情報商材、誹謗中傷、風評被害に効果的と言われる、DDoS攻撃とは? - ネットビジネス副業的思考

情報商材、誹謗中傷、風評被害に効果的と言われる、DDoS攻撃とは?

斉藤です。


いつも購読有り難うございます。

実はちょうど先日より、DDoS攻撃の相談を幾つか頂きました。



また一方では、
「DDoS攻撃でも最近のものは、誹謗中傷コンテンツを
削除する為の攻撃の可能性」
という話も 人伝いで聞いたんですね^^:

誹謗中傷の記事を排除する為のDDoS攻撃とは?



一応、このDDoS攻撃は、バレると犯罪です。


実際に一度狙われるとIP変更などで回避できたり
幾つか対策もあるのですが、安い共用サーバーのサービスからすると


「攻撃回避とか面倒だから ドメイン変えるかサーバー移転を
自分でやってね。利用サイトには、アクセス制限かけるから」



このような感じの対応のサーバーもあるようです。


事実上そうなるとアクセスがし難くなり、意味のあるアクセスが
殆ど無くなってしまうのです。


サーバー側からすれば、安いお金しか貰ってないし
制限だけかけて 後は自分で考えてやれ! で終了するほうが
楽なんですね。



こういうサーバーの場合、狙われたサイトを守る価値がないとしか考えていないのです(笑



それよりも とっとと出て行って貰う方が処理も楽なんです。





ここ数日で数件の話を聞きましたが 情報商材系サイトでの DDoS攻撃は、
ま…ウザい記事があるなら表示させなくしてやろう…という意図的なもので、
書かれた側が自らやった行為か 書かれた側が外部業者にお願いしたのか…

いずれかですね(笑


あいにく無料ブログなどの場合は、ブログサービス側で
嫌を無しでも対策してくれるので構いませんが…。

情報商材業界における、誹謗中傷 風評被害についての対策



とくに多いものは高額の無料オファー系が多いと思います。


ただ、あいにく怪しいから、胡散臭いというものの場合、
書く側に非もなく 当たり前です。



そもそも公然と公開される場所で動画などで
胡散臭いオファーを公開していれば 「書かれて当然」と思いますし
自分の読者の安全を考えると当然でしょう。



ただ根拠や証拠も無いのに誹謗中傷したりする事は、どうかと思いますけどね^^;



確かに、「身に覚えない事」や「明らかに違う事」まで
書かれると 頭に来るのは当然と言えば当然です。


しかし今回のように、誹謗中傷が原因でDDoS攻撃を
しているならば、法的な解決策が無いからこその強引な方法という事になります。


DDoS攻撃そのものがサーバー会社に攻撃を加えた形になるので
「犯人の足がつけば犯罪行為」なんです。





つまり、末期症状みたいなものですね。


でも、その気持ちも分からなくないですけどね(笑



情報商材やアフィリエイトをしたり商品を売ると必ず
うまくいかない人などは、自分のスキルや知識をさておいて
詐欺だの 駄目商品だのと 好き放題言う人が居ます。


まあ、言わしておけば良い話なんですが
積み重なると、「書き手がどういう人物か」も分からないまま
鵜呑みにする層もいるんですね。


「難しいです」
「うまくいきません」
「こんな事で稼げる筈がない」とか
「お前 どれだけスキルや知識あるんだよ?」
って言う人が
あたかも知ってるかのように言う事もあるんですね(笑


でもそういう人に限ってレベルがかなり低いです。



そして小学生レベルの次元の人の意見を聞いて
少しレベルの高い人までもが 鵜呑みにするという
理解不能な伝言ゲームのようなものが始まるんです。



僕らは、そういう情報だけに振り回される人達を
よく「情弱層」と言うのですが 典型的です。




少なからず アフィリエイター目線で言うと、
そういう人達を対象にビジネスをしている時点で
商品の良い悪いは、書かれる事は、もちろん
おかしな伝言ゲームが始まる事は、仕方ないかな…と
思える部分がありますけどね^^;



商品の良い悪いは価値感の違いでも変わるし、
スキルや知識の違いでも、理解とかできたりできなかったりしますから
結論から言えば、「お金を払っても達成できない」わけですので
感情的になる人もいれば プラス思考で活かせる部分だけを
活かすと考えて前向きに積み上げる人も居るんです。



全て良い評価だけだと思ったら大間違いなんですね(笑



頭の悪い少しナルシスト系の喰えない販売者は
敏感になるかもしれませんが、自分で死ぬ気で商品を作って
2万、3万で販売して100人が「素晴らしい」と満足して貰う事は、ほぼ無理でしょう。



だってAmazonなどの書籍の感想や評価を見ても
数百円とか1000円レベルのもので、チマチマと
嫌がらせっぽい 悪口書いてる人が多いんですから…(苦笑

情報商材評価や感想が気に入らないから攻撃してくる人達w



とくに情報商材となると
「書かれても当たり前」です。


ただ、書かれて攻撃したがる人の気持ちも分かるし
攻撃してきた事にムカつく気持ちも分かります。


ただそもそもが、情報発信をする上で情報商材を
取り扱っているならば、大なり小なりは、
「自分の読者に向けて買った商品の自分の感想を告げる」
あるいは、実際に売られている商品が胡散臭い場合には、

何故怪しいのか
何故駄目なのか


と言う部分は、伝える必要があるものです。


中には購入後に腐る程の無料オファーをガンガン配信したり、
「私から買うと一番お得です」というようなメールを配信する
クズ以下の販売者も居るんですね(笑


まあ、書かれて当然ですね(笑


書かれて当然なのに書くと無気になって怒ってくるとか、もう
逆に「少しいじってやろうか」とか 考えて楽しくなっちゃいますがw



また無料オファー系でも この手のもの…。


アンサーズcom 日本統計機構

カシャカシャビジネス


この辺のオファーなんかは、何書かれても文句なんて言える筈もありません。



有りもしない事を書かれるケースと、
書かれて仕方ないケースというものがあるんですが
何にしても 書かれたくなければ、
書かれるような活動するな…です(笑



いずれにしても個人的には、
DDoS攻撃はどうかな?と思いますけどね(笑



実際のところ、一時的には、怯むかもしれませんが
その攻撃が誰だとか どこのグループなのかが見えてくると
結局 更なる火種になりかねない。



その場で消えても、「もっと書いてやろう」と闘争心を掻き立たせれば
マジでトカゲの尻尾切りのようになるんです。




ここで大事な事は、「相手が自発的に消そう」とか
「もう書きたくない」という解決方法が大事です。


そもそもサイトを変えれば 幾らでも書けるので、
書き手が考えを変えないかぎり どんな攻撃をしても
意味が無いのです。



仮にDDoS攻撃でサイトの順位を落としても
違うサイトを作られてしまえば同じ事です(笑


そんなものを追いかけるような暇なんて普通にありませんからね。



というわけで、書かれない工夫を販売側も考える必要もあるし
書かれている場合には、いかに書き手が書く気持ちを抑えるか。


この辺が大事です。


ま… 今日はこの辺で。


では、斉藤でした^^

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます