FC2ブログ

ワードプレスを上書きインストール…復元する方法は、超簡単だった! - ネットビジネス副業的思考

ワードプレスを上書きインストール…復元する方法は、超簡単だった!

斎藤です。


ワードプレスでサイトを構築する時に、誤って
既に既存のワードプレスサイトを上書きしてしまった!という話を
よく聞きますが、つい先日、僕もやってしまいました^^;

ワードプレスを上書きインストールして復元する方法



レンタルサーバーにある、簡単インストール。


簡単にワードプレスをインストールできるので便利ですよね。


昔は、ワードプレスをダウンロードして、ファイルの中に、
データーベース名などを書き込んでからアップロードしていましたからね^^;



僕の場合は、基本的には、1サーバー1サイトで使う事が大半でしたが
時によっては、1つのサーバーに複数のドメインを放り込む事も少なくありません。


で、今回は、独自ドメインを取得して
サーバーと紐づけする作業の後に、
簡単インストールを行う時に、既存のドメインを選んでしまって
ポチっとインストールしてしまったという流れです。


「うわっヤバい!」 と思った時には、時既に遅し……^^;



一応、アドセンスや物販系のサイトで、
弱小ながらもアクセスと報酬があるサイトだったので
少し凹みました。


「検索のキャッシュからコピペで復元させるか…」と
作業をしながら よくよく考えると、
「ワードプレスってデーターベースに記事とかあるんだったんじゃなかった?」

という事や仮にワードプレスを上書きしても、
全てのファイルが消してインストールするのではなく、
あくまでも上書きなので 全部残っている事も踏まえると、
簡単に直るのでは?という結論に至ったので、
コピペ投稿は、辞めて 復元の可能性を追いかける事に変更。


お陰で、少し調べてやっていくと、
消してしまったワードプレスを全て復元させる事が、一瞬でできました。

上書きインストールして消えたワードプレスの記事の復元方法



実際にワードプレスを上書きインストールしてしまった場合、
データーベースにデーターが残っている状態です。


基本的には、そのデーターベースのデーターを
ワードプレスが読み込んで表示させているだけなので
参照するデーターベースの名前や接頭語を戻すだけで
元通りになるのです。



で、具体的には、インストールしてしまったら、
FTPでサイトにアクセスをして、「wp-config.php」の
WordPressのデータベース・MySQL ユーザー名、パスワード、ホスト名を
削除されたサイトのものに修正すれば大丈夫です。


以下のような項目ですね。

image60.png

image61.png

これらを旧サイトのものに書き換えれば完了します。


以前にインストールした時の設定は、一般的には、
レンタルサーバーの管理画面で履歴を確認できます。


そこで データーベース名の情報などを参照できるので
そちらを確認して 書き換えて 再びサーバーにアップロードして
「wp-config.php」を上書きすれば完了します。



ものの数分程度で全てが元通りです。


基本的にプラグインなどは、上書きされても
自分で導入していたものは上書きされません。


元々 デフォルトで入ってるものは上書きされますが
自分が加えていたプラグインなどもそのままの状態です。


上書きは元のファイルがあってこそ上書きされますので
上書きする同一ファイルが無ければ、上書きインストールしても
何も影響を受けないという事です。


もちろんテーマもそうですが、初期段階で入っているテーマは
上書きされますが、それ以外のテーマは、上書きされないという事です^^


焦ってポチポチやって失敗しましたが、
これは、これで良い勉強になりました(笑


上書きしちまった…という人は、是非参考にして下さい。


では、斎藤でした。


関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます