リライトツールMSRとMCSの活用事例・・ザクザク記事量産するコツ - ネットビジネス副業的思考

リライトツールMSRとMCSの活用事例・・ザクザク記事量産するコツ



斉藤です^^

いつも購読ありがとーございます。


ちょうど先日も案内していた
スペシャルリライトマスターコンテンツの
配布を予定より早く開始しました。


既に購入済みの方は、
フォームに登録されました、
メールアドレスにダウンロードURLを
送信していますので確認してくださいね。


本日の夜間に配信しています^^;



先日も ジワジワと MCSの申し込みがありましたが
使い方次第では 本当に役立つと思います。


そこで本日は、リライトツールの活用方法について少し
解説したいと思います。

リライトツール MSRとMCSリライトのコツ について。


まあ、どちらも同じリライトツールで
その違いに関しては、

嫉妬を通り越して怒りさえも込み上げてくるリライトツールとリライト方法とは?



こちらで確認できます。


でもリライトツールを買うだけで
稼げるか?というと
そういうわけでは、ありません。


作るコンテンツや、リライトツールを
いかにして自分の色に染めていくかがポイントです。


これはMSRもMCSも同じリライトツールなので一緒です。


とは言っても難しい事ではなく
意識するか意識しないかで大きく変わります。




で、僕も結構使うんですけど
使い方には、ちょっとしたコツがあるのです。


ただの単語だけを置き換えるような
方法でも文章によれば変わるんですけど
そうじゃなくて 一番のコツは、
「単語を少しでも長い文章に変える事」 です。


例えば、文章と今書いたけど、
リライト変換の例を出すと、

例えば
「テキスト文章」とか、
「しっかりと書いた文章」などです。



思い付きで今は書いてるのですが
とにかく単語を出来る限り長くする。
単語を変えても長くできないかを考えるというわけです。



長くして登録しておいても
様々なジャンルに共通して使いまわせるものが
その都度その都度加えていけば出てくるものなんですね。


そして変換文章などは、
それほど多くなくても構わないんです。


不要な選択肢は必要ないのです。


MSRもMCSも、初期状態では、
大量の単語が入っているのですが
なかなか文章とかみ合わないもの、
この先、使う事無いようなものもある。



例え3パターンぐらいでも
同じ文章をリライトするのではなく
違う文章をリライトする場合には、
文章全体が変わるので変換語句は、多くなくても
十分いけるんですよね^^;


何よりも、
数が多いと「選ぶだけ時間が掛かる」という事にも
繋がるのです。


もちろん情報の認識とか
使う言葉の癖は、個人差が必ずありますし
そもそも作るコンテンツも違います。


だから、「ベスト」という状態も、
人によって、千差万別なのですが
多く登録してあれば良いってわけじゃないのです。


MCSに関しては、初期データーもそれぞれ一度
消去する事ができるので、変換の際には、
不要なものを消去するのも一つです。


仕事でもそうだけど 不要な物を周りに置いてると
仕事は、捗りません。


これは、どんな仕事でも言える事です。


そしてもう一つ。


作るジャンルです。


リライトツールは、とにかく最初は
同ジャンルで攻める方が良いです。



同ジャンルで攻めていけば、
同じような単語や似た文章が出てきます。


変換設定や加えた語句の
出現頻度が高くなるわけですね。


だからどんどん使えば使うほど、そのジャンルでは
どんどん使いやすくなるのが早くなるわけですね。



逆に違うジャンルの文章を
あれこれ取ると登録する単語や
文章も偏ってばかりになるので、
数をこなしても変換した部分の
出現頻度が低下する確率が高くなる為に
時間が掛かるという事です。



1.いかに単語を長くするか。
2.変換語句の整理整頓
3.類似ジャンルから攻略していく。



という、3つのポイントを紹介しました。


次は原文ですね。

リライトする原文で左右される。



まずリライトするにしても
やっぱり何をリライトするかで
大きく変わります。



ネット上にあるもののリライトと
ネット上に無いもののリライトの違いですが
ネット上にあるものよりも
ネット上に無い物の場合、
ネット上にあるもののリライトよりも
簡単なリライト程度でも重複しないという事です。




このように色々な事を考えて
進めていくと、 次々と 良質コンテンツの作成、
そして量産に結びついてくるわけです。


どれも難しい事じゃないけど
意識する、意識しないで全然変わるって事です^^



リライトツールを既に持っている人は、
是非意識してみると良いですよ^^



では、斉藤でした。



↓↓↓↓

嫉妬を超えて怒りしか生まれないようなリライト手法とツールとは?




前回の記事はこちら。
http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-672.html

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます