嫉妬を通り越して怒りさえも込み上げてくるリライトツールとリライト方法とは? - ネットビジネス副業的思考

嫉妬を通り越して怒りさえも込み上げてくるリライトツールとリライト方法とは?

最新記事は、この記事の文末で確認できます。

6月6日 NEW
記事を作らずに稼ぐ方法


斉藤です^^


「そういえば大事な事を伝えるのを忘れていた!」

という事で、本日は急遽2記事の更新です。



ブログを作るにしても
サイトを作るにしても
外せないものが文章です。



確かに大事だな~と思う事が多いけど
文章ってかなり難しいですよね。


そんな中で、リライトツールを活用して
ブログやサイトを作成して、アフィリエイトで
稼いでいる人が多いのですが、その人達でも
一部の人のみが 「とある方法を使っている」のです。


「主なリライト手法は、合計3つ」です。


WEB上の文章のみを対象とした
リライト手法と そうでないものを
リライトしてコンテンツ化するという方法です。


中には自分の書いた文章をリライトする人も多いです。

類似コンテンツと非類似コンテンツ



例えばWEB上のものであれば
そのまま文章を使う事で、
類似コンテンツになりますね。


だから類似コンテンツにならないように
リライトする事がポイントです。


もちろん日本語である以上は、
限界がありますが、一定割合のリライトは、
必須なんですね。


例えばここ最近出ていて人気を浴びている、
こちらの、リライトツール


MCSリライトツール


や、
こちらのリライトツール


それぞれ仕様が異なるもので、
個人的には、MCSの方がノウハウもありますので
初心者には、かなり良いと思います。


ただ、リライトしても
一歩間違えるとコピーコンテンツとして
見なされる確率もあるので、
使う人次第です。


もちろんうまく使えば 確かに
売れるサイトの構成や趣旨を保持したまま
文章を変えられると、かなり強みがあります。


リライトツールの使い方のポイントは、
「単語を文章に変える事を意識する」

という事と

「既存のデーターで不要なものは抹消する」
という事が大事なポイントです。


これは、単語を置き換えるだけよりも
当たり障りない文章に変える事で見た目も
コピー率も減少するからです。


また不要な語句が多いと
選ぶところで時間が停止します。


多数の語句があればリライトツールが良いという
わけでは、無いのです。


しかし一般のリライトツールには、
初期登録データーが必ずあります。


よってこれらの中でも、有り得ないもの
使わないものは排除する必要があるのです。


ちょっと高機能ツールの比較になるけど
機能の有り無しは若干違います。


先ほどの削除機能などは、
MSRの場合デフォルトデーターは
消せないようです。
自分の入力データーは消せますが。


また処理速度の問題も大事です。




そこでWEBツールと言えばこちら。
MCSリライトツール


やPCツールと言えばこちら。
こちらのリライトツール


PCツールとWEBツールでは、
WEBはWEB環境で左右され、PCはPCスペックで
速度が決まります。


さらに言うと、PCは機種依存があります。
また台数制限が出てきます。

その反面、
WEBツールは 機種依存もありません。
何台のパソコンでもウィンドウズのバージョンや
MACなどの機種でも関係なく使えます。



またMCSは、ワードプレステンプレートと
リライトツールを使ってどのように稼ぐか?の
教材が150ページ以上に渡って解説されていたり、
ツールからワードプレスサイトへの投稿が
一瞬でできるとか、画像もツール上で
アップロードできるという機能も付属しています。




なので、良い部分や悪い部分は
双方にあるのですが、比較しているわけでも
ありません。




で、問題は、、、、
どちらが良いとかそういう問題でもありません。




「何をリライトしますか?」という問題です。


だってリライトできても
何をリライトして良いのか悩むし
肝心の収益部分に一番関連してくる部分です。


もちろんWEB上のサイトを使う事も
一つの方法ですが、ネット上にあるものだと
重複率なども気になりますよね^^;

ネット上のコンテンツを使わないでリライトする。



WEB上のものをリライトする事は、
余裕で可能なんですけど
やはり重複部分が気になる‥という人も
多いです。


ここで紹介しました2つは、メジャーなリライトツールですが、
MCSには、稼ぐ為のポイントが教材となり付属しています。


「リライトツールをどう使うか?」これにより
色々な発想やアイデアが出てくるものです。


で、MCSでもノウハウの中では
「WEB上以外のものをリライトする」という部分が
あります。


しかし選択肢としては、ここに書かれている内容では、
極めて少ないんですよ。


もちろん使えますけどね。



本当は、書籍がリライトできれば…とか
雑誌の文章がリライトできれば……
テキスト化できないファイル形式のものが
リライトできれば…と考えると欲望は尽きません。


WEB上のものを使うよりも
ガンガンリライトできてコンテンツ作りは
10倍、いや20倍、30倍加速します。


本当に こんな話が出てくると
電子書籍や中古本を売るサイトなどは
まさに ブログのネタ宝庫となるでしょう。


そもそも現在でもブログ作りに
本を買う人は、めちゃくちゃ多いですからね^^;



でも、手打ちですよね?

これをいかにしてコピペとクリックで
変えてしまえば、加速性はグンと高まります。

アマゾンなどの書籍を売るサイトは、宝の宝庫になってしまう。



なぜなら書籍は、全て
WEB上では販売しても ネットでは、
公開されていないからです。


例えばアマゾン。


キンドルというサービスがあるのですが
これは、特殊な形式で書籍を読む事ができる機能です。


パソコンやスマホにアプリを入れると、
見る事ができるので、情報商材と同じように
閲覧が可能です。


よくブログネタを探す為に
キンドルで書籍内容を要約して
コンテンツ作りもしている人が多いでしょう。


他にも情報商材などの
PDFの場合は、テキスト保存をすれば
テキストになるものもあるけど、不正防止で
文字化けを起こしてしまうものもあります。



つまり、書籍にしろ、何にしても
モデリングしたとしても、一般的には、
「自分で文章を打ち込んでいかなくてはいけない」
という事なのです。


参考にする書籍などは
ブロガーでは、もちろん当たり前のようにあり、
専門分野が分からなくても 書籍一つあれば
情報を抜き出して自分の言葉で伝えるだけで
詳しいサイトを作る事が可能なのです。


しかし、今回紹介する、
スペシャルリライトマスターコンテンツの
手法を取り組む事によって恐らく今までの可能性は、
2倍、3倍に膨れ上がると思います。


「WEB上では、手の施せそうもないコンテンツ」を
自由自在に操れるようになるのです。



1.PDFファイルはほとんど網羅。
2.書籍関連もほとんど網羅。
3.雑誌などもほとんど網羅
4.WEB上で閲覧できる電子書籍



などなど 可能性はまさに無限大です。


ちょっと複雑なのですが、
10ページ程度で僅か2分、3分もあれば
十分可能です。


スピードは個人差がありますが もっと早くできる人も居るでしょう。




「音声を読み上げる方法では、ありません」
「スキャナーも使いません。」



実は僕もサイト作りで音声を読んでテキスト化を
正確にできれば 苦労しないな…と考えていたのですけど
どれも うまくいかずだったんです。


声を認識してテキスト化するソフトは、
読むのもだるいし面倒です。


ちょうど この前購入した、
iPhoneやアップルウオッチとネットビジネス…先入観と固定概念が人生を駄目にする!



ここで紹介するようなアップルウオッチの
認識と変換技術は、すごいと思いました。


しかし、これを使ってWEB上では、
コピペできない電子書籍などのテキストを全て読み上げるとか
できますか?


いや、僕には到底無理ですね(苦笑


むしろ手動入力の方が100%早そうです。


そこで今回は、一定条件を満たした方に、

本来テキスト化ができないテキストをテキスト化して
ブログやアフィリエイトで活かす方法を今回まとめました。



「もともとWEB上にないものをさらにリライトする」というのが
今回の主なコンテンツとなっています。

テキスト化不可能を可能にしてブログやサイトアフィリエイトでコンテンツ作りを加速させる方法



1.PDFファイルも全てテキスト化してリライトする方法
2.手元にある書籍をテキスト化してリライトする方法
3.手元にある雑誌をテキスト化してリライトする方法
4.WEB上で手に入る情報商材をテキスト化してリライトする方法
5.WEB上で購入できる電子書籍をテキスト化してテキスト化してリライトする方法



時間にすると、1分あれば、
3ページとかは、早くすれば可能かなと思います。


ちなみにですが、情報商材なんかは1ページの中の
文字数は極めて少ないですが、一般の書籍などの場合は、
2000文字とか普通ですからね(笑



「この部分だけ」といった指定を行う事も可能です。



ここまでは技術的な問題ですが
「へえーすごいな」ではだめです。


ここで大事なポイントは、
ビジネスでどう活かすか?です。



リライトするのは今回紹介するMCSでも可能です。



そもそも元々WEB上に無いような文章であったなら
軽いリライトでも、重複コンテンツと見なされない…というわけです。




一般的には、
ネットで原文をコピペできるものを探すか自分の書いた記事しか
リライトできないのです。


リライトは、コピペしたデーターを元に変換処理をするものですから
コピペできなければ、手動入力か諦めるしかないのです。



諦める人と 諦めずに無理そうなものを
無理矢理リライトできる人とでは、どちらが有利だと思いますか?



そして更には、「この技術をアフィリエイトでどう活かすか」


これらをまとめて今回は、
以下の商材に特典としてお付けします。




詳細は、こちらでも書いてますので、参考に。


WEB上の文章だけでなく、
あらゆる文章をリライト対象にしてしまえる、あらゆる方法とは?

↓↓↓↓

嫉妬を超えて怒りしか生まれないようなリライト手法とツールとは?




公開人数は少数のみとなっていますので終了の際は了承下さい。



では、斉藤でした^^


最新記事はこちらです。

6月6日NEW 記事を作らずに稼ぐ方法

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます