宮川賢のFACEBANKプロジェクト「初月30万とか非現実的」と言えるカラクリ - ネットビジネス副業的思考

宮川賢のFACEBANKプロジェクト「初月30万とか非現実的」と言えるカラクリ

3月26日最新記事は、この記事の文末にあります。

香港旅行と、英語が覚えられない理由




斉藤です^^



いつも購読有り難うございます。



本日は、読者さんからの質問で、
宮川賢フェイスバンクファミリアプロジェクトについて
少し触れたいと思います。


実績も公開されているんですが、
まあ、表現の仕方次第では、まんざら嘘でも無いでしょう。

宮川賢FACEBANKプロジェクト/ビジネス


特定商取引法に関する表示

運営責任者:宮川 賢
所在地:〒140-0001 東京都品川区北品川1-9-7 トップルーム品川1015
電話番号:050-5305-7313
販売URL:http://newbuzzmake.xsrv.jp/fs01/web/02scol/011ak57/



初月から月収30万円以上…
4ヶ月後には、平均月収200万~350万円を稼がせる事を約束する…
などと記載されているオファーです。


例外なく カラクリを考えても
参加者全員が200万~300万は、
到底成し得る事ができないと言えるでしょう(笑


まあ、キャラ設定も動画の撮影一つとっても
ローンチ系では、上手い方だと思います。



1話から6話までの動画です。


これらをちらっとみれば、「何か見た事がある」そう感じませんか?


第1話
https://www.youtube.com/watch?v=nZ-jh7jTV2c
第2話
https://www.youtube.com/watch?v=ZMI_HQRCNGU


第3話
https://www.youtube.com/watch?v=mMatmv48Z5A


第4話 
https://www.youtube.com/watch?v=DfqbCYxrE-s
第5話
https://www.youtube.com/watch?v=tyBGFQzuZG0
第6話
https://www.youtube.com/watch?v=0UTeOHTKYHE


では、順番に見ていきましょう。


内容はFacebookで、イイねを増やして
アフィリエイト報酬を稼ぎましょうという内容です。


確かにFacebookは、昔よりは、規制が厳しくなっていると
言っても稼げない事は、無いジャンルです。


宮川賢という人物は、1724万円を稼いだ実績があるのですが、
345万イイネで1724万になったと書いてます。
1イイネが、5円程度ですね。


で、そこから得られる数字が4700万PVであれば
4700万PVで1724万円という事で、彼が持つイイねは、
2000万イイね とも書かれています。


恐らくこの2000万イイねに対して反応したのが、
375万?という事でしょうか?
(あまり重要でもないので良いですが…)


詳細は、分かりませんが、1イイねが5円とかって
話には、矛盾がありますね。


2000万イイねを所有していて1724万円…と
考えて計算すると、 おおよそ0.8円程度の価値しか無い計算で
事実問題、5円になるって事は、無いと思います。
1イイねで1円が妥当な数字なので0.8円なら合理的です。


つまり1イイね5円ではなく1イイね1円前後で
計算すると、5万イイねや6万イイねになったから30万円を
稼げるかと言えば「無茶な話」で、仮に新鮮なイイねであっても、
5万、6万が良いところと一般的に言われています。



もちろん単価にもよりますけどね^^;
あり得ないクリック課金とかならば話は別ですが。


もちろん今回の収益の実績は、
確かなものだと思います。


ただ、全ての報酬が今回のノウハウで得られたもので
一人の作業で本人が稼いだものか?…となると かなり微妙です(笑



その辺は後で書くとして
以前にも書いたように1イイねの価値としては、
平均単価1円前後になると言われています。


もちろん、イイねの質にもよりますが、
2000万イイねをフル活用して1724万円という事は頷けます。


ただ、1イイねが5円~6円の価値については、
ちょっと疑問しか出て来ないという事で
その相場の1いいね1円前後という数字も
いいねの質次第となります。
(FBの仕様上、いいねがあるから その数だけ拡散できるわけでもありません。)



ただ、これらがどうであろうとしても
今回のツールを活用して稼げるか、稼げないかは
全く別の問題です。




先程、どこかで見た事ないか?と訪ねましたが、
まずは、これから解説しましょう。



実際のところ
過去にも似たようなオファーがあったな~と
気付いた人も居るかもしれませんが(笑



はい これです。


馬場優士フルオート式…高額案件が醜すぎる結果に終わった理由

馬場ユウジの24ビジネス


そしてツールの出所は、前回は、
この記事で分かるかな。

駄目?YouTube動画を自動収集し自動サイト生成する全自動メディアシステムVAP【サムライファクトリー】



まあ、この手のオファーって
どれも似た感じがあるんですが
やっぱり動画編集やキャッチコピーで
明らかに「同じプロモーターがやっている」という事は、
一目で見え見えですね^^;

馬場優士の案件と同じ人物が関わる宮川賢のフェイスバンクプロジェクトの内容とは


今回の実績そのものについて
まず収益実績や所有イイねの数に嘘は無いでしょう。


前回も馬場優士の時のアドセンス実績も
事実ですが問題なのは、
「販売するシステムで得られたものでない事」です。


前回の馬場優士のシステムでは、
別会社でもあるツールの販売元が作成したもので
残念な事にフルオートは事実そのものでしたが
同じように稼げるか稼げないかは、別世界、別次元の話です。


おまけに既に販売されていたシステムを
使い回しているだけ…というものでした。



ほぼ誰一人として販売ページのような
結果に繋がらなかったというのが事実だと思いますし
あれだけ誇大広告を並べていても、殆ど稼げなかったという話も
実際に出ていたのも頷けるような浅はかなものでした(笑



なぜなら実績は、大量のサイトでプロが作成したもので
得られている報酬実績だから…です。




また、今回のイイねでもそうですが
この手のものでよくあるシェアというのは、使い回しが一般的です。



「スタートから収益が出る」というからには
いいねが0では不可能ですので、強力なアカウントの
イイねを振り分ける、シェアするなどが一般的です。


今回の宮川という人物が所有するイイねも、
2000万 という数字がアカウントのイイねなのか
複数のFBページも含めてのイイねなのかは、疑問ですが、
後者じゃないかと僕は、思います。


簡単に言えば、500万イイねのアカウントがあれば、
複数のアカウントで合計2000万イイねに
する事が簡単に可能です。


例えば、
500万イイねアカウントから
5万イイねのアカウントを100個作るとかね。


単純に、「どのイイねをクリックさせるか」ですから。


ただ、そのイイねも2000万人のイイねではなく
その500万のイイねのアカウントからとなりますので
一人の人が複数のイイねをクリックしているので
イイね単体では増えているけど実質は使い回しのような
イメージであったりもするんです。



例えばメアドのリストで分かり易く言うと、
1000人の読者が居ればその読者を10人、100人で
共有できるというだけで、それぞれ10人、100人が
全て違うデーターである…という事は無いのです。


つまり1000人皆がアクティブであれば
10個の案件をそれぞれ紹介して登録すれば
「合計1万人のメルマガ媒体」とも呼べるようになるのです。



いずれにしても一桁削って200万人と考えても
それなりの数字ですけどね^^;


ただここでキャッシュポイントが成約系なら
破綻するかもしれませんがクリック課金なので
「数打ちゃ当たる」という感じにもなるのですが、
仮にそうだとした場合、今度はASP側や
ASPに出稿する広告主が その収益を払う事になるので
もはや、幾ら成約があるにしろ販売ページのような数字を
皆が稼ぐ事は、現実離れした 話だと判断できます。


また、Facebookページの場合は、
友達申請をして Facebookページを共有して譲渡、
あるいは大元からアクセスを一方的に流してイイねを増やすという
方法があるのですが、いずれも、アクセス元が同じであるわけなので
集まるリストはほぼ同じで、先程のメアドリストの話と
ほぼ一緒になります。


ここまでの流れで、
FBページの量産などをして
一つの大きなイイねを所有するアカウントから
イイネの多いフェイスブックページを量産する事が可能な事は、
理解できたと思いますが…、
そのFBページを それぞれの人が使うとなれば、どうなると
思いますか?



もちろん1人の為にオリジナルでイイネを増やした
Facebookページであれば話も別ですが、
流石に1からそれをやろうとすると、
20万、30万では到底できません。


また使い回しのイイねでも、
漠然と見ても、新鮮なのか新鮮でないかは
判断も付きませんが、ここまでの流れで判断すると
この時点で「新鮮な効果」が期待できないのです。


仮に効果が期待できた場合において
単純にASPでの売り上げなどを考慮すると、
1ヶ月目で400万円の利益とか、1000万円の利益を
稼ぎだすと仮定してみましょう。


市場が大変な事になりますよ^^;





ま、手法としては、スタートダッシュでは、
強いFacebookアカウントの力を借りつつ、
ネタ元サイトからコピペで
記事を作り、イイねを増やしていきつつ
アフィリ案件を定期的に流して稼ぐというものですが
個人的には、販売ページ記載の金額を稼ぎだす実践者などは
そもそもの仕組みからして僕は無理があると思います。


おまけに販売者目線からしても、
一人の参加で代行までして30万初月で稼げるのに
30万円以下で売る事は、100%無いです(笑




もしもこれらが全て事実であったなら、
単純に、「自分達でやる」ということです。


そんなに儲かるなら月に15万円で人を雇いつつ
仕組みを増やしていきます。


どこの馬鹿が綺麗事並べて30万以下という金額で
初月30万、翌月7桁になるようなものを売るのか?って
話です。



つまり、参加しても全く稼げない事は無いにしても
稼げない人の割合が多かったり初月30万円という
数字も期待値が無いと言っても過言では、無いと思うんです。


つまり、販売者でも増やせば増やすだけ30万円以上の
確証があれば 「0」を1つ増やして販売します(笑



確かに販売者側がアフィリエイト実績があるのは事実でしょうが、
既に馬場優士の案件の時と同様でスタート段階から実績だけ
ぶらさげて煽るものの、システムやノウハウ、そして作業量や
人の数は、根本的に違うものである可能性が極めて高いって事です。




ここの販売元 いわゆるプロモーター側は、
それ相応のアフィリエイト実績や実績のある人間とのパイプも
あるはずなので、以前の馬場優士案件と同様に
馬場優士は、実績が無いけどデーターそのものは本物でしょう。


これと同様に 今回の案件も、
データー実績は、別の手法や別の媒体や別人材で
得られた総合的なもの…である確率が 今回の
宮川賢 という人物にもある…と思える部分がありますね^^



いずれも流れやキャッチコピーや動画の撮り方などを見ても
まさに馬場優士の時そのもの…と言えるので、教材内容に関しても
ほぼ同様である可能性もあるでしょう。


もちろんそれなりにFacebook経験もあるのは
確かですが ここで27万出すぐらいなら、
この手のもの
Facebookで稼ぐ方法レビューはこちらです。



で後は、少しお金をかけて必要に応じて
広告などを使いつつ新鮮なイイねを集めても
十分ではないかな…?と思ったりもしますね^^;



商品としての切り口としては、凄く良いし、
コロっと欲しくなる人もいるかもしれませんが、
過去の馬場優士の案件の結果も踏まえて考慮すると
良いかもです^^



まあ、いつも言う事ですが、こんなものでアツくなるよりも
現実的に、仕掛ける側が一番儲かるって事は、覚えておきましょう。


この程度のもので稼げるなら、僕でも即効で取り組みますよ(笑




では、斉藤でした。


PR


月100万円以上を狙う情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法とは?


出会い系サイトで稼ぐ方法とは?


海外のユーザーを狙ったYouTube戦略


最新記事はこちらNEW3月26日

香港旅行と、英語が覚えられない理由

副業のメルマガ

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます