アンテナサイトで自動取得した謎のペンギン画像で開示請求その後は、約40万の請求「物乞いみたいで爆笑」 - ネットビジネス副業的思考

アンテナサイトで自動取得した謎のペンギン画像で開示請求その後は、約40万の請求「物乞いみたいで爆笑」

2017年7月22日最新記事はこちらの記事の最下部にあります。

「ブログを一生懸命書いてもパッとしない」ネットビジネスで稼げない法則

7月30日最新記事
ネットビジネスで即効性のある方法とは?

8月16日更新
 iQOSとネットビジネス 沖縄に1週間滞在して戻ってきました。


臨時更新中です。


斉藤です。


いつも購読有り難うございます。

実は、「内容証明が届きました~」という読者さんから相談が届いたので
少しシェアしたいと思います。


その内容というと、「画像の著作権侵害」らしいです。

まとめサイトなどの著作権侵害について



「エックスサーバーが開示請求に応じて
内容証明郵便が届いた」
というものです。



その画像というものが パッとしない写真家の撮影した
ペンギンの画像のようです。


ま、金を払って使いたいとも思えない画像です。




動物園に行って最新のスマホで撮影すれば済む程度の画像にしか見えませんでしたね。



で、請求額は、
通常写真使用料・1年以内=7万+消費税
慰謝料 =20万円    
発信者情報開示請求費用及び公衆送信差止請求裁判費用=10万円
遅延損害金(違法行為日起算・法定利息年利5分)=2万1903円
合計請求金額=39万9015円   らしいです。


思わず笑いました。


「どうしよう……」と悩んでいてメールで相談を貰ったのですが、
仮に僕の立場なら、「ビタ一文も払わない姿勢」ですね。



写真家も 今では誰でも簡単に綺麗な画像を
撮影することができるので、もはや活躍の場が
薄くなっているのかもしれませんね。


今はカメラ技術も優れてきているので、誰でも綺麗な写真を撮れますから。


そんな時に自分の写真があちこちで
使われると、そりゃムカつくだろうけど
じゃあ、写真全体に透かしでも入れるとか
自動収集されないような対策取れって話です。


ただ、もちろん、悪意のある転載ならば
ともかくですが せめて、使われにくくする為に
ペンギン などで検索しても出てこないようにするとかね。


何を勘違いしているのか知りませんが
自分のサイトに訪れて写真が使われているとか
思い込んでいるのかも分かりませんが、
「こんなサイト普通に来ないから」みたいな感じですし
「こんな画像に1円も払わないから」みたいな話です。



少なからず、本当に画像が良いと思って自分のサイトから
使われたと思っているなら 勘違いも良いところですね(笑


対策にしても
https://support.google.com/webmasters/answer/35308?hl=ja


とまあ幾らでもあるわけですよ。


こういうものもそうですが、最低限、
使われないようにする対策は、施すべきです。

画像の著作権違反で内容証明が届いた場合の対処方法について考えてみる。


尚、今回の事例は、
フィードマティックとかアンテナサイトや
まとめサイトというジャンルで取得したもののようですが、
まず まとめサイトなど意図的に掲載するサイトでない限りは
加工なんてしません。



元画像は、隅の方に名前が入っているようだけど
その画像は切り抜いているようで、これは、取得している
サイトが加工したものでない事は、明らかです。


そして こんなどこでもあるような
ペンギンの写真に価値などどこにも感じられず、
ましてや どの画像でも良いレベルです。


意図として使用していないのに
正規の料金というもの論外です。



画像検索すれば大量に画像も出てきますね。

ペンギン


このように幾らでも まともで良い画像は多数あるのが分かります。



あくまでも僕の感想でいえば ペンギンの今回、騒がれている画像なんて、
100円出すのも嫌ですね。


どうせならフリー画像サイトでペンギン画像を探す方が良いです。



7万円だか何か知りませんが、
意図として使っておらず加工もしていなければ
こんな金額は、サイトの仕組みや取得経路を
伝えれば、通らない金額です。


また相互RSSを募集したりしている まとめサイトで
「取り入れられたもの」の場合には、まとめサイト側に
問題が出てくる話にもなってくると思います。



この状態で、通常の使用料金が ●万円だから払え…とか
通るような問題でもないです。




よって このような高額請求が届いた場合は、
安易な判断で、確実に振り込みしない事をお薦めします。




裁判で、仮に賠償が認められても 
今回のように「実際の使用料満額を払え」などは論外ですし
加工もしていないのに慰謝料などの請求も不当な額にしか見えません。


そもそも 「お前のペンギン画像に興味なんかねーわ」ってな話ですから^^



悪意のある転載をしていない限り、こんなもの まともに支払う必要ありませんw



確かにRSSで取得する場合、RSS情報に画像があれば
画像も取得するんだけど
これは意図として取得したものでない事は、明らかです。


そもそもRSSを取得するプラグインは普通にありますからね。


もしも著作者が著作権を主張して使用料金をとっている画像を 
RSSで取得できるようにしているのも問題です。


そもそもネットでは、このように、
https://support.google.com/webmasters/answer/35308?hl=ja


画像を削除したり検索結果から除外するなどの
対策もあるものです。



使えそうな形でWEB公開しておいて、使う奴が出てくれば、
高額請求をする…なんてビジネスネタもあったぐらいですから(笑


ただ、このような しょうもないトラブルは、
時間の無駄でしかありません。


既に起こっちゃっているなら 正々堂々と戦うべきですね。

反論する所は、反論して。


負けても満額はあり得ません。


いきなり書面だけで払うのは辞める方が良いです。

トラブルに巻き込まれない為の対策と予防について



とは言っても、予防を施すに越した事がありません。


使うツールにもよるのですがワードプレスを
使っているものなら PHPファイルを編集して
サムネイル部分の表記部分に「//」を加えれば
アイキャッチ画像を表示させなくする事も簡単に可能です。


このような予防が一つ。



そしてもう一つですが、今回、相談を頂いた話を考えると
RSS経由での画像の取得先って 普通に考えても、
2ちゃんねるまとめサイトなんですよね~^^;


で、気を付けて欲しい事が、

加工したものを 取得元のまとめサイトが
「ハメる可能性」は、十分あ


という事です。




まとめサイト運営者は、基本的に画像などを記事に盛り込んだり
するわけだけど、この手のトラブルは慣れっこです。


むしろ
「使われたくなければネットに使える形でアップするな!」

とさえ考えている人が多いです。


なので、調子にのっている売れない写真家を見ると 
ガツンと いじめたくなる人が多いです。


そこで最初だけ投稿する時に画像を差し込むと
RSSを読み込んでいるサイトは、自動で取得してしまうんですね。


自分の意図しなくても。


例えば そのまとめサイトと、相互RSSなどしている
アンテナサイトが10個あれば投稿した瞬間に10個の
アンテナサイトが取り入れてしまうのです。



投稿直後にまとめサイトが即座に消せば
結局 自動更新しているサイトが悪者になるというわけです。


こんな事は、誰でもできる事で、
僕がまとめサイトになり、相互RSSを20個や30個の
アンテナサイトと提携して 僕がペンギン画像を
RSSに入るように投稿した場合、 そのRSS取得している
20サイトは、取り込んでしまう事になるわけです。



まとめサイトの運営者は、笑いが止まらないという感じでしょう。


写真家を いじりたいのか
あるいは、アンテナサイトに向けた嫌がらせ?なのかは、
謎ですが、怒らせると ろくな事がありません(笑


この手の悪戯は、結構ありがちですので気を付けましょう。


とくに、「うるさい写真家」などは 格好の的になりそうなキャラみたいですね。
怒りを露わにしてる所を想像して楽しむような人も普通に居ますからw




ま、参考までに。斉藤でした^^


7月22日最新記事はこちら


「ブログを一生懸命書いてもパッとしない」 ネットビジネスで稼ぐ方法



7月26日更新記事はこちら

ネットビジネスで どのジャンルでも効果のある収入を増やす方法とは?


PR
マジで 自分より年下、学歴もない人間が1日3時間、4時間、
それも自宅で7桁収入 年収2000万円以上稼いでいる現実があります。
↓↓
http://saito-info.com/ng-admin/20151130191915.html


何か質問や相談などがあれば、遠慮なくこのメールに返信してください

ネット上以外の文章までも簡単にPCでリライトしてしまう驚異の手法&ツール
http://saito-info.com/ng-admin/20170605191134.html

実は結構前から面白く需要のあるジャンルとは?
http://showmacster.com/category3/entry5.html

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます