秘密結社?組織アフィリエイト…前島智の高額案件…久しぶりに笑った件 - ネットビジネス副業的思考

秘密結社?組織アフィリエイト…前島智の高額案件…久しぶりに笑った件

斉藤です^^


いつも購読有り難うございます。


「あーそういう事ね…」と
判断できたのがこちらの案件。

https://www.youtube.com/watch?v=LvSVOWBvw3A
https://www.youtube.com/watch?v=gb5k7Zob0AU
https://www.youtube.com/watch?v=PuOKfbuPvPE


久しぶりに笑ってしまいました。

前島智の秘密結社


削除要請もインフォトップから貰いましたが
活動停止かと思いきや、「このオファーの為か?」と
まさに頷いてしまいました^^;



で、掘り下げて書いていきますが、
この手の高額塾系の人達は、
「表に出てもない人間の発言は、信憑性も無い」として
批判や詐欺扱いされると、一方的に
「自分を正当化」して責任転換する動きがあります。



まあ、基本的に「火の無い所に煙は、立たない」と
言うのですが、まさにそのまんまですね。


僕でも否定しないものや優良と言えるものでも、
多少の「盛り」は許容範囲であると
言えるしその辺は認識しています。



ただ度を超えると、「おいおい」ってなるわけですよね^^;



もちろん僕の場合は、根拠無い記事も
書きませんし否定も批判もしていません(笑


つまり記事にする場合は、
「明らかツッコみどころ満載」というもので
実績の嘘や捏造、度を超えた誇大広告が
あるものは記事として書きますが、
それ以外のものは、触れていません(笑


最近は、いい加減この手のものに
騙される奴は、居ないでしょ?ってな感じでしか
捉えてないのが現状で 記事も減らしてます。


これは、高額塾だから駄目って事は、ありません。


中には、まともなものがあるのも事実です。


これは稼げる、稼げないじゃなくて
内容として 許容範囲のもの…ですね。


つまり高額オファーが全部詐欺だとは言えないんです。


という事も前提に解説しますが、
明らか、この前島智の案件に関しては、
過去の経緯、過去の教材を見る限りでは、
「目に余るものがある」と いち購入者として思いますね^^;


散々誇大広告をまき散らして、批判記事が出ると
削除要請をしてきたり、「前島智を批判するブログは、詐欺ブログだ」と
責任転換する動きもあるし、おまけに、散々あちこちに目一杯頑張って
削除依頼した後には、
今度は、高額オファーで、組織アフィリエイト?
秘密結社?


実に素晴らしいですね(笑



まあ、ちょっと爆笑しましたが、
過去の教材の流れを見ても
「誰の主張が正しいか」は、アホでも分かります。


というわけで今回は
表にでるから、とか 表にでないから…という
部分において少し書いてみたいと思います。


もしも この秘密結社の案件での質問などがあれば
遠慮無く連絡下さい。

既に表に出ているから信用できる、できないは破綻している。


まずこの業界で表に出る、表に出てないという点で
今回のように部の悪い高額オファーの販売者は、
「詐欺ブロガー」と称して、何故か情報転換しようとするんですね。


まず、実績を偽る、という時点と
明らかな誇大広告で販売している時点で
「書かれている事」に対しては、
否定する余地もありません。


前回の記事は、削除願いもASPからあったので
消去したという背景もありますが 実際に彼が
販売していた鳳凰レバレッジシステムというものも
明らかに醜いものであった事は、確かです。


コンテンツとしては、あまりにもお下劣そのものです。



そもそもよく見ると
総合計の売り上げ1100万円たるものが
月収1100万円とか 書いてましたから、この時点で
疑問と疑い以外なにも感じませんし1ヶ月の利益のようにも
全く見えません。


今の情報商材市場で
実際に被害が多いものこそが
この手のローンチ系統のものである事は、
100%確実と言えるでしょう。


30万程度で募集をして
さらにバックエンドを売り、価格に
見合わないコンテンツと販売ページの
誇大広告やLPでの嘘や誇大広告においては、
「明らかなもの」と言えるでしょう。


実際に、表に出ている人よりも
表に出ずに稼いでいる人間の方が圧倒的に多いのが
この情報市場です。


むしろ、稼ぐ事が目的なら、
「そんな無意味な事をやる必要が無い」という
一言で終わる話なんです。


かと言って「ブログに書いてるだけだから信憑性が無い」
という事を主催者の人間が自らの問題を放棄して言ってる時点で、
論外ですね(笑



実績も実力も何も無い人間が、
淡々と「稼いでいます」という嘘から
展開されて とんでもない誇大広告を
並べている市場です。



まあ、この辺ですが、ローンチ系に関しても
現状では、一時期と比較すると だいぶ低迷している事は、
事実そのものです。


普通に登場人物は金の無い人間でお飾りで
作られた台本通り演技している人は多いです。


実際にそういう人から実情を聞いても、
酷いやり方しているな~と つくづく思いますね^^;


オプトインアフィリエイトの終焉?



以前にも書いたけど、ローンチに儲かるといって
登場したけど散々、嘘と捏造を喋らされ動画に出て
痛い目にあったという声が何件か聞いてます。


僕の周りでも、総合的な売り上げや
経費の詳細も把握できないまま小粒のお金のみを
振り込んで、ドロンする仲介者も居るそうです。


オプトイン報酬も明らか、偽装だろ?というような
メアドで経費1000万とかね(^^;


商品の売り上げよりも経費が掛かると赤字になるので
オプトインアフィリエイターの報酬を非承認にしたり、
単価を落としたりする事は、既に常駐化しているようですが
挙げ句の果てに主人公さえも裏切る行為が出ているんです。


既にその人物は、この業界の主催者から
ライターまで全部公開して ひっくり返してやる!とまで
怒り狂ってますが、時間経過すれば、データーも
全部消しちゃうので 後は、「本人をどのように追い詰めるか」
で回収できるかできないかが決まりますが、この手の問題は、
本当に見てると、考えられませんね(笑



そもそもクラウドワークスなんかでも、
https://crowdworks.jp/public/jobs/1160888

image140_20170316181706279.gif

こんなものが承認され始めると
しわ寄せは、半端ないし、おまけにこういう事を
やっているのが主催者側の人間であれば、
関わってる人間は、悲惨そのものです(笑


まさに「意味のない広告費」として
間抜きされるんですから。



単なるアフィリエイト案件なのか内部より広告費用を
水増しさせる行為なのかは、謎ですが こんなものが
クラウドワークスに登場してリンクが生きている時点で
かなり際どい話だと思います。




5000万円-意味不明な広告費3000万円×取り分のパーセンテージ
となるのですから 幾らでも内部の人間は操作できるって流れです。




どんなビジネスでもそうですが、
破綻寸前になると身内まで騙して
「自分達がお金を取る事」しか考えなくなるものです。


しかし、メアド登録外注化で報酬得ようとか
もはや意味不明ですが(笑



単なる、アフィリエイターなのか、
内部の人間かは、謎ですが、こういう行為が
のさばってる時点や、どんどんオプトインアフィリエイターが
稼ぎ難い環境になりつつあります。



なぜなら 高い広告費用が払えない、
そしてリスト収集も限界が出始めているといった
背景もあるんでしょうね。


ダブりや自社所有アドレスは、非承認にする所もありますから
枠がどんどん狭くなってくるって事です。



高い高額単価を払い続けても、
実際の売り上げから利益が薄ければ
削る所は、もう決まっていますからね。



そろそろ、この手の騙し的なローンチなどは、
ほぼ終焉に近い気がします^^;



是非 参考までに。



では、斉藤でした。





情報商材アフィリエイトで頑張っていても稼げない人達

なぜ出会い系サイトアフィリエイトがアツいのか?

Googleの検索順位変動から見るデマと情報汚染が、糞笑える件


副業のメルマガ




関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます