だし
批判するなら、揉めるのが嫌だから削除するとか…ではなく
とことん戦う姿勢でやんないと駄目です。


ブログが消えるというリスクもあるけど
この程度の市場の批判記事で
言われるがままに消すブログサービスなんて
一切ありません。




あとASPなど経由で お願いとしてくるケースもあります。


僕の場合は、着々と 某ASPに関しては
リンクを外したりしているので、
完全に 使う理由が無くなれば、もっと豪快に
書けると踏んでます(笑


記事数が多く、忙しい反面もありますが
某ASPに関しては、完全に撤退を目指しているのが現状です。
収入を落として数万円になったら、「さよなら」です。


そういう日が来ると、
こちらも今までシークレットだった内容、
メールのやり取りなども フルオープンできますから^^;




中立的なASPが、悪質な販売者のために
記事削除のお願いってどうですか?


誇大広告ってのも多くあったし。


記事を消す事で
知るべき人に情報が伝わらず
誤認して申し込みすれば…と考えると
安易に書いた記事を消すというのは、
本当に寒い話ですよ。





ま、いずれにしても、ビビるなら書くな!ですね。


ブログアフィリしている人は、最低限、
削除依頼も来るという事も踏まえて記事を書くと良いです。


情報商材の誹謗中傷記事や削除依頼


こういうと自分達も同じ穴の狢だろ?と
言う人も居るのですが、例え同じ市場でも
個々が 一般公開され宣伝されているものに
「怪しい」などと抱く事に関しては、話が別です(笑


もはや関係ありません。



またプレナー意識として
起業家面するとしても
このように必至に批判を消そうとしてるけど
大きな勘違いをしているケースが多いです。

ネットビジネス批判される人と批判する人の考え方。



確かに批判はムカつく。


でも、自分が曲がった事をしていないなら
ちゃんと、ファンはファンで残る筈です。



詐欺だと言われて、それを鵜呑みにするような
顧客って目先の利益だけで 結局自分の客じゃないわけです。



僕もある事ない事言われたりする事もあるけど
詐欺呼ばわりしたり批判のコメントを見て
「私は、あなたを信用しません」とか言う人なんか
自分の読者としても必要ないってわけですよ(笑



何千人、何万単位で人との関わりを
持つビジネスので、皆が満足するなんてのは
まさに異常事態。


悪く思う人も居れば
良く思う人も居る。


もはや、前者の人に理解を求めるよりも
後者の人を確実に集めたり、
前者を教訓として対策を練る事に時間を
費やす方が賢いというわけです。


仕掛ける側からすれば、
余計な属性の人を排除して、自分の価値感や思考が
共有できる人のみを抱えれば良い話
なんです。



でも収入が落ちたり、
少し負い目があると、焦って
少しの事で反応して記事削除をしてくる。



そういった所は、
情弱思考の属性も取り入れたいのかな?と
思いますね。




多少の感情的なものは、人間だからあるし
僕でも頭に血が上ると、
「ぶっつぶそう」と思ったりする事もあるけど
冷静に考えれば、ビジネスとしては無意味であり
費用も時間も費やして、例外なくメル友とか
増量するハメになり、100%仕事にも影響が出る(笑



一歩間違えて攻撃するとお縄が掛かりそうになる事もありますからw



だから逆に、そういった 事実と違う批判などで
変な客層も切り捨てられるって考えて頭の中を
完全にリセットしちゃいますねw




セールスページでも誇大過ぎると
変な客層を取り入れちゃってクレームが多くなる。



でも

一定割合の属性を排除する事で、
クレーム数が極めて少なくなる…というのと同じです。




というわけで結論ですが、
削除にも応じないし、以前までは
一切 この中松祐太 というフリッカースタイルは
某知人の知り合いという事で 表だって
批判もしてないし取り上げませんでしたが、今回の
一件で見る目も変わりましたね(笑




「再送で名誉毀損罪 …」 罪 扱い。




早く弁護士だしてくれよw
どこの弁護士だよ。
顧問弁護士の意見を聞いてメールしてんのかな?




ま、今回の一件もそうだけど、他の販売者などから
削除依頼などが届いてビビって消すなんて事の無いように(笑



このようなメールを
無差別に送り付けている時点で、
もう完全に終わりですね。



フリッカースタイルの商品や塾、あるいは無料登録の商品を
購入でもして、「美味しく無い」と言うと
こんなメールでも送り付けてきてもおかしくないです。



商品を紹介したアフィリエイターに
こんなメールを送り付けている時点で購入者や登録者にも
同じような事が無きにしろあらずと言えるでしょうね。


おまけにメールの返信すら無いし
どんだけ杜撰な会社なんだよって話ですよw


中松祐太の過去の商品や塾などの感想があれば
どしどしお寄せ下さい。





最新記事 10月20日は、こちら

トレンドアフィリエイトで稼げない人の為の対策とは?


PS


あーそう言えば、
ちょうど先日紹介した、
トレンドアフィリエイト…

本日の夜中を目処に特典を会員ページで
公開します。


尚、既に特典申請してくれた方は、
本日の24時ぐらいに、お伝えしたページに
ダウンロードURLが表示されるので、
ダウンロードして活用して下さい。


もはや結果が出せない…なんて事が無い筈ですw

http://blog.livedoor.jp/saitoinfo/archives/1061773822.html



それでは、斎藤でした。


最新記事 10月20日は、こちら

トレンドアフィリエイトで稼げない人の為の対策とは?



副業のメルマガ

関連記事

コメント
非公開コメント

No title

初めまして。

中松氏は何を勘違いしているか、どこを見て当ブログを訴える理由が全く分かりません。

この程度で法律の違反とは・・・?

応援していますので、引き続き頑張って下さいね。

2017-09-15 11:38 from 太太郎 | Edit

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます