加藤将太の評判駄目?…1万円の報酬が貰えるアフィリエイト案件にキレてる人が増えている理由 - ネットビジネス副業的思考

加藤将太の評判駄目?…1万円の報酬が貰えるアフィリエイト案件にキレてる人が増えている理由

斎藤です


ここ最近目にするのがこちらの案件。


なんでも登録するとリップル1万円分貰えて紹介すると1万円の
報酬が得られるとか……


加藤将太の1万円貰えるキャンペーン


実は僕の知り合いでも
「しかし舐めてるわ~」と言い放っていたオファーが加藤将太のキャンペーンです。


「1件1万円とか言うから紹介したのになんやねん」と激怒。


この加藤将太の無料オファーを紹介して
登録者を増やして報酬を頂こうとアフィリエイトしたところ、
承認されない という事が起きてる様子です^^;


「紹介者に1万払って登録した人には、1万円分のリップル払う…」とか
まともにやってると 広告倒れするでしょ?としか、思えない案件です。


結論から言えば、報酬に吊られて紹介した側も紹介した側で、
こんな案件に誘導すると結果は見えているとしか言いようがありません(笑



1万円欲しさの不正や リップルだけ目当ての登録が増えるからです。



そしてそれ以外は、何も魅力を感じない。



こうなると最悪のパターンです。



そんなメールアドレスに1件1万円払う広告主が居るとすれば、
破産希望者ぐらいぐらいしか考えられませんね…。


1万欲しい目当てで登録するユーザーも居るし
最近は巧妙な登録方法もある。



また、アフィリエイターも
上辺だけ見てる人の場合は、
ついついリップルを登録で1万円分貰える…
というのは 紹介した場合の成約率は格段に上がると考えるので
モチベーションが上がるし登録する側も 
お金が貰えるので、モチベーションも上がる案件ですね。


でも こうなってくると……


一番空くじを引くのは販売者だとしか考えられません(笑


1万円のリップル欲しさで登録するわけで
この加藤将太にも 発信している情報にも
全く興味ない人が大半だと思います。




なので、想定内範囲の結果だと思いましたが、
しかし ここまでやるとアフィリエイターも推薦記事を書くという
判断もあったのでしょう。


金を積めば、検索結果も 金目当てだけの
アフィリエイターが多いので そりゃ書くわ書くわ・・・^^;


メルマガでもFacebookでも
書きまくるという結果になるのです。


せどり風神と言えば だいぽん という人物を
思い浮かべますが、販売者との距離も近い筈です。



だいぽんと加藤将太の関係は、
確か、、、、、



せどりの加藤さんと連絡を取るようになったのは約2年前です。
当時まだネットビジネス経験ゼロだった加藤さんは、
僕のブログを読んで、せどりの教材を購入してくれたのですね。



という事だったと思います。

もちろん 表面上のセッティングはどうでも良いとしても
当時の紹介具合を見れば、例外なく深い繋がりだったと推測できます。


なので、今回も無関係というような事は、無いのかな?と思いますね。
(もちろん 俺は絡んでるぞ~なんて 言う人は居ませんが)


僕は、最低でも だいぽんという人物が、
この加藤将太の案件で、スタート段階で紹介を開始していたなら 
利害関係で絡んでいる可能生は十分あると認識しています。



とりあえず 誰が絡んでいようと関係ないんですけどね。


色々と見てると 面白いので少し記事にしてみました。


随分前にこのオファーは知ってましたが
「これにアツくなる人って居るのかな…」と思っていると
身近に居たので驚きました。


リップル1万円貰えるから飛びつく人と
今回の商材のコンテンツなんて 何も関係無いし
相当成約率なんて低いだろうと見ていたんですよね。


「やってみない?」と、
誘われた事があるんですが
「こんなの 最初から無理があって破綻している案件」と
見ていたわけです。


どう見ても登録する人が この加藤将太の
商品を買うとは考え難いからです。


で、面白いのがアフィリエイターの募集ページです。
一度、過去と現在を見比べてみました。


これが現在のアフィリエイト登録ページです。


過去 ⇒ https://web.archive.org/web/20180213151357/https://s.kato-premium.com/l/lp/af/


現在 今ここ⇒https://s.kato-premium.com/l/lp/af/


まず登録説明の画像の違い


過去
 image89.jpg
現在の案内ページ。


image81.jpg
引用元 https://s.kato-premium.com/l/lp/af/




で、もう一つ。過去にはなくても現在で増えた項目の一つがこちら
報酬単価についてという項目。


過去には、この記載は、一切ありませんでした。


image82.jpg
上記内容を拡大すると以下のように書かれています。

※【粗利】の定義



「ご紹介者のお試し0円後70日以内に発生した全売上-「有料会員数×2万円(最低奨励金支給額)」

※【利益】の定義(仮)



「ご紹介者の生涯の全売上」×40%(60%はスクール運営費用及び諸経費)-「お試し0円会員や有料会員に配った奨励金の概算(一人1万円または2万円で計算)」

●粗利はあなたに配分する元です。


●利益はあなたが弊社にもたらした利益額で、参考値です。最初はお試し0円だけで1万円の経費の赤字が拡大するかもしれませんが、ある程度で黒字転換してください。利益額はプラスでなくても構いませんが、2018年6月以降のあなたの粗利配分率は、この利益率を元にして決定されますのでなるだけ黒字に務めてください。これは仮想的な、一つの個人事業型アフィリエイトセンターの経営のようなものだと思って下さい。


※「セミナーLP」には承認率というものがあります。



主に不正登録を排除するためのものですが、有料会員への移行率が他アフィリエイターの平均と比べて著しく低い場合など、望まれるような承認率にならないことがあります。
引用元 https://s.kato-premium.com/l/lp/af/




何?
「最初はお試し0円だけで1万円の経費の赤字が拡大するかもしれませんが、
ある程度で黒字転換してください…」
とか…意味不明です^^;


おまけに1件1万円の ただのオプトイン案件なのに
個人事業型アフィリエイトセンターの経営です…とか…


ぶっちゃけた話、このようなものを読んで
やろうと考える人の気持ちが理解できません…^^;



つまり前回からこの表示ならアフィリエイターも
ほぼ 動かなかった筈です。



このように書き直す前のLPの記載の解説が
大幅に変わってるという点で、
単なる変更とは思えないという点です。


image86_2018050715000342b.jpg


明らかにメールアドレスを登録で1万の
報酬が発生すると書かれていますよね。


確かに以前も 補足程度に100%承認にならないと
書かれているのですが
今のLPのような細かい記述は無いに等しい次元です。


実際に更新された日程は、5月6日付近に更新。
少なくともその前の更新日は、4月13日付近です。


image83_201805071500102e1.jpg
そもそも これってさ…
ほんとに1万円分のリップルって全員登録すれば貰えるんですか?
(貰えた人は教えて下さい)


実際に以前、本当かどうか確かめる為に
登録してみたんですよね~。


なんか色々と項目があって嫌気がさしてきて
1万円の為に面倒臭いな…と思って放置していましたが
本当に登録で商品の購入関係なく、
1万円がプレゼントされるんでしょうか?


ノーリスクで?


だとすれば1人登録でこの加藤将太のアフィリエイトセンターは
1人につき2万円払わなければいけませんよね。


1000人集めれば2000万円の支払い?


例えば3万円の商品なら670本近く売らなければいけないし
20万の商品の場合は、100本売れなければ元が取れない計算。


結論から言うと ズルっと滑る可能性もある。



というか このLPのキャッチコピーなら
大半の登録者がリップルだけの目的でしょうから
既に答えは見えています。

少しだけ冷静になって考えれば 
 「そんな支払いする筈がない」と考えますよね(笑


つまり報酬になりやすそうに見えるだけで
報酬が確定しない何か小細工がなければ
この案件そのものが厳しいと考える事が一般的です


4月の段階では、
1件最大1万円ではなく同じ場所には
報酬1件最大4万円と書かれていたし
こういった部分が5月のLPでは排除されているんですね^^;


image84_20180507150009faf.jpg  
image85_20180507150007326.jpg
今ではシンプルになりましたね(笑
image81_20180507150013d15.jpg


単なる変更でしょうか?
同じような金額体系で ここまで変わる理由も疑問ですが
まあ 広告主が自由に決められる事なので どうでも良い話だけど
書き換えが5月6日前後なのでそれ以前に参加して
紹介した人は、紛れもなく 登録だけで1万円を
貰えてないと おかしい話です。



だって図からすると 登録だけで報酬って書いてますから。
↓↓
image85_20180507150007326.jpg
ただ以前のLPでは注意書きがかなり無い事は確かです。


最初から注意事項を今のLPのように書いておくべき内容ですよね。


もちろん少しの訂正ではなく明らかに大きく違って完全な別のものと言えます。


見比べれば話も うまくすり替わっていますから。


1件最大4万円⇒1件1万円以上が可能に変更。


メールアドレス登録させれば1万 お試しサイトに無料登録で合計4万円
というものが今では、2つの中から選べるとか もう意味不明。


こんな表示も消えています。
image86_2018050715000342b.jpg
ちなみに前回では91%の承認率で 承認率を透明性の確保に繋げるとか書いてますが
そういった文面も帳消しされています。


ちなみにこの免責事項を見ると、

アフィリエイト報酬には、弊社が定める登録した顧客の質により"承認率"が存在します。

参考までに、2017年10月分(2017年12月支払済)は、平均承認率91%でした。

そもそも質って何?って話になりますよね?



これも明らか あり得ない話なんですね。



そもそも金で吊るようなキャッチコピーと
このLPで 高い成約率が出せる事は、
奇跡としても考え難い話です。




ただ、別に 報酬の支払い基準なんて
自由なのだから どうでも良い話ですが、紹介する側としては、
有料商品をアフィリエイトしてる方が良いですよって事です。



例えば既に登録していたり、本人が持ってるハウスリストの重複は報酬になりません。


なので時間が経過すれば経過するだけ反応が下がる。


そして無理に集めても主催者が求めるようなリストじゃなければ 承認率がどんどん低下する。
(反応が良いリストは何の疑いもなく飛び込むという法則がある)


馬鹿でも分かる話だけど無料だから集め易いと言っても 
そんな次元じゃないわけです。


販売者のさじ加減で 承認率を操作できる。


極端に言えばルールを決めるのは アフィリエイトセンターの運営者 兼 広告主だからです。



「購入に移行しないのは質が低い」とか言い出すのは
紹介者でもリストの質が悪いのではなく
こんな誇大広告をぶら下げる販売者が悪いのです。





そもそもセールスは、お前等の問題だろ…ってね。


質の悪いユーザーかどうかは、主催側の力量でも大きく変わるものです。


そしてもう一点、伝えたい事は、無料オファーが稼ぎ難い理由があるのです。




物販の成約よりも稼ぎ易いという謳い文句の
無料オファーですが これは一概に言えません。


既に今は稼ぎ難い状況になってるとしか思えません。


例えば過去にAという案件があったとします。


そのAの購入者や登録者は 売れる売れなかったに関わらず
AやAのアフィリエイトセンターが取得したリストとなる。


そしてBという案件があるとします。


Aがそのリストに今度はBの案件を紹介したとしましょう。


アフィリエイトをやろうとして、
いざ紹介しようとした場合、既にAに登録していた人には
Bへの紹介が全く意味がないものになる。


せっせと働き蜂のように集めたリストをAは保有しているので
そこに配信すると そのリストは完全に無効となるわけです。


更にあなたが過去にAの案件を紹介していて
100人なり500人なり誘導して登録者を増やしていた場合
今度は、AとBが繋がりがあった場合には、Aが真っ先に
Bに配信するから いざ自分のリストにBの案件を配信しようと
思った時には、既にAが配信している為に 時既に遅し…みたいになる。



これが A、B、C……と増えていく事を考えると
どんどんハードルが上がるのです。



もちろん頑張れば頑張るだけ
リストの上納をして更に歯車が掛かったように
収益が出せなくなるというわけです。



何より無料オファーは、特典などの勧誘も
NGになっているので、普通のアフィリエイトとは違うんですね。


何かと言えば、消費者は、「誰から登録しようと一緒」だからです。


つまり、配信した者勝ちの要素が強いのです。


というわけで これだけ無料オファーが乱立している所を見ると
アフィリエイト経験の少ない素人が始めても リストを上納するだけで
時間の経過と共に稼ぎ難くなるということです。


あくまでも大半の無料オファー全てがNGというわけじゃないですが
今回の騒動は、そんなオファーに手を出した側も問題なのかな…と思いますね^^;



ちなみにこちらは、Twitterでも
ツイートして愚痴っている人もチラホラ出ていますね。


加藤将太1万円貰えるキャンペーンのTwitterの様子




Twitterはこちら
Instagramはこちら
メルマガ登録はこちら
情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法はこちら


Twitterはこちら
Instagramはこちら
メルマガ登録はこちら
情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法はこちら


Twitterはこちら
Instagramはこちら
メルマガ登録はこちら
情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法はこちら


Twitterはこちら
Instagramはこちら
メルマガ登録はこちら
情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法はこちら








そしてこんなサイトまでできたようです。
ネットビジネス史上最大の詐欺師 加藤将太というサイトです。
https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:2lC-aYj7W9QJ:https://kato-shota.biz/+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=firefox-b


ここでも書いてあるように紹介すると、
その後は「登録者に起業センスを診断させるように
案内してください。それが承認率に影響します」

といったアナウンスのメルマガが届きます。



当たり前ですがリップル目当ての登録者が
圧倒的に多い筈です。


買う属性なんて かなり薄い筈です



なので、そこから今度はアフィリエイターに
「教育までを押しつけてきた」というわけなのです。


承認率91%とか書いてるのに
平均50%以上、そしてその後は、下手すると承認率0%になる可能性も
あると言うようなメールが目立ってくる。


加藤将太側は 今回、
大量のリストが取得できたわけですが
結局1件1万円なんて程遠い話で、
当初の予定とは大きくかけ離れた承認率を基礎報酬額に
掛ける形で多くのアフィリエイターに支払いをしたそうです。




1件1万円とか言ってたくせにって怒りますよ。普通に。




そもそも 注意書きで、


「私のバックの商品を買わない顧客のメールアドレスを集めても意味が無いですよ」



って なんでデカデカと書いてなかったの?って事です。



あたかも 登録者1名で1万円みたいな吊り文句を書くのか?
という事です。



書いてない

分かり難くしていた。

おまけに後で状況が悪くなったので書き直している。

という事を見れば 意図的と考える事が普通でしょう。





1件1万円と書いていても
承認率が5%の場合は500円です。





どう見ても売れるような商品には
見えませんでしたが 無料オファーの段階で
登録者に 協力をしろとか注文してくる時点でアウトでしょう。


そもそもオプトインアフィリエイターには
登録者が買おうが買わなくても件数に対して
報酬を支払うべきものなのです。



今回の案件は明らかに誇大広告で
消費者に対してでは無く アフィリエイターを
狙ったものだと言えるでしょう。






どんな言い訳をしても
仕掛ける側のキャッチコピーが悪いのだから
重複や捨てアドや不正以外は全て
メールアドレス1件に対して1万円は、
アフィリエイターは受け取るべき と言えるでしょう。





まあ、アフィリエイトする為に
広告費用を使ったアフィリエイターは、明らか損害に値するので、
もしかすれば、裁判でもやれば勝ち目ありそうですよね。



そもそも労力も時間もそうだし
こんな案件を紹介する側は、信用も低下する
可能生もありますから 必至でやって
1件1万円を貰えない人は、全員が請求できる内容です。



例え規約に謳っていても 今回のように
誇大広告を含んでいる場合は、
「規約にある」という1点張りでは、通用しません。



過去と現在のLPの
文言も比較して見る限り 明らかに都合悪そうな所を
削っているようにしか見えませんし^^;




まあ、結果としては、リスト数に対して、相当な数、売れなかったのだと思いますね。


リップル1万円も配っているのか知りませんが
登録者に対して 数が売れない一番の要因は、
誇大広告のLPで募集をした、他でもなく加藤将太側の責任だと
これは例外なく言える事です。



本来は、このような「物釣り」や「誇大広告」で
登録を誘発するようなLPにする事そのものが
ビジネスセンスが無いと思います。


本当にコアなユーザーを集めたいなら こんなLPやりませんね。



1万円という報酬をつけて登録者には、
リップル1万円を配るなんて
書くと こうなる事は目に見えて分かる話です。



つまり登録に対して、加藤将太の商品が売れない事は、
一般的にアフィリエイトやマーケティングに
詳しいなら簡単に分かる話。



無駄な広告費を削るならコアな読者だけが
登録するページにして リップル1万円などという
フレーズは、必要ないわけです。



こう考えると、最初から想定していた予想通りの
展開だとも思いますね。



そう。「やるだけ無駄」なのです。


アフィリエイトセンターのアフィリエイトは、関係が無い所は使わない事が一番ベスト


ただ、結局のところアフィリエイトセンターはリスト集めの玩具ツールで
広告主催者とアフィリエイトセンターが同一の場合(殆どが一緒)は、
承認、非承認も自由自在です。




商品が思うように売れない場合は、
今回のように承認で調整する。



これは 本当によくある話です。




アフィリエイトセンターと広告主催者が同じケースとは、
アフィリエイトセンターを広告主が運営しているケースです。



本来はASPと広告主が別なので
全て広告主目線というわけにもならないのですが
ここ最近のアフィリエイトセンターは
広告主とアフィリエイトセンターが一緒なので
やりたい放題なんですよね^^


中には、売り上げが伸びなければ中には潰したりする所もよくあるので
自分の顔見知りなどで無い限りは、やらない方が良いということです。


友達のアフィリエイトセンターで自分は登録だけで金が貰えるとか
100%承認という約束をしているならば構いませんが それ以外はリスキーです(笑




そもそもこんなものに期待してアフィリする人の気が知れない…
余程暇なんですか?って正直感じますね(笑



永遠にオファーを継続するようですが
削られた人は、急いで今までの記事や
SNSの書き込み誘導があれば削除する方が
良いでしょう。



そもそも同ページ内で7000円と
最大1万円という表記が違う時点でどうかと思うし
↓↓
image88.jpg
 




さらに今回は、2つに分かれているようですが
それ以前の紹介コードは何に該当するのか?という事です。




image89.jpg




SNSやブログなどでアフィリエイトリンクを
拡散した人も多いでしょう。


そのリンクって今どうなってるの?という事です。
もしもそのリンクが1万円LPのリンクなら笑えますね。



まんまとハマった…と感じるなら
過去の誘導などのデーターは消去したほうが良いです。




広告主催者からすれば今の現状は、
十分に拡散できたし 過去に紹介した記事を
わざわざ消すようなアフィリエイターもいない。



1件登録で、1万円という高額なので、紹介をしようと、
動いた人も多かったから 販売者としては、
検索対策やクチコミ対策も本当に都合良いような状況です。



WEB上の評判も良いように見える状態になり、
さらにリンクを活かせたまま、報酬体系を変更できれば
美味しいと言えば美味しいですね。



今の条件では、到底やらない人の方が多いと思います。
人数による報酬より完全出来高制に変える事で
プラス転換できるので、まあ賢い戦略ですね(笑


まどろっこしい事やらずに
素直に商品の成約だけの報酬制度にすれば良いのにと
思いますけどね。



「今からあなたが誘導したリスト達に売り込みをしていきますが
反応が悪いリストには、報酬を払いません」



と 何で書かないんでしょうね?




まあ、お金を払う人が決める事ですから
どうでも良い話だけど、アフィリエイトする場合には、
可能生の薄いものに時間を費やすのは避けるようにしましょう。



今回のように紹介して報酬になる、ならないが曖昧なものは
触らない方が賢いです。


重複で非承認なら分かるけど
購入に至らないなどの理由で非承認にするなら
最初から成約型にすれば良い話ですから。
(紹介する人が減りますけど)



顧客の活動内容によって判断、承認や否認があるような
アフィリエイト案件で、広告主=アフィリエイトセンターの運営社が
同一の場合は、アフィリエイターとしても、手を出さない事が無難です。




触らぬ神に祟り無し…ですね^^;


ただ相手の都合の良いように使われているだけ というような
悲惨な目に遭わないようにくれぐれも気を付けましょう。


                                                                            
では、今日はこの辺で。

斎藤でした^^
関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © ネットビジネス副業的思考 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます